三島進学ゼミナール お問い合わせは、【電話】055-972-8268 【E-MAIL】mail@sansinzemi.co.jp  
お問い合わせメールフォームはこちら お問い合わせ トップページ
トップページ > よくある質問

よくある質問


授業の進め方・内容について

質問 クラス担任制の良い点は何ですか。
答え 全クラスに、各クラスの担任教師をおいておりますので、教科内容はもちろんのこと、各科目の勉強方法や進路など、学習に関することはすべてクラス担任に相談することができます。

質問 厳しい塾だとききましたが。
答え はい、そうです。けれどもスパルタ式とはちがいます。生徒が自ら問題解決の意思と能力を持てるよう、とことん生徒に付き合うのが“三進流”です。また、いつでも質問に応じており、「先生、この証明問題が分からないのだけれども…」と生徒がやってきます。集団指導の良い点と個人指導の良い点とが、両方生きています。
ただし、単元テストで合格点に達していない生徒には追試験があります。ここでは妥協しません。

質問 英語・数学に力を入れているのはなぜですか。
答え 英語・数学は、週1回の塾の勉強では力を伸ばしていくのが難しい科目です。三進のように、週2回やって、はじめて確実に力を積み立てていける科目です。
英語・数学ともに1単元修了ごとに単元テストを設け、学習した内容の定着を図っています。

質問 中学部ではクラス替えテストがあると聞きましたが。
答え 適度な緊張感を維持し、時々の習熟度合いに合った授業を行うため、年2・3回程度、行っています。




費用について

質問 三進では設備費はいくらかかりますか。
答え 三進では設備費は頂いておりません。入会金のほかは、基本的に月々の授業料と教材費と模試受験料(英語LLクラスのみ受講の方は、希望制)です。
※中3夏期特訓・中3冬期特訓・中3入試対策問題集等、オプション講座(希望制)を実施する場合は、追加費用が必要となります。実施の案内・詳細については、書面にてお知らせいたします。




実績について

質問 上位高校への合格者数が多いのは本当ですか。
答え 実際、韮高生の約半分は、三進出身者で占めています。また、沼津本部校開校後、沼津東高校への合格者数も着実に伸びてきています。
三進では中学部修了生全体の進学先データも公表していますが、合格実績には、短期間の特訓生は含んでいません。数字はすべて通常生として通塾し、中学部を修了した生徒の進学実績です。




入塾について

質問 入塾するにはどうしたらいいでしょうか?
答え 時期によって異なりますので、お手数ですが、お問い合わせください。
電話番号【三島進学ゼミナール事務局】 055-972-8268(正午〜午後9時)


質問 どうして入塾テストがあるんですか?
答え 三進は集団授業の予習形式にて授業を行う為、これまで習われた基本的事項についてはご理解いただいていることが前提となります。


質問 入塾テスト難しいですか?
答え 入塾テストは、学校で今まで習った範囲からとなり、基本問題と少し応用問題が出題されます。
科目は、小学生・中学生共に2教科となります。小学生は算数と国語(漢字と言葉の決まり)、中学生は数学と英語となります。(中3夏期特訓からご入塾の場合は、5教科テストとなります。)


質問 入塾テストに不合格だったとき、再テストは受けられますか?
答え 次回募集時に再度入塾テストを受けていただけます。
その場合、お子様のつまづいている単元など、入塾テストや過去の学校のテストなどで確認し、復習をされてから再度チャレンジしていただくと、合格の可能性を高めていただけると思います。
実際に何度かチャレンジしていただき、ご入塾いただく方は多くいらっしゃいます。




おたのしみ 専任講師募集プライバシーポリシーお問い合わせ


Copyright (C) 2008 三島進学ゼミナール All Rights Reserved.