2014年2月10日

記録的な降雪!その原因は?

 2月8日(土)に記録的な降雪を記録しました。高速道路が通行止めになったり、新幹線をはじめ電車やバスが運休になったりと大変な1日となりました。この雪は路面の凍結、屋根からなどの落雪など、翌日9日にも影響を与えました。
雪
 ところで、今回、ここまでの豪雪をもたらした原因とは何でしょうか。それは、上空1500mのマイナス3℃の寒気が流れ込んだことと南岸低気圧(なんがんていきあつ)が急速に発達したことが重なったためです。最近、異常気象が世界各国で起こっていると聞きます。一つの原因が地球温暖化ではないかとも言われています。地球温暖化を防ぐためには「無駄な電気を使わない」など、私たちの身近なところで始められることがあります。このように大雪の話題一つとりましても色々と考えるきっかけを与えてくれます。みなさんも、日頃からニュース、新聞などで取り上げられている話題にふれてみて下さいね。思わぬ新発見が待っているかもしれません。
 さて、未だに日蔭のところどころで雪は残っていますので、ご注意して下さい。

                三島本部校 後藤信行

2014年1月27日

本番さながらの模擬試験実施!

 本日1/25(土)三進の中3生は、高校入試に向け最後の進学模試に臨みました。入試本番を想定し、全員制服着用、弁当もちです。生徒たちは、本番さながらの試験に、普段よりも緊張感をもって、問題を解いていました。
 私立入試まであと12日、公立入試まで39日、教師一同全力でバックアップしていきます。
ほんばんさながら進学模試

2014年1月6日

より遠くへ、より美しく

  高梨沙羅さんと言えば、今年のソチ五輪で最も金メダルに近いと言われる日本のスキージャンパーですね。実績はご承知の通り、ワールドカップ17勝。日本男女合わせて歴代1位の記録を17歳で成し遂げました。彼女の凄いところは、身長152cmと小柄ながら、飛距離が抜群なところです。テレビの解説を聞きながら私自身納得できました。スキージャンプは身長が低いことは大きなハンディだそうですが、彼女は低い姿勢で助走し、空中で姿勢を安定する技術を身につけました。そして抜群の集中力と「勝ちたい」という強い精神力によって、素晴らしい結果を残してきました。何事も前向きにとらえ、努力をし続けることの大切さを私たちに教えてくれました。
 さて、ソチ五輪は2月7日開会式、翌8日から競技が行われます。どんなドラマが生まれるか今から楽しみです。

   三島本部校 後藤信行
ジャンプ

2014年1月6日

あけましておめでとうございます

干支午
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ、三島進学ゼミナールをよろしくお願い申し上げます。

日ごろから地域の皆様にはご理解とご愛顧を賜り誠にありがとうございます。三島進学ゼミナールは、創設より38年間「子どもたちの将来に役立つ教育とは」を追求し子どもたちが夢を叶えるために必要な知力、体力、精神力を育んでまいりました。
中でも、「ド根性」は子どもたちの人生に大切な心の支えとなって欲しいと願ってきた精神です。

当たり前のことを日々こつこつと継続すること困難な壁があろうともあきらめず努力することでド根性の精神が培われます。
その精神を持ち続け子どもたちが夢を抱き、その夢に向かって励み、その夢を叶えて欲しいと願っています。

無限の可能性を持った子どもたちの健全な成長と目標達成に向け微力ながらお役に立てれば幸いです。

     平成26年1月 三島進学ゼミナール職員一同

2013年12月25日

中3冬期特訓始まる

冬期特訓始動
 いよいよ冬期特訓が始まります。三島進学ゼミナールでは、さらなる学力アップを図るため、冬期特訓を40時間取っています。受験生の力というものは、入試直前まで伸びるものなのです。
 この冬期特訓では、多くの実践問題に挑戦し、夏から積み上げてきた知識・公式などを使って問題を解いていく中で、確実な実力を身につけます。そのツールとして、授業内及び家庭学習教材である、冬期特訓問題集「winter work」を渡し、定着を図ります。
 生徒達には、「必ず志望校に合格するんだ」という強い情熱を持ち、冬の寒さにも負けない志望校への熱い思いで頑張ってもらえればと思います。
                  三島本部校 後藤 信行
冬期特訓様子
冬期特訓授業
ウィンターワーク
winter work

2013年12月24日

銀盤の表現者

 ラフマニノフの「鐘(かね)」。序盤はあたりをうかがい知るかのように静かに始まり、時折不安定な音がホールを突き抜ける。銀盤の表現者は、この曲を通して、人の生まれてから終わるまでの一生を表現する。4年前のバンクーバー五輪。演者は、浅田真央、その人である。
フィギア
 当時19歳という若さでありながら、人の一生を表現するという難題に挑戦した彼女。やはり、五輪で金メダルを取るには、それにみあった演技構成にしなければならない。まだ経験したことの無いものを身体で表現していくことは難しい。たとえ表現内容が難しいものでも、それでも彼女は挑戦を続ける。
 白い吐息(といき)。緊迫の銀盤。演技は終盤へ。しなやかな身体の動きがメロディラインとともに流線を描く。表現力への挑戦。
 詩歌、文芸、絵画、音楽、芸術表現を理解するということは、その作品からもたらされるオーラの輪郭(りんかく)をこちらでくみとるということ。弱冠(じゃっかん)19歳ながらも、演技を通して自分の限界に挑戦する姿勢は、見ている者の胸を熱くする。
 あれから4年、ソチ五輪を目前に控え、今日も彼女は銀盤に向かう。 「演じることは、自分の限界に挑戦すること。常に挑戦を続けるその姿こそ美しい。」
                  下土狩校 小林 一弥

2013年12月10日

身近な出来事がテスト問題に?!

 去る12月4日、中学校3年生を対象に、県下一斉(いっせい)の学力診断調査(がくりょくしんだんちょうさ)、学調(がくちょう)が実施されました。その中で、問題の題材として身近な出来事を扱ったものが数問出題されました。以下はその例です。 富士山写真
【例1.英語】
 「富士山をどのように紹介しますか」1文は4語以上として、
 3文で書きなさい。

【例2.社会】
 富士山は世界文化遺産としてどのようなことが
 評価されたか、書きなさい。
 (問題の中に世界遺産登録に関する資料があり、そこから
  富士山がどのように評価されたかを読みとる問題でした。)

【例3.国語】
「渋谷の『DJポリス』に警視総監賞(けいしそうかんしょう)」
 この新聞記事を読んで、考えたことや学んだことを、
 体験を交えて書きなさい。

 学調だけでなく、各中学校の定期試験においても、時事問題は必須(ひっす)です。世の中で起こっている出来事に目を向けること、そしてその出来事を正しく理解し、自分なりの考えを持つことが求められます。教科書に載(の)っていることだけが学力の全てではありません。教科書の知識を理解し、正しく活用できるのが「真の学力」です。これは全ての教科に通じることです。
 中学1・2年生は年明けに学調があります。一夜漬け(いちやづけ)の学習だけでは「真の学力」は身につきません。常日頃(つねひごろ)から、色々なことにアンテナを張っておきたいものですね。

       

2013年12月5日

横浜はじめて物語

 見てください。電話交換(こうかん)、電信(でんしん)、外国郵便、写真、このほかにも、アイスクリーム、パン、牛肉・・・。
 すべて横浜が発祥(はっしょう)なんです!!写真は、街の中にある記念碑(きねんひ)ですが、さりげなく置かれているので、よく注意してみないと、思わず見過ごしてしまいそうです。
 横浜は、1858年「日米修好通商条約(にちべいしゅうこうつうしょうじょうやく)」により、開港地(かいこうち)となりました。その後、貿易を通して、外国との交流が盛(さか)んになり、様々なものの発祥地(はっしょうち)となりました。
 「ざんぎり頭をたたいてみれば、文明開化(ぶんめいかいか)の音がする」 文明開化の足音が、現在のYokohamaをつくったのでしょうか。今では、多くの観光客が訪れる国際都市へと発展しています。

                下土狩校 小林一弥
電信創業の地
電信創業の地
外国郵便創業の局
外国郵便創業の局
電話交換創始之地
電話交換創始之地
日本写真の開祖 写真師・下岡蓮杖 顕彰碑
日本写真の開祖
写真師・下岡蓮杖 顕彰碑

2013年11月28日

インフルエンザに気をつけよう!

 東伊豆町や裾野市の学校で学級閉鎖が起こるなど、インフルエンザが猛威を振るい始めました。以下のことに注意して予防しましょう。 注射
●ワクチンの接種
 ワクチン接種は発病する可能性を低減させる効果と、インフルエンザにかかった場合の重症化防止に役立ちます。ただし、接種してから実際に効果を発揮するまでに約2週間かかりますので、12月中旬までにワクチン接種を受けることが望ましいと思われます。
※予防接種についての注意事項は医師の指導に従ってください。

●栄養と睡眠をしっかりとる。
 体力をつけ、免疫力を高めることで感染しにくくなります。

●手洗いとうがいの徹底
 毎日、様々なものに触れていると思いますが、それらに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。

●マスクを着用する。
 ウイルスは咳やくしゃみの飛沫から他人に感染します。また、マスクをすることで、のどの乾燥を防ぎます。

●睡眠時は湿度を保つ
 ウイルスは低温、低湿を好みます。 加湿器などで室内の適度な湿度を保ちましょう。

●もし発症したら早めに診断を受けましょう
 インフルエンザの症状がでたら、早めに医師の診断を受けるようにしましょう。抗インフルエンザウイルス薬の服用を発症から48時間以内に開始すると、発熱期間は通常1〜2日間短縮され、ウイルス排出量も減少します(厚生労働省)。

2013年11月27日

理科特別授業開催

 小6生対象に、理科特別授業を行いました。中1の理科では、初めに身近な生物について学びます。それを先取りして授業を行い、中学のスタートがスムーズに入っていけるようにすること、また、子どもたちの理科離れが叫ばれる中、中学生に向けて理科に少しでも興味を持ってもらうことを今回の授業で重視しました。 理科特別授業
そのため、授業の前半は、動物に関するクイズを出し、チームを組んでゲーム形式で授業を進めました。普段はおとなしい生徒でも、理科になると目を輝かせて発言してくれた生徒が何人もいました。さて、来週は理科特別授業の内容を含め、理科博士コンテストを実施します。その中から新たなヒーロー、ヒロインが出てくることを期待しています。
<生徒に出題した動物クイズ>
@現在、地球上にはどれくらいの生物がいるでしょうか?
A現存する、最大生物は何?
B陸上生物で最も重い動物は?
C最速の動物は?
D寿命が最も長い生物は?
  •                   <<答え>>
    正解
    @約500万種
    Aシロナガスクジラ
     (最大34m)
    Bアフリカゾウ
     (最大13t)
    Cハヤブサ
     (時速390km)
    Dベニクラゲ
     (不老不死)
三島本部校 杉山寿樹

2013年11月25日

勉強ってなんでするの?

 「勉強ってなんでするの?」
 みなさんも一度はこんなことを考えた経験があるんじゃないかな?
 わたしの両親はよく「過去は前にあるから見ることが出来るけど、未来は後ろからくるから、振り向いて見ることができない。だけど、今を大切に、やるべき事(学生の本業は勉強)をしていれば、自ずと自分が望む未来へ連れて行ってくれる」といっていました。そっか〜と思う反面、自分の将来なりたいものは決まってるから、ただそれを突き詰めればいいと思ったのを強く覚えています。

 中学3年生の生徒は公民で習ったと思うけど、実はみんなにとって毎日学校へ行くのは、勉強しなければならない『義務がある』からではなく、いろいろなものを勉強することができる『権利がある』からなんだ。少し難しいかな?簡単に言うと、みんなは、知らないこと、解らないことを堂々と先生に教えてもらうことが出来るんだよ。みんなのご先祖様は、武士なら武士、農民なら農民、決められた職業にしかつくことができず、自由に勉強することすらできなかった。ちょっと考えてごらん、もし誰も何も教えてくれなかったら…。恵まれてるでしょ?
 どんどん変化していく世の中で、将来みんなは、自分自身で新しいものを見つけたり、よりよい選択をしていかなければならない。そのために、土台となるものを一つ一つ学んでいるんじゃないかな。計算の法則であったり、自然のルールであったり、コミュニケーションの方法であったり…それらは全て昔の人が一生懸命考え、見つけ、築いてきてくれたもの。そして、必ず自分のためになるし、人のためにもなる。これってお得でしょ。
 自分の将来を決めていても、それは必ず応用することができる。あのときもっと勉強しておけば良かった…と気がつく前に、今、目の前にあるものと向き合い、新しいものを見つけ、たくさんの正しい選択ができるように糧にしよう。

広報担当 河田 峰子
勉強イメージ

2013年11月20日

虹の由来

 少し前の話ですが、久しぶりに夕方雨上がりに虹を見ました。虹といえば夏の季語なので、なんだかちょっと季節外れのようですが、今日は虹の話をします。
虹の由来
  みなさん、雨上がりにかかる虹を見たことはあるでしょ?英語で言えば、rainbow。雨が大空に描いた弓。ふーん。なるほど。これは何となくわかりますね。もともと透明になった太陽の光が、水滴にあたったときに屈折率(屈折:違ったものに当たったときに光が折れ曲がること。中学一年で勉強します)の違いからあの七色に分解されるというわけです。
 でも、ちょっと待って。虹に虫偏(むしへん)がつくのおかしくない?虫偏のつく漢字を思いつくままに挙げてみると、蝉、蜂、蝶々、蚊、蝿、蜘蛛、蜈蚣、蝗、蝸牛、蛾、蟋蟀…昆虫の仲間が多いでしょ?蛙、蝙蝠なんてちょっと変わったのもあるけど。
 調べてみるとこんなことがわかりました。古代中国では、もともと虫は「蟲」と書いて、マムシまたはヘビを意味しました。「蟲」はマムシがのたくっている姿から作り出された象形文字です。ところが、「蟲」は画数が多くて面倒なので、略字で「虫」と書くようになったとのこと。また、つくりの「工」は穴をあけて突き通すの意味。虹は天を貫くので「虫」「工」を添えたというわけです。ですから蛇は大地に雨を降らせ、しばしば人間の前に虹の形で出現するんですね。私たちにはピンと来ませんが、古代中国人は虹を天の蛇と見立てたわけで、なんかとってもロマンチックな感じがします。
 どうですか。「必要は発明の母」なんていいますが、「疑問は知識の泉」でしょ?なんでも疑問に思って調べ始めると、意外なことがわかってくるもんです。疑問はみんなの知識をどんどん広げてくれるエンジンと言ってもいいですね。さあ、身の回りにも疑問の種はいっぱいあるはず。どんどん調べて、物知り博士になっちゃおう。
 ところで、上にあげた虫偏の漢字いくつ読めたかな?読めなかったものはさっそく調べてみよう。そうすることが漢字物知り博士になる第一歩なのだから。

2013年11月13日

説明会実施

 去る11月2日(土)と9日(土)に在塾生対象新中1説明会と新入塾説明会を実施し、多くの方々にご参加いただきました。
新中1説明会では、中1生の大切なテーマとなる「学習習慣の定着」「基礎学力の定着」「部活動との両立」を踏まえ、各教科の勉強法や、中学部での指導方針・授業内容についてSee-be映像を交えながら、お話させていただきました。
沼津本部校説明会
 また、入塾説明会には座席を増設するほど、多くの方に来ていただきました。「効果的な勉強法」,三進の「指導方針」や「授業システム」などを実際の授業風景の映像と共にご覧いただきました。三進での生徒たちの様子をご理解いただけたと思います。
 なお、終了後のアンケートでは熱心なご感想を多数いただきました。保護者様の思いを胸に、我々教師も、生徒一人ひとりの最大の応援団であり続けたいと、決意を新たにいたしました。
保護者アンケートより

<在塾生対象 新中1説明会>
・中1スタートの大切さがよく分かりました。
・学習環境のお話を聞き、整理整頓をさせようと思いました。
・映像の授業などツールの進歩に驚きました。

<新入塾説明会>
・指導方針に信用が持て、安心しました。
・映像で実際の授業風景を見せていただき、
        授業の様子がよくわかりました。


募集についての詳しい内容についてはこちら

                 三島本部校 杉山寿樹

2013年11月11日

「和」のこころ 宇宙へ

 宇宙飛行士の若田(わかた)光一(こういち)さんら3人を乗せたロシアの宇宙船「ソユーズ」が打ち上げられ、高度400kmにある国際宇宙ステーションに無事、到着しました。 若田さんは来年5月まで国際宇宙ステーションに滞在し、後半の2カ月間は39代目となる船長を務めます。日本人の船長就任は、今回が初めての快挙(かいきょ)です。
 船長にはチームをまとめる強いリーダーシップが必要です。酸素漏(も)れや火災など一つ間違えれば死と隣り合わせの危険もあり、冷静な判断力やコミュニケーション能力、協調性などが欠かせません。
 その中で若田さんが船長に抜擢(ばってき)された背景には、日本人としての特性もあったように感じます。ロボットアームの操作性の高さ、飛行時の注意点をつづったノートは搭乗(とうじょう)飛行士の中で一番分厚かったことなど、繊細(せんさい)で真面目な取り組みが評価されています。
 そして、若田さんが今回掲(かか)げたキャッチフレーズは「和」の一文字です。この字には、対話重視の調和や触れ合いを大事にしたいという若田さん個人の思いが込(こ)められています。狭(せま)く閉(へい)鎖(さ)された宇宙ステーションにおいては、日本の「和」の精神がチームをまとめてくれることと思います。
 また、若田さんは東日本大震災のときにもすぐに被災地(ひさいち)を訪れ、「自分の目標をしっかり持てば、どんなことも実現できる」と子どもたちにエールを送っています。
 そういった若田さんの気遣(きづか)いや思いやりの精神が未来を切り開いてゆくのだと再認識しました。
 自分も「和」の精神を大切にし、子どもたちにも伝えていきたいと思います。そして、若田さんのように世界で活躍(かつやく)する日本人が、自分の生徒の中からも誕生することを期待し、今日も教壇(きょうだん)に向かいたいと思います。

     御殿場校 栗原大輔
宇宙

2013年11月6日

有言実行

 2013年プロ野球日本シリーズ・・・東北楽天イーグルスが、創設年目にして見事日本一に輝きました。その道のりは決して平凡なものではなく、険しいものであったことは想像に難くありません。東日本大震災を含め、幾多の変遷を経て今日の栄光があるはずです。
No.1
 楽天が日本一になった翌日の新聞の朝刊で、マー君こと田中投手のことを取り上げた記事を私は目にしました。田中投手と言えば、今年のパ・リーグのペナントレースで24勝無敗という前人未到の大記録を打ち立てた、楽天日本一の立役者ですね。彼は、今年のチーム内における決意表明の場で言ったそうです。
「今年は、楽天が主役になる」
と。そして・・・そうです。その言葉通りになったのです。まさに「有言実行」とはこのことですね。夢や目標を持ち、それを自分の言葉で語ること。そうすると、確かにプレッシャーというものがのしかかってきます。しかし、それをはねのけようとすることで自分という人間にさらに磨きがかかる。人はそうやって成長してゆくものだということを改めて感じました。

               伊東本部校 岩崎 裕彦  

2013年11月6日

俳句コンテスト 大賞発表!

 江戸時代に完成した世界で最も短い詩に小学五・六年生が挑戦しました。多くの素敵な俳句の中からゼミナールの先生方の支持を集めた作品を紹介します。
 今回のコンテストを通じ伝えたかったことは、入賞する俳句を詠めたかではありません。心の中にあることを、自分で考え、たったの十七文字の中に表現する過程で、言葉の重みや自分で思考することの大切さに気づけたか、です。ここに紹介できないものの私たちの心を動かした作品はたくさんあります。もしかしたら、皆さんの心に響く俳句がその中にあるかもしれません。ですから、ぜひ校舎に掲示してあるゼミナール生の俳句もじっくり鑑賞してください。
              (俳句コンテスト選定委員会 稲葉)
金賞
銀賞
銅賞小5
銅賞小6

2013年11月6日

面積太郎からの挑戦状(其の八)

面積太郎からの挑戦状
 みなさん、こんにちは! 最近ずいぶん寒くなってきましたが元気にしてますか?
 わたくし面積太郎は、生まれながら?の夏好き生物なので、寒い時期は苦手ですが、沼津本部校の元気な子供たちからパワーをもらってこれからもすてきな面積問題をみなさんにお出しいたします。
 さて、それでは前回の問題の解答を発表いたします。
面積太郎
問題15
問題15

問題15答え

問題15解説
問題16
問題16

答え

問題16解説
最初の頃と比べたらずいぶん複雑になってきました。
とにかく、あの手この手とじっくり考えることが大切です!
今回の挑戦状は次の4問です。では、みなさんお体に気をつけて!
また、11月下旬にお会いいたしましょう。
【問題17】

問題17
【問題18】

問題18

【問題19】

問題19
【問題20】

問題20

2013年10月31日

夜空

夜空
〈1〉
夜 星々は 光の砂のように輝き出す
星々が輝くのは お日さまが
光のレインボーという魔法を
かけるからだ

〈2〉
夜 月も顔を出す
三日月 半月 満月と
次々に変わるマジシャン

〈3〉
昔 月は満月だった
だけど 月がナルシストだから
神様が怒って魔法をかけた
だから マジシャンのように
顔を変える

〈4〉
夜空は今日も輝きつづける
〈5〉
ぼくらは今日も輝きつづける
夜空に今日も見守られながら
I think I think so と願いごと
二十年のかなたから
このサインは届いていますか?

〈6〉
光 ひかり shine(ひかり) 輝き方はイロイロ
受ける光によって そのきらめきはちがう
時にあざやかに 時に凛(りん)として

〈7〉
ぼくらは輝きつづける
夜空も輝きつづける
 一連から四連は、以前に作ったものです。五連から七連は現在の視点から加筆(かひつ)しました。表現というものは、それぞれの世代で異なります。その時にしかできない表現もあります。それぞれの時代に旬の言葉で、願いを託して、次の時代にリレーできたら、これほど面白く尊いことはないですね。勉強・スポーツ・芸術、そして「創作の秋」です。さあ、ペンをとって自分の思いを深めてみませんか。
                  下土狩校 小林 一弥

2013年10月25日

タイという魚はいない? =図鑑(ずかん)で遊ぼう=

 タイという魚を知っていますか? だれでも知ってるって? ところが魚類(ぎょるい)図鑑(ずかん)の索引(さくいん)を見てもタイという魚は載(の)っていません。タイの仲間は20種類くらいいますが、その中のもっともポピュラーな『マダイ』をふつうタイと呼んでいるようです。だから実はタイという魚は存在しないのです。さらに調べました。ふつうのイワシは『マイワシ』です。サケは『シロザケ』。おっと、マグロという魚もいないのか!『クロマグロ』とか『キハダマグロ』などの総称がマグロ。でもヒラメは『ヒラメ』、サンマは『サンマ』です。なるほど、おもしろいですね。

 ところで、『ウケグチノホソミオナガノオキナハギ』という日本一長い名の魚がいます。何度か口に出してみると独特のリズムを感じます。ゼミナールでは俳句コンクールがあり大変盛り上がっていますが、そう、『ウケグチノ ホソミオナガノ オキナハギ』と、この魚の名も五七五(ごしちご)の音になっているのです。名前の由来は「下あごが出ていて、体が細くて尾びれが長く、おジイさんのようなひげがあるカワハギの仲間の魚」のようです。
 1冊の図鑑(ずかん)でまだまだ遊べます。なにっ?『イレズミコンニャクアジ』…どんなアジじゃ?
 食いたくねー! でもアジの仲間じゃないみたい。コンニャクで検索(けんさく)してみると、ヒットするのはほかに『ダルマコンニャクウオ』があります。写真を見ると…えっ、これが魚?と思ってしまうもので、 全身ピンク、モモンガみたいなかわいい顔つき、ひれはチョロチョロひもみたいです。 タイ
 調べる楽しさ、知る喜びは案外身近にあるようです。さて次は…あまり興味ないけど乗り物図鑑(ずかん)でも開いてみよっと! また新たな発見があるかもしれませんね。
                   修善寺校 日下 英治

2013年10月25日

文章大吉見参!

 風邪っぴきはいね〜か!?風邪っぴきはいね〜か!?
「へっっっくしょん!!」
おいらは、風邪なんてひいてないぜ!?
風邪をひかないためにも鼻スンスンは忘れずに!!
それじゃあ前回の答えの発表でやんす!
【前回の解説】
問題:たかしさんは50円切手と80円切手を合わせて60枚買いに行きましたが、まちがえて枚数を逆に買ってしまったので、代金は予定よりも480円高くなりました。たかしさんは50円切手を何枚買いましたか。

80円切手を1枚増やして50円切手1枚減らすと,80−50=30(円)ずつ代金を多くはらうから,切手の枚数の差は,480÷30=16(枚)になる。
480円高くなったってことは,80円切手を16枚多く買ったことが分かる。
そこで、50円切手の枚数→□枚、80円切手の枚数→□+16枚とする。

□+□+16=60
□+□=44
□には同じ数がはいるから
□=22
頑張って答えを出してくれたみんな!!
「☆ありがとうございま〜〜す☆」
今回も買い物に関する問題をお土産においていくでやんす。
しっかりとか・ん・が・え・ておくれよ!
文章大吉
【問題】
 Aさんは1冊90円のノートを,Bさんは1冊70円のノートを,Cさんは1冊80円のノートを,それぞれ何冊か買いました。Aさん,Bさん,Cさん3人の買ったノートを全部合わせると30冊で,その合計金額は2330円になりました。BさんはCさんより5冊多く買いました。Bさんの買ったノートは何冊ですか。

2013年10月10日

「知識の定着」と「心の豊かさ」
〜三進が目指す国語力!コンテストから〜

 三島進学ゼミナールでは、小学生の国語の授業で、漢字コンテスト・ことわざコンテスト・俳句コンテストを実施します。目的は、「知識の定着」と「心の豊かさを育む」ことです。改めて言うまでもありませんが、国語は、英語・数学・理科・社会他、さまざまな教科を勉強する上でとても大切な教科です。「知識の定着」という観点から考えると、漢字や慣用句を覚えることは、文章を読む力や表現力にとても役に立ちます。分からない語句が多すぎては、文章そのものを理解できませんし、せっかく理解できたとしても、表現できなければ、テストの得点にはなりません。また、「心の豊かさ」も大切です。俳句を作るとき、自然や人工物、または人間そのものを観察したり、そこから感じ取ったことを表現することで、今まで気に留めていなかった大切なものに気付くこともあります。昨年の俳句コンテストから優秀作品を2点紹介します。
小5「我先に 足あとつけるぞ 雪の朝」
小6「北風に にぎる母の手 あたたかい」

どちらの作品も素晴らしいですね。
今年はどんな作品が出てくるのか今からとても楽しみです。


          三島本部校 後藤 信行
短冊と筆

2013年10月3日

月にまつわる話

 今回は月に関する豆知識を。
月はどのくらいの大きさか知っていますか?せっかくなので、地球と太陽も含めてみてみましょう。その大きさの比はおよその直径で
地球:太陽:月=13000q:1400000q: 3500q
       =  26 : 2800  : 7
となります。地球は月の約4倍の大きさ。太陽は地球の約100倍の大きさで、月の約400倍の大きさということになります。太陽の方が月よりもはるかに大きいにもかかわらず、地球から見て、月も太陽もほぼ同じ大きさに見えるのは、地球から月:地球から太陽の距離も約1:400だからだそうですね。なんという偶然!もしかしたら偶然ではない、何か法則でもあるのかもしれないですね。
 偶然と言えば、「ごくまれに、めったにない」という意味を表す「月」を使った英語表現があるのをご存知ですか?
何と言うかというと
once in a blue moon
というのだそうです。19世紀半ばごろから使われるようになったようですが、そもそも「blue moon」とはいったい何か?
名前の語源は定かではないのですが、定義は2つあるらしく
blue moon
@ひと月の間に2回満月になる場合、
 その2回目の月のこと(2回目とは限らないという説も)

A1年を二分二至(春分・夏至・秋分・冬至)に分けたうち
 一つの季節(約3カ月)の中で4回満月になる時、
 その3回目の月のこと。

 満月の周期は平均約29.5日なのに対し、1ヶ月は平均約30.4日なので、「blue moon」は2〜3年に1度ほどの確率でしか見ることができないそうです。ここから。「めったにない」という意味で使われ始めたそうです。
 実は、今年も8月21日がblue moonだったそうです。ちなみに、次のblue moonは2016年5月21日だそうです。まだ少し時間がありますが、次の機会には意識して見てみようと思っています。

 考えてみれば、何気なく過ごしているこの一日一日も「once in a blue moon」と言えるかもしれないですね。例えば、人との出会いもそう言えると思います。今日偶然出会った人が自分にとって運命的な出会いになるかもしれませんし、逆にもう生涯顔を合わせることもないかもしれません。また、今まさに接している人も、自分の人生にとって大きな存在になるかもしれませんよね。

 私もいろいろな物事に対してありがたいと感謝しながら(日本でも古語で「有難し=めったにない」という意味で使われますしね)日々を過ごし、そして教壇に立っていきたいものです。
                  御殿場校 江端 紘誠

2013年10月2日

スポーツの秋

  私事ですが、先日、町内の運動会がありました。学生の頃は友人達と参加したのですが、社会人になってからは仕事と重なったりしてもう何年も参加していませんでした。久しぶりに参加してみてまず感じたのが、十数年前と比べて子どもの数が減ったことです。世の中では少子化が話題になっていますが、ゼミナールには多くの子どもたちが通塾しているので自分の日常生活ではそこまで感じたことはありませんでした。改めて、少子化は深刻な問題だと考えさせられました。そして日々、多くの子どもたちの前で授業が出来る喜びと責任を感じました。
 そんなことを感じつつ、運動会ではリレーや綱引きなど3、4種目に出たのですが、リレーでは後ろの人に抜かれてしまい悔しい思いをしました。そして何よりも悔しかったのが、自分の思い通りに体が動かなかったことです。悔しい思いをして、つくづく日頃から運動しないといけないなと感じました。しかし、それ以上に、久しぶりにいい汗をかいたという爽快な気分になりました。スポーツっていいなと改めて感じました。過ごしやすい季節になったので、定期的に体を動かそうと思います。自分にとっていろいろ考えさせられた休日でした。
 「食欲の秋」も「読書の秋」もいいですが「スポーツの秋」ということで、みなさんも体を動かしてみてはいかがでしょう。

       函南校 長津 達也
栗

2013年10月1日

我慢の先に・・・

 先日、某テレビ局で深夜に放送されている情報番組を見ました。常識はずれの偉人や日本人がなかなか足を踏みいれることのない世界の国々を紹介したりする番組です。
 その番組の中で、全国展開している某有名ラーメンチェーン店のK社長が取り上げられていました。
 K社長が、そのラーメン店の原点である「屋台」を始めたのは36歳の時だそうです。それまで15年間勤務してきた会社が倒産した時のことです。持ち金は3万7千円・・・廃材を友人の板金職人の方に組み立ててもらってできた屋台がその店の原点でした。もちろん最初からうまくいったわけではなく、挑戦と失敗の連続だったようです。しかし、どんなに苦しい時でもK社長は、「絶対に俺はこの道で成功するんだ」という強く熱い思いを捨てなかったそうです。そのように幾多の困難と変遷を経て、その店の売りである「こってりスープ」は完成し、今や、年商は200億円を超える企業に成長しているそうです。
 その番組のインタビューでK社長がおっしゃった言葉です。
「何か一つのことを成功させようと思ったら、どんな困難でも我慢しなければならない」
 私はその言葉を聞いた時、「それが生きるということの真髄なんだろうな」と感銘を受けたものです。私も、子どもたちにものを教える人間として、強く生きていこうと思った夜でした。

       伊東本部校 岩崎 裕彦
ラーメン

2013年9月26日

23年後の未来

子どもの頃の絵
 思わず手に取った一枚の絵。その向こうのテレビの画面では、リニア中央新幹線の計画が発表されています。 23年前に何となく描いた未来予想図。当時、山梨県のリニア実験線の話を聞いた折、自分でもそのルートを描いてみようと思ったのでしょうか、絵に描かれているリニアのルートは二手に分かれています。一つは、山梨から甲府、塩山、中央アルプスへぬけるルート。もう一つは、野辺山、松本、北陸へぬけるルート。偶然にもリニアが走る計画線と前者のルートは一致しています。当時思い描いていた未来が現実になるというのは、何とも不可思議なものです。北陸のルートも、リニアではありませんが、北陸新幹線として、2014年には長野から金沢までの延伸が予定されています。驚くべきことに、あの頃の未来が目の前の現実となって現れているのです。
 時代は進みます。止まることはありません。時とともに自らの見方も考え方も変わっていくことでしょう。でも忘れないでほしいと思います。子どもの頃の夢は、必ず形あるものになっていくのだということを。あなたの未来はあなたの手で創り上げるものだということを。
                  下土狩校 小林 一弥

2013年9月25日

面積太郎からの挑戦状(其の七)

面積太郎からの挑戦状
 みなさん、ご無沙汰しております!
 いやぁ〜今年の夏はホントに暑かったですが、みんなは元気に過ごしましたか?
 さてさて、それでは夏休みの宿題!?の答え合わせに入りましょう。
考える面積太郎
問題11




問題12





問題13



答え

問題14

答え


 4問中何問正解できたかな?
では、いよいよスペシャルな問題の解答発表です!
超難問

回答

回答方法
スペシャル図形
 最後の問題はじっ〜くり考えて色々なことに気づかないと正解できない難しい問題でした。
 今回の私面積太郎からの挑戦状は次の2問です。解答は10月発表!乞うご期待!!
【問題15】

問題15
【問題16】

問題16

2013年9月20日

宇宙の神秘

 先日新聞で、1977年に打ち上げられた探査機「ボイジャー1号」が、人工物として初めて太陽系圏から脱出したことを知りました。現在「ボイジャー1号」は、地球から188億キロ離れた地点を時速約6万キロで飛行中です。では、その動力はどうなっているのでしょう。 宇宙
 実は、ボイジャーの電源は放射性核種であるプルトニウムの崩壊熱を利用して発電しており、そのためボイジャーは太陽光が届かず太陽電池の使えない暗い宇宙でも飛び続けることができるのです。その電源の寿命は2020年ごろで、それまでは、宇宙空間におけるいろいろなデータを送り続けるそうです。36年前に飛び立った宇宙船が、今尚動き続け、地球に貴重なデータを送ってくるなんて、なんとロマンチックなことだと思いませんか。有史以来、人間は宇宙について、さまざまな研究をしてきましたが、まだ1%も解明できていないと言われています。それだけに、宇宙というものは魅力があるのでしょうね。
 中学生は宇宙の内容に関して、3年の後期で学習しますが、かつて、私が担当していた生徒の中にも、宇宙の神秘に惹かれ、「天体観測の道に進みたい」と話してくれた生徒がいました。彼女は現在高校2年生で、「天体」が学べる理学部物理学科を目指し、猛勉強中です。子どもたちは、いつか生涯をかけて、やりたいものをみつけるでしょう。それは、弁護士、スポーツ選手、教師など様々です。ただ、何をやるにしても、その土台つまり基礎学力は必要です。そのために、子どもたちは、今を頑張らなければなりませんね。そして、その夢を全力でバックアップするのが我々の役目であり、生きがいでもあります。今日の授業でも、生徒たちに熱く夢を語っていきますよ!
              三島本部校 杉山 寿樹

2013年9月20日

文章大吉見参!

 面積アニキッ!!アニキッ!!
遅くなりやしたが、無事武者修行の旅から帰ってきやした。
おっと、自己紹介が遅れました。あっしは、沼津生まれ沼津育ちの文章大吉と申します。
あまりの算数好きのため、全国各地を旅し、各地で難問に挑戦する武者修行の旅に出ていやした。
おいらからもみんなへのおみやげ(・・・・)問題をちょいちょい出しやす!! みんなには、全国各地から集めてきた選りすぐりの問題にチャレンジしてほしいっす。
まずは、小手調べにこんな問題はどうだい!!
【問題】
 たかしさんは50円切手と80円切手を合わせて60枚買いに行きましたが、まちがえて枚数を逆に買ってしまったので、代金は予定よりも480円高くなりました。たかしさんは50円切手を何枚買いましたか。

答えは、2週間後。
しっかり考えてみてくれよ☆
文章大吉

2013年9月19日

出藍の誉れ

 数学の授業中、こんな解き方もあると発表してくれる生徒がいます。よくよく聞いてみると、そのほうが簡単で美しいこともあります。少しだけ悔しさもありますが、それよりも、若い柔軟な発想力に驚くとともに、生徒の成長に嬉しさを感じる瞬間でもあります。 コスモス
 みなさんは「出藍の誉れ」(しゅつらんのほまれ)という言葉をご存じですか。「青は藍より出でて藍よりも青し」、中国の荀子の言葉で、教えを受けた者が師よりもすぐれた才能をあらわすことです。教師冥利に尽きますね。

 さて、この時期、各中学校では定期テスト、文化祭、体育祭など行事が盛りだくさんです。そんな時期だからか、日々の勉強が受け身になっていませんか。勉強は自分の頭で必死になって考えなければ身につきませんし、そこから見えてくることもたくさんあります。特に中3生は、これから受験に向けて本格的に勉強に取り組む時期です。日々の時間を有効に使い、目標に向かって頑張ってほしいと思います。こちらが驚くような質問、これからも待っています。

                    函南校 宇田 徳紀

2013年9月18日

美しい日本語

 先日、ある居酒屋で若い女性店員が料理を差し出すとき「やきそばでございます」と言いました。その言葉づかいを聞き、わたしはいたく感激しました。なぜなら、ファミレス
などでも「こちら最近、ミックスピザになります」という言い方が幅を利かせているからです。数年前にこれを初めて聞いたとき「ミックスピザになる? これから? じゃあ、今は違うの?」などと思ってしまいました。時代遅れのわたしには、「…でございます」という日本語はとても耳に心地がよいのです。
 時折、森鴎外などを再読しますが、そのたびにつくづく日本語というのは美しいものだなと感じます。東京でのオリンピック開催が決定し、数年後にはより多くの外国人が日本を訪れ、我々の様々な文化に触れることでしょう。富士山、アニメ、家電…。どれもが日本人の誇りですが、日本語そのものも我々の立派な文化です。外国人には意味は分からなくても、古くから親しまれてきた日本語が持つ独特の響きやリズムは、彼らの心にも強い印象を残すのではないでしょうか。
 古代の日本において、言葉には言霊(ことだま)≠ニいう不思議な力があると信じられていました。これは、自分の想いを言葉に乗せ相手に伝えられるという事実から生まれる、言葉に対する畏敬の念の表れのような気がします。我々教壇に立つ者が生徒たちに何かを伝えるのも言葉です。授業では美しくわかりやすい日本語を使うよう心がけたいと思います。
                   修善寺校 日下 英治

2013年9月17日

お月見の季節になりました。

 今年の「中秋の名月」は9月19日(木)です。「中秋」とは「秋の中日」=陰暦8月15日のみを指しています。しかし、旧暦で考えると、1か月ずれ込んでしまい、計算によってその年の「中秋」が変わってしまうのです。ちなみに昨年は9月30日でした。
 8月15日にお月見をすることに関しては、夏の作物の収穫が終わり、稲刈りをする期間まで手が空くため、米の豊作祈願や芋類の収穫祭という意味で行うなど様々な説があるそうです。
つきみ
 では、秋(9月)にお月見をする理由は?これは科学的な理由があります。1つ目は、見やすい高さです。太陽の天球上の軌道は、昼間で考えると「夏は高く、冬は低く」なります。夜はその反対ですね。月も太陽と天球上をほぼ同じ軌道で進みます。したがって、月を夜見ると「夏は低く、冬は高く」なります。では丁度よい高さになる季節はというと、それが春と秋になるわけです。春と秋には、昼の長さと夜の長さがほぼ同じになる「春分の日」「秋分の日」がありますね。2つ目は、「秋晴れ」という言葉があるように、大陸から来る「移動性高気圧」のおかげで、秋にはとてもきれいに晴れる日があります。これら2つの条件を満たした季節が「秋」になります。
 さて、台風18号が去り、残暑も和らいできました。「中秋の名月」あたりを期に、「○○の秋」という言葉もあります。気候的にもすごしやすくなりますから、自分の成長を考えて思いっきり何かに取り組んでみてはどうでしょうか。ただ、「食欲の秋」、美味しいものに誘惑されて、調子に乗り過ぎて「体の成長は」ご勘弁願いたいと思いつつ…。
              三島本部校 後藤信行

2013年9月10日

読書の秋

 9月に入り、暑さも落ち着きすっかり秋らしくなってきました。秋といえば、「読書の秋」。そこで、私は先日本屋へ行き、サッカー日本代表の長友選手の本を購入し、空いている時間に読んでいます。 その本を読んでいて、改めて感じたのが「継続は力なり」ということです。成功する人には、些細なことでもかならず長い年月継続しているものがあります。長友選手も中学生のときから毎日、筋トレとランニングは1日も欠かしていないそうです。私もそうですが、人間欲深いもので、何か新しいことを始めたらすぐに結果を求めがちです。しかし、すぐに結果が出ないからといってそこで辞めてしまっては何の意味もありません。どんな些細なことでも継続していけば必ず自分の力になるはずです。当たり前なことですが、長友選手の本を通じて改めて実感させられました。まだ、半分も読んでないので詳しい内容は書けませんが、一流の人の言葉には説得力があります。
 この本を読んで私も何かしようと思い、1日10分間読書を始めました。始めたばかりなのでまだ何も成果はありませんが、長友選手を見習い長い年月継続していくつもりです。けっして三日坊主にはならないように頑張ります!!

 みなさんも、秋の夜長に読書でもしてみてはいかがですか。
図書の本

函南校 長津 達也

2013年9月9日

ナマコの生き方・ヒトの生き方

 先日、車のラジオで「ナマコ学」を語る本川達雄先生のお話を耳にしました。本川先生は棘皮(キョクヒ)動物(ナマコ、ヒトデ、ウニなど)を研究されている生物学者です。
ナマコ
 先生によると、ナマコは目・耳・鼻といった感覚器官がなく、それらの情報を処理する脳もないそうです。しかし、生きる術は身につけています。外敵に襲われれば皮膚を硬直させて身を守り(魚に対しては毒を持っている)、餌は足元に広がる砂の中から有機物を摂取します。つまり、敵に襲われず食べ物に困らない一生を送っているのです。「ナマコってすごい!」と思いました。本川先生も「ヒトのように騙し騙されることのない、ナマコの生き方って素敵じゃないですか?」とおっしゃっていました。自分も少し、ナマコの生き方が羨ましく思えました。

確かに、脳が発達しているが故に、あれこれと余計な考えを巡らせ、ときには他人に嘘をついたりもする…それがヒトの生き方なのかもしれません。
しかし、脳の発達による効果はマイナス面だけではありません。あれこれ思考を巡らせる中で素晴らしい解決策を見つけ出したり、苦悩しながらも夢を追い求め、自分でも信じられない力を発揮したりする。これらも脳あってのことだと思います。そう考えだしたら、脳のないナマコの生き方が、なんだか寂しいものにも思えてきました。
 世の中の様々な出来事に翻弄される煩わしさもあるかもしれませんが、それでも、
「まだ見ぬ明日に夢を求め、
     希望を持って頑張ることができる」

ヒトの生き方も素晴らしいと再認識しました。みなさんはどう思われますか?
                  御殿場校 栗原 大輔

2013年9月9日

秋の七草

 9月に入り、涼しい風が吹くようになってきました。もう夏は終わり、秋に入りましたね。秋の到来を教えてくれるかのように、鈴虫やコオロギの鳴き声をよく耳にします。季節が変わる度に、それを教えてくれる虫たちに感謝です。
 さて皆さん、秋の季語に関わる問題です。
タイトルの『秋の七草』を答えられますか?
春の七草に比べ、意外と答えられない問題ですね。

 以前『アウトプット』というブログを書きました。暗記をする際、書いたり声に出すことが効果的だと紹介させていただいた記事です。しかし、私の『秋の七草』の覚え方がいささか変わっていることを最近知りました。私は小学生の頃はこう覚えました。頭文字だけを抜粋し『オオキナフクハ』と覚えていたのです。ですが、短歌のように詠み、覚える人が多いそうです。

ハギ・キキョウ(5語)・クズ・フジバカマ(7語)オミナエシ(5語)オバナ(ススキ)・ナデシコ(7語)秋の七草(7語)

思い返してみれば、祖母が「歌いながら覚えられる」と教えてくれた気がします。確かにこの方法のほうが覚えやすいですね(笑)

日々成長していく生徒たちを見て、ほほえましくまた誇りに思います。今日も生徒たちに色んな知識を知ってもらうために、教壇に立つのが楽しみです。


                伊東本部校 中村 翔
〜答え〜
ハギ・キキョウ・クズ・フジバカマ・オミナエシ・オバナ(ススキ)・ナデシコ
秋の七草

2013年9月5日

"We should never give up."

 9月4日、朝の某報道番組で「ダイアナ・ナイアド」というアメリカ人女性の遠泳選手が話題になっていました。なんと彼女は、アメリカ・フロリダ州とキューバを結ぶフロリダ海峡(全長166km)を泳いで横断するという快挙を達成したそうです。35人のサポートスタッフをつけての挑戦。所要時間は、およそ55時間。その間、一睡もせず、休憩や食事も水中に立った状態でとっていたそうです。 ナイアドさん遠泳コース
 聞くところによると、そのフロリダ海峡は人食いザメが出没するような場所で、1997年にオーストラリア人の遠泳選手(当時22歳)が横断に成功しているのですが、その時にはサメよけのケージを使っての完泳だったそうです。しかし今回のダイアナ氏の挑戦は、サメよけのケージも、足ひれも、そしてウェットスーツも使用しないでのもの。ダイアナ氏は、過去に4回同じ挑戦をしているのですが、脱水症状やクラゲに刺されるなどの障害に阻まれ、いずれも途中で断念。5度目になる今回が最後の挑戦になると語っていたそうです。そして見事に達成。最も驚くべきは、彼女の年齢です。なんと、64歳です。28歳での最初の挑戦から何度も挫折を繰り返し、36年かけて実現した夢。なんて素敵な生き方でしょう。
 泳ぎ切った時、海岸で待っていた大勢の観客の前で彼女は言っていました。
"We should never give up."
(私たちは決してあきらめてはいけない)
 「人はいつからだって挑戦できる」・・・挑戦できるかどうかは、その人間の心が決めることなのですね。また一つ新たな勇気をもらいました。私も、出会った生徒達に勇気を与えられる教師になりたいものです。
                伊東本部校 岩崎 裕彦

2013年9月4日

定期テストと実力テスト…その大切さ

 定期テストと実力テスト、どちらが大切かといえば、どちらも大切ですね。ただし内容はずいぶん違います。定期テストは範囲が狭く、学校の成績(通知表)に大きく影響を与えます。全国実力考査など実力テスト(模擬試験)は範囲が広く、過去最近の履修内容が複合した問題も出題され、難度が高くなります。 テスト
 そこで、定期テストは、事前に範囲も出ていますので、計画的に勉強してやり残しをしないようにしましょう。特に注意するのは苦手教科。後回しにして範囲までやりきれずに試験に臨まなければいけない状態では最悪です。スケジュールを立てて、後悔のない勉強をしましょう。返却されたら、必ず解き直しておいてください。やがてそれは実力テストや高校入試の範囲となりますから。もちろん、分からないことがあれば質問することも大切ですね。
 逆に、実力テストは受験後が勝負。結果をしっかり分析して、自分の弱点を強化することで実力アップをはかってください。つい、順位や偏差値ばかりに目を取られがちですが、できなかった問題があることこそチャンスです。実力考査や進学模試の受験後には、解答解説とともに類題が渡されます。また、学力トレーニング(学トレ)で弱点補強シートを使うこともいいでしょう。間違えた問題やできなかった問題を理解し、克服したとき大きな成長があります。実力とはその積み重ねです。
 テストは、現在の自分の状況を判断する材料であるとともに、学力アップのツールでもあるのですが、つい結果ばかりが気になり、後者がおろそかになりがちです。確かに、結果に一喜一憂することもいいでしょう。しかし、テストこそ自分を磨く絶好の機会だということを忘れないでください。成功して浮かれず、失敗して落ち込まず、次のテストに向けて頑張りましょう。 その1つ1つの努力の積み重ねが、高校入試合格、将来の夢へとつながっているのです。
                  三島本部校 後藤 信行

2013年9月4日

ほんの一言が…

 ソウルオリンピック水泳男子(背泳ぎ)の金メダリストである鈴木大地氏が残した言葉です。

「目の前の災難を辛いからといって逃げても、いつまでも自分を追いかけてくる。それを乗り越えた時、人は体も心も強くなれる」
クローバー
  鈴木氏が水泳を始めたのは小学2年生の時。虚弱体質改善のために水泳を始め、それからはなんとなく続けていたそうです。ところが、高校生の時に水泳部のコーチから言われた一言で、本気になったのだそうです。その一言とは…
「お前ならオリンピックを目指せる」
 人は、人生の中で多くの人と出会い、多くの言葉を交わします。その数え切れない言葉の中のたった一言が、人の人生そのものを変えることもあり得るのです。これまでの教師人生の中で、どれだけ多くの生徒と出会い、どれだけ多くの言葉を伝えてきたのか分かりません。また、自分の発した言葉で、一体どれだけの生徒をプラスの方向に導けたのかも分かりません。
 ただ一つ言えること。それは、私たち教師はどんな状況でも生徒達をプラスの方向に導いてゆかなければならないということです。そのことを、鈴木氏の話を通してあらためて思った今日この頃です。

                伊東本部校 岩崎 裕彦

2013年9月3日

今井有希子の季節を詠むB

季節を詠むロゴ

朝顔に 釣瓶とられて もらひ水   加賀 千代女
 昼間はまだまだ暑い日が続くとはいえ、夜になれば秋の虫の声も聞こえてくるようになりました。暦の上では立秋をすぎ、入道雲からいわし雲へ、空の様子も少しずつ秋へ向かっています。
あさがお
 この句は、釣瓶(井戸水を汲むための、縄のついた桶)に朝顔のつるがからまっているのを見て、切ってしまうのもかわいそう、と近くの井戸へ水をもらいに行く様子を詠んだものです。朝顔というと夏の花のようですが、俳句では秋の季語に分類されます。もともとは中国から薬として奈良〜平安時代に日本に伝わったといわれていますので、日本人とはおつき合いの長い植物ですね!江戸時代には品種改良ブームが起き、皆さんがよく知っている丸いラッパ状の朝顔のほか、八重咲きのものや花びらが細く切れたものなど、「え、これが朝顔!?」と思うような、色・形ともに珍しいものを育てることが大流行しました。早朝に開いて昼にはしぼんでしまう儚さと、変化が激しいほど種子を残さないという珍しさとが、日本人の気持ちに合ったのかもしれませんね。そのためか、朝顔は身近な花として生活感のある句に多く登場するのも特徴です。
 朝顔に限らず、江戸時代の人々は花見をしたり盆栽を育てたり、お金のあるなしに関係なく多くの人が花好き・園芸好きであったことには、ガーデニングの本家イギリスの植物学者もびっくりしたほどです。皆さんの家でも、おうちの人が植物を育てたりしているでしょうか?
                  三島本部校 今井 有希子

2013年8月28日

夏の終わりのハーモニーそして…

 もうすぐ夏が終わります。小中学校の夏休みも終わり、三島進学ゼミナールの中3夏期特訓・小6夏セミナーも終わりました。そして、いつも私が通る海岸線にこの夏立ち並んでいた海の家たちも片づけを始めています。たくさんいた海水浴を楽しむ人々も今はもうまばらです。
夕日
 そんな景色を眺めながら様々な思いが私の中を駆け巡りました。もう夏が終わってしまうのかという「寂しさ」、この夏を生徒たちとともに駆け抜けたという「達成感」、そしてまた新しいスタートラインに立つという「躍動感」…
 中でも一番大きいのは、もちろん「躍動感」です。9月から新たに加わる生徒達が大勢います。私たちのことを信じ、大きな期待と希望をもってやってきます。そんな彼らと、彼らを一番近くで応援している保護者の方々の気持ちが私に更なる勇気と躍動感を与えてくれるのです。
 そういう気持ちをいつまでもずっと忘れずに…今日も私は100%です。
                伊東本部校 岩崎 裕彦

2013年8月26日

更なる高みへ

 先日、日本の代表的な野球選手の一人、イチロー選手が日米通算4000本安打を記録したというニュースが報道されていました。イチロー選手は『心・技・体』がしっかりしている選手で有名ですね。技術はもちろん、体調管理を常日頃から心がけていて、二日酔いなんか絶対にされないそうです。しかし、私がいつも驚かされるのは、イチロー選手の向上心です。既に誰もが認めるトッププレーヤーありながら、常に成長し続けようとする姿に毎回驚かされるのです。そこに限界はないのです。次は大リーグでの3000本安打を目指されるそうです。
 勉強でも同じことが言えます。『ここまでやったから終わり』ということはありません。高校受験を終えたら大学受験があります。大学受験を終えたら社会人としての日々の勉強があります。だからこそ、私達教師もさらなる高みを目指して精進していきます。

    伊東本部校 中村 翔
野球選手

2013年8月22日

はばたけ!未来に向かって!

何かひとつ、打ち込めるものがあるというのは素晴らしいことだと思います。
 昨年度伊東本部校を卒業していった生徒の中に、バスケットボールに打ち込む少年がいました。彼は、この伊東本部校が設立された当初からずっと通っていた生徒の一人です。バスケットの選手というと、身長180pや190pは当たり前のようにいるのでしょうが、彼の身長は168pです。私とほとんど変わりません。バスケットボールプレーヤーとしては決して大きい体ではありません。しかし彼は、並々ならぬ練習を重ねて、中3の時には静岡県選抜に選ばれるまでの成長を遂げていました。そして、高校進学においても、静岡県内のバスケット界では有名ないくつもの高校からスカウトの声がかかり、その中から彼は名門・浜松学院を選んだのです。様々な地域から腕に覚えのある選手達がひしめき合う環境の中で、彼は1年生にしてインターハイ出場チームのベンチ入りを果たしたそうです。その姿は、「月刊バスケットボール」に掲載されています。
 彼の偉いところは、中学時代からそうでしたが、勉強からも手を抜くことはなかったという点です。その姿勢は高校に進学してからも変わっていないそうです。学生の本分はやはり勉学です。しかし勉強がすべてではありません。だからこそ私は生徒達によく言います。
「やりたいことをやりたいのなら、やるべきことをやりなさい。やるべきことをやらない人間にやりたいことをやる資格はない」
と。
浜松学院への進学が決まり、ゼミナールを卒業する際に彼は、
「将来は、プロのバスケットボール選手になりたい」
と語ってくれたのが懐かしいです。夢や目標に向かってひたむきに走り続ける人は格好いいと思います。そんな彼の姿を思い浮かべつつこのブログを書いているうちに目がしらがあつくなってきてしまった私です。

    伊東本部校 岩崎 裕彦
バスケ

2013年8月7日

行って来たぞ、箱根!中3夏期合宿!!!

合宿写真
合宿写真 合宿写真
 8月14日から3日間、三進の中3生は箱根で勉強合宿をおこないました。 勉強時間は3日間で"25時限"
朝は6:00に起床し、6:30から1時間目スタート。1日平均8時限の授業を受けました。授業中の生徒は真剣そのもの。三進全校舎から集まった生徒たちと机をならべての授業。生徒たちの感想には「普段教わっていない先生の授業が受けられ楽しかった。」「知らない人たちの中に交じって、とても緊張した。」「他の校舎の人たちと仲良くなれた。」「冬休みにも合宿があればいいのに。」などの声が聞かれました。
 生徒たちは授業を受けるだけでなく毎日確認テストも受け、その結果によって翌日のクラスが決まりました。とても良い刺激となったに違いありません。
 3日間を通して、各々が三進の「ド根性」の精神を培い、これから来る受験にむけて成長してくれたことと思います。おそらく一生の思い出になったでしょう。
 私たち教師一同もこんな素敵な中3生とともに合宿に臨めたことを誇りに思います。
               三島進学ゼミナール 教師一同

2013年8月7日

日本一を目指して!

 8月6日の朝、新聞をめくっているとある一つの記事が目にとまりました。
「伊東高が4連覇達成」
 8月4日、伊豆の離島・初島から熱海サンビーチまで約12キロを泳ぐ「第66回初島・熱海間団体競泳大会」が開催されました。そこで、伊東高校水泳部が4連覇を達成したという記事でした。3人1組で30チームが参加。今大会で、伊東高校水泳部は歴代2位の記録で4年連続優勝を果たしたのです。
水泳
 記事とともに掲載されていた、優勝した喜びと達成感があふれる表情を浮かべながら3人でガッツポーズをする写真からは、何とも言えない清々しさが伝わってきました。「伊東」という漢字に敏感な私は、「頑張ってるなぁ」と感心しつつその内容に目を通すと、そこに聞き覚えのある名前がありました。そうです。3人の選手の中に、かつて私が三島本部校で教鞭をとっていた時に関わったゼミナールの卒業生がいたのです。
 当時、勉強と部活の両立で苦しんでいた彼に、私は三者面談の場で言いました。
「やるからには迷うな。日本一の選手を目指してがんばりなさい」
と。その言葉が彼の心に残っていたのかは分かりませんが、彼は大好きな水泳をやるために伊東高校に進学し、今日の活躍に至っています。
 自分の教え子が、今こうして輝いている姿を見るのは本当に嬉しいものです。子の成長を喜ぶ親心と似たものですね。これからも彼はきっと一生懸命泳ぎ続けることでしょう。そしていつの日か、彼が泳ぐ姿をテレビの画面で見つけられたら・・・
 「親ばか」ならぬ、「教師ばか」でしょうか(笑)
                  伊東本部校 岩崎 裕彦

2013年7月30日

ランニングマン

 「ブー・スァン・ティエン」というベトナム人の青年が今、世界中で話題になっているそうです。私も、ある報道番組で知りました。
 すでに知っている方も多いかと思います。イギリスのプロサッカーチーム「アーセナル」が、名古屋グランパス・浦和レッズと親善試合を行ったのはつい先日のことです。そのアーセナルが、日本に来る前にベトナムで親善試合を行った時のことです。5歳の時からアーセナルの大ファンというその青年は、アーセナルイレブンを乗せたバスがハノイ市内を通った際、あまりの嬉しさにそのバスを走って追いかけ始めたそうです。最初は大勢いた追っかけファンも、1人また1人と追いかけるのをやめてゆく中、彼だけは走り続けたそうです。その彼の姿をバスの車内から見たアーセナルの選手たちが「ランニングマン!ランニングマン!」と彼のことを呼び始め、ついには「Sign him up!Sign him up!(彼と契約しろ)」などと叫び出すほど、車内は大盛り上がりだったそうです。それもそのはず。彼がバスを追いかけた距離は8qですから。そしてなんと!アーセナルに寄せる熱い思いが伝わったのでしょう。バスは停車し、彼はバスの中に招き入れられ、そこにいた全選手と監督のサインをTシャツに書いてもらったそうです。それがきっかけとなり、彼はその後行われたアーセナルとベトナム代表の親善試合において、選手入場の先導役に抜擢されるという栄誉を手にしたのです。さらには、イギリス本国で開催されるプレミアリーグの公式戦に、イギリス政府が彼を招待することを検討しているという話まで出ているそうです。

 誰にでも、あこがれや希望、そして夢というものがあると思います。しかし、その大半は夢の途中であきらめてしまうのでしょう。では、夢を現実にするには何が必要なのでしょうか?それを成し遂げた人々には、ある一つの共通点があります。それは・・・
「最後まで投げださず、成功するまで続けた」
それだけですよね。それを、身をもって伝えてくれたのが、「ブー・スァン・ティエン」だったのです。

「あきらめないこと」・・・それは最も単純で最も難しいことなのかもしれません。私もそれを追求してゆきます。生徒達とともに。
           伊東本部校 岩崎 裕彦

2013年7月30日

ことわざ around the world@

 「三人寄れば文殊(もんじゅ)の知恵」ということわざを知っているでしょうか。どんなに難しい問題でも、3人集まって考えれば、よいアイデアが出てくるものだという意味です。文殊(もんじゅ)とは、文殊菩薩(もんじゅぼさつ)とのことで、知恵のシンボルである仏様だそうです。これは日本でよく使われていることわざの一つですが、実は外国でもこれと似たような言い回しが多くあります。
辞書
 例えば、インドでは「5人寄ればビシュヌ神」。ビシュヌは、インドで多く信仰されているヒンドゥー教でいちばんえらい神様の一人です。次に、中国では「大工でも3人寄れば諸葛孔明(しょかつこうめい)ほどの知恵が出る」。諸葛孔明(しょかつこうめい)は、中国の三国時代に活躍した人で、王のそばにいて政治について色々とアドバイスをしたり、戦いにおいて優れた作戦をたてたりしました。3人の大工が集まれば、諸葛孔明(しょかつこうめい)ぐらいの優れたアイデアが生まれるというものです。日本における「文殊(もんじゅ)」が、インドでは、「ビシュヌ神」、中国では「諸葛孔明(しょかつこうめい」と、知恵のシンボルがその国独自のたとえで活かされているところが非常に面白いと思いました。「所変わればことわざ変わる」ことわざを比べることによって、日本と外国との関係が見えてくかもしれませんね。
参考文献『日本と世界のおもしろことわざ』
                 下土狩校 小林 一弥

2013年7月29日

なぜ海水は塩水なの?

 暑い日が続き、海水浴場もにぎわいをみせてきました。私も幼い頃、よく海に泳ぎに行ったものでしたが、初めて海で泳いだとき、しょっぱい海水に驚いたのを今でも覚えています。では、海水はなぜ塩水なのでしょう。
海
 5億年ほど前まで、地球の内部からは,溶岩とともに,塩素などのガスや水蒸気がふき出しつづけ、そのガスの成分が雨にとけこみ,海に集まっていきました。 それによって最初のころの海は,火山ガスに多い塩素をふくむ,塩酸の海でした。その後、塩酸は周りの岩石の成分をとかしこみ,そのため岩の中のナトリウムやマグネシウムなどが海水の中にふえていきました。特にナトリウムが多く,これが塩素と結びついて食塩となりました。こうして現在のような塩からい海ができたと考えられています。
 せっかくの夏休みです。「なぜ海はプールより浮きやすいか?」「なぜ空は青いか?」など、このようなちょっとした疑問点を、とことん調べてみてはいかがですか。
                  三島本部校 杉山 寿樹

2013年7月26日

夏期特訓始まる!志望校合格へのスタートライン

 7月25・26日から三島進学ゼミナールでは、中3の夏期特訓がスタートしました。暑い、熱い夏が始まったのです。三進では夏の間に各教科できるだけ多くの単元を勉強し、9月の学力調査に備えます。そこで弾みをつけ、志望校へ一直線。「努力の分だけ未来が輝く」をモットーに、集中して授業を受け、テキストで復習をし、小テストで知識を定着させます。中3生のやる気に満ちた眼差しがホワイトボードに注がれる毎日。ド根性の精神でこの夏を乗り切り、感動の春を迎えよう!
夏期特訓風景イラスト

2013年7月26日

夢を追い続ける

 もうすぐ夏休みですね。中3生はそろそろ「志望校どこにするか。」真剣に考え始めている時期だと思います。そんな中、今から30年くらい前、進路希望調査用紙の志望校を書く欄に「第一希望 ブラジル」と書いて先生にものすごく怒られたというエピソードを持つ有名人をご存知でしょうか。
正解は…。

 カズこと三浦知良選手です。ご存知の通り、日本のサッカー界を引っ張ってきたパイオニアです。カズ選手はこの頃から、プロのサッカー選手になるという夢を本気で追いかけ、そのためには何がベストなのかを考えて行動してきたのだと思います。我々が想像する以上に辛いこともあったはずです。それでも、夢をあきらめることなく努力し、プロのサッカー選手として数々の栄光を手に入れてきました。
 みなさんは、夢を持っていますか。持っている人は、その夢を全力で追い続けてください。まだ、夢がない人も焦る必要はありません。これから見つけていけばいいのです。我々の仕事は生徒一人一人が夢を全力で追い、それが実現できるようにサポートすることだと思います。
 夢はあきらめなければきっと叶う、カズ選手が教えてくれたような気がします。
                   函南校 長津 達也

2013年7月26日

面積太郎からの挑戦状(其の六)

面積太郎からの挑戦状
みなさん、こんにちは!
一週間登場が遅くなってしまい
ごめんなさい・・・

さて、前回の
【問題9】&【問題10】と
【おまけの1問】の
解答を発表します。
面積太郎
問題9




問題10






おまけ答え
下記記のように月火水木金土の1画目の線となるため、?の□には日の1画目の線が入る。




今回は4問〔+超難問の1問〕で合計5問が挑戦状!
超難しい問題もあるので、次の解答は9月になってから発表します。
みなさんじっくり考えてみてね!〔ほんとにホントにむずかしいよ!〕
問題11

問題12
問題13
問題14
超難問
 

2013年7月19日

今年は猛暑が続く?ならば自由研究にしては・・・

 ここ数日若干気温が下がり、過ごしやすさが回復したように見えますが、8月の中旬から猛暑日が続くそうです。なんと今年は9月中旬まで猛暑が続くと予想されています。猛暑日とは、1日の最高気温が35℃以上の日をいいます。(ちなみに真夏日は最高気温が30℃以上の日、夏日は最高気温が25℃以上の日をいいます。他に、熱帯夜とは1日の最低気温が25℃以上の日をいいます)熱中症には十分気をつけて過ごしてください。冷たいものの取り過ぎも、体調を崩す原因になります。
暑い  さて、夏休みといえば「自由研究」ですね。今年は気象をテーマにしてみてはいかがでしょうか?気温や天気を観測し、その移り変わりを折れ線グラフで表し考察するのもいいと思います。1日の気温の変化をグラフにして見るのもいいですね。また、場所による気温の違いなどもテーマにできると思います。

      三島本部校 後藤信行

2013年7月18日

その一瞬のために

 例年よりも早い梅雨明けから、いよいよ本格的な夏が到来しました。
 夏を彩るものは様々ですが、花火ほどはかなくて、魅惑的なものはないと私は思います。「ヒュ〜」と細い音を立てながら夜空を一気に駆け上がり、「バ〜ン」と大きな音で花を開いたと思ったら、次の瞬間には「パチパチ」という音とともに散ってしまう・・・そこに広がる観客達の歓声とかすかに漂う火薬の香りが、私はたまらなく好きなのです。
花火
 夜空に見る花火というのは、球状の器の中に、様々な火薬を敷き詰めて作るそうですが、その際の詰め方がほんの1oでもずれると、空に上がった時には何十メートルや何百メートルものずれになってしまうそうです。ほんの1oのずれを許さない花火師の技術は、まさに職人技です。そこまで念入りに作り上げた作品だからこそ、たとえ一瞬の出来事でも、見ている私達は感動するのでしょう。そして、その一瞬に花火師はすべてをかけているのですね。
 そう考えると、私たち私塾の教師の仕事も花火師に似ています。毎年3月にやってくる高校入試。その合格発表日に生徒達は自分の受験番号を探します。見つけた瞬間・・・飛び跳ねて喜ぶ生徒、喜びのあまり号泣する生徒、友達同士で抱き合って喜ぶ生徒。喜びの形は様々ですが、その一瞬のために私たちは日々教壇に立っています。私たちだけではありません。生徒も、保護者も同じ思いで戦っているのだと思います。みんな花火師ですね。
 すべては、「その一瞬」のために。
                 伊東本部校 岩崎 裕彦

2013年7月16日

夏休みの宿題の友

 『三島アメニティ大百科』を知っていますか。三島の自然環境、歴史、文化、産業などについてまとめられた冊子です。本に載っている主な項目は、次の通りです。三島の自然環境では、湧水・富士山・溶岩、歴史では、東海道・三島大社・三島宿、産業では、農業・商業・工業について書かれています。三島について色々なことをカバーしています。では、大百科を使って一つ調べてみましょう。
勉強に勤しむ子
「ゼミナール三島本部校のある日の出町は、どうして日の出町というのか?」
その答えは、
「市街地の東端に位置し、日の出が最も早いところから付けられた。」
では、もうひとつ。「広小路町の名前の由来は?」
「江戸時代の通称地名からつけられた町名。火除け土手(ひよけどて)を千貫樋(せんがんどい)のあたりに移したことにより、道路も広くなっていて、実情をよく表している。」
 火除け土手(ひよけどて)、千貫樋(せんがんどい)・・・聞き慣れない言葉が出てきたので、もっと調べてみよう。と進んでいくわけですね。大百科を片手に夏休みの自由研究で、三島のことについて詳しく調べてみませんか。調べていく途中で出てきた分からないことを、関連する本やインターネットで更に深く調べたり、地域の方にお話をうかがったりするのもよいと思います。夏休みの宿題の友に、『三島アメニティ大百科』をぜひどうぞ。

                 下土狩校 小林 一弥

2013年7月10日

全力

 梅雨が明け、夏の気候になってきました。夏の代名詞といえばカエルが挙げられますが、最近、セミの声もよく耳にするようになりました。さて、突然ですが質問です。

『セミの寿命はどれくらいですか?』
せみ
 1週間もしくは10日間ぐらいと答える人が多いと思います。実は私も調べるまではそうだと思っていました。ところが、セミの寿命はその種類によって様々で、成虫してから1週間以上、1ヶ月近く生きるというセミがいることも最近わかったようです。また、幼虫のときは7年間も土の中にいると聞いたことがありますが、種類によっては1年間で出てくるのもいるらしいです。明確な答えはありませんが、幼虫・成虫の期間を合わせると、セミの寿命はおよそ1年〜10年といえるそうです(種類によって異なる)。

 ですが、全ての種類のセミに共通して言えることがあります。長い期間を土の中で過ごし、地上に出てからの短い期間を全力で過ごす。一回しかない夏を、悔いが残らないように全力で過ごすのです。

 一生に一度しかない中3の夏を、中体連・夏期特訓と頑張る生徒たち。夏の代名詞、セミに負けず、全力で頑張ってもらいたい。頑張る生徒たちを応援する、私達もセミに負けずに全力投球していきます。
                 伊東本部校 中村 翔

2013年7月9日

熱中症注意!

 熱中症とは、体内の水分塩分のバランスが崩れ、体温の調節機能がはたらかなくなり、吐き気、頭痛、めまい、体のだるさを感じたりする症状をともなう病です。ひどい時は、痙攣や意識を失うなどの症状もあります。本日三島では32℃を超えました。下記に予防策を書きました。くれぐれも体調管理にはご注意を!
熱中症対策イラスト 熱中症予防策
@部屋の温度をこまめに確認し
 室温28℃を超えないように、
 エアコンや扇風機を
 上手に使いましょう
Aのどが渇いたと感じたらから必ず、
 のどが渇かなくてもこまめに
 水分補給しましょう。
B外出の際は体をしめつけない
 涼しい服装で、日よけ対策も
 しておくと良いです。
C体調がすぐれない時は無理をせず、
 適度に休憩を しましょう。
D食事は欠かさず採り、
 栄養バランスの良い食事に
 心がけましょう。
E適当な運動を心がけ、
 新陳代謝に注意を払いましょう
      三島本部校 後藤信行

2013年7月8日

☆願いよ叶え☆

七夕飾り みんなで飾り付け
 昨日は七夕でしたね。皆さんは何か願い事をしましたか?

御殿場校では竹を用意して生徒みんなに願い事を書いてもらいました。
「プロサッカー選手になれますように」
「テストで学年1番、野球で全国1位」
「医者になれますように」
「次のテストで過去最高」
少し恥ずかしそうにしている生徒もいましたが、遠慮がちに書きながらも大きな目標を書いてくれていました。こちらも思わずほほが緩みます。

 大なり小なり「具体的な目標を持つ」ということは大事なことです。その目標に向かう姿勢が変わってきますから。

 こんな話を聞いたことがあります。
「棒高跳びのトップアスリートの一人に対して、自己最高記録以上を跳ぶことができれば多額の賞金を与える」という企画についての話でした。たった一つだけ条件をつけて跳んでもらったそうです。そしてその条件とは

「バー無しで跳んでください。」

という条件でした。結果はどうだったと思いますか?
そのアスリートは自己ベストと比べて約10センチも低い結果になってしまったそうです。 なぜなのでしょう?
これも「目標」というものの有無によるものではないでしょうか?すなわち、ここまで跳ばなければならないというイメージが湧かないまま跳んでしまったからではないかと考えられます。

 目標があるとその目標の達成のために、自分に足りないもの、努力をしなければいけない量などイメージが湧いてきます。それがないとただやみくもに「頑張る」で終わってしまうのではないでしょうか。生徒たちには「目標」を持って日々の日常を送ってもらいたいですね。それらの積み重ねが自身をより大きく成長をさせてくれるのだと思います。

塾生諸君!今回書いてくれた目標、みんな素晴らしいことを書いてくれていたね!それが叶うようにたくさんの努力をしていこう!こちらも全力で応援します!
                  御殿場校 江端 紘誠

2013年7月5日

面積太郎からの挑戦状(其の五)

面積太郎からの挑戦状
 

みなさん、こんにちは! なかなか「カラッ」と晴れた日が続きませんが、元気にお過ごしですか?

さて、前回の【問題7】&【問題8】の解答を発表します。
暑い面積太郎
問題7
問7




問題8
問題8




今回は次の2問が挑戦状!
気分転換!?におまけの1問も付けておきます。
では、また2週間後にお会いしましょう。
問題9
問9
問題10
問10
おまけ(面積とは全く関係ないよ
?の□には、どんな線が入るでしょうか??

2013年7月4日

到達点からの逆算

 三浦雄一郎さんが80歳にしてエベレストの頂上に立ったというニュースが世界中を驚かせました。成功の秘訣は何でしょう? 理由はいろいろあるでしょうが、わたしは三浦さん独特の逆算に大きな要因があるように思えます。予定の期日に頂上を征服するためにはそれまでに何をすればいいのか?
エベレスト
 三浦さんは登山ルートの下調べは言うに及ばず、登山行程での出来事を綿密に想定しました。そのうえで登頂予定日から逆算し、日本でするべきメニューを実行し本番に備えたのです。空気の薄い高所での環境に慣れるため『低酸素ルーム』で過ごす時間を長くしていったという例はその典型でしょう。三浦さんはいつも山頂に立っている自分をイメージしつつ訓練に励んだことでしょう。スクワット100回!などとやみくもにトレーニングして、一か八かでエベレストに挑んだのではないのです。
 この逆算を生徒のテスト勉強に当てはめたらどうでしょう? 漢字テスト前に、ただ「10回ずつ書きました」というのは感心しません。これは「やみくもトレーニング」です。「テスト勉強は完全に覚えるまで練習!」が本筋です。定期テスト直前に教科書の英文を写すというのも逆算をしていない勉強方法です。本番のテスト問題をリアルに思い浮かべて、自力で解いて高得点をマークする。そういうシミュレーションに基づいて準備してほしいものです。
登山者  さて、高校入試合格発表の日、「先生、合格しましたー!」「やったー、受かったゼー!」「超うれしい!最高っス!」その時に見せてくれる生徒たちの笑顔から逆算し、わたしは今も教壇に立っています。
   修善寺校 日下 英治

2013年7月4日

緊張を和らげるには?

 中学生は定期テストを終え、部活動の集大成である中体連(中学体育連盟)の大会に向け、練習に精を出している時期ではないでしょうか。私は中学校時代、テニス部に所属をして、やはりこの時期、東部大会出場を目指し猛練習をしていました。ただ直前の練習試合ではいい結果が出せず、もがいていたのを覚えています。最大の原因は、サーブにありました。試合になると緊張してしまい、ファーストサーブの入る確率が練習時の半分近くになってしまうのです。いろいろと悩みましたが結論は出ず、とにかく大会までの3週間、授業前の朝練、昼休みの昼連、夕方の部活動と、空いている時間をすべて練習に注ぎました。
 試合当日、不安な気持ちをひきずりながらコートに立ちましたが、不思議なことにすごく冷静な自分がそこにいたのです。狙ったところにサーブが入ります。結果は優勝。猛特訓をしたとはいえ、たかだか3週間です。技術的な進歩はあまりなかったでしょう。それにもかかわらず、サーブの確立があがったのは、誰よりも練習したという自信が緊張を和らげてくれたからでしょう。
 中3生は、中体連が終了すると、いよいよ本格的な受験勉強が始まります。入試当日はかつてない緊張感を味わうことになるでしょう。そのとき心の支えになるのが、誰よりも勉強したという自信です。その自信を三進生は夏期の100時間特訓と夏期合宿で培ってもらいたいと思います。
   三島本部校 杉山 寿樹
テニス

2013年7月1日

中3進学説明会開催

 6月29日の夜、中3生の保護者を対象とした進学説明会を開催いたしました。
 写真をご覧ください!この会には200名ほどの函南校中3生の保護者が参加してくださいました。
 受験への意識の高さを感じるとともに、子供たちのことを思う気持ちの大きさに我々も改めて身の引き締まる思いになりました。この期待にそえるよう、夏期特訓・夏期合宿と全力で応援していきます。
                    函南校 宮崎 克彦
中3進学説明会写真

2013年6月29日

もうすぐ七夕!

 7月7日は、日本人なら誰もが知っている「七夕」です。
 古くは、「七夕」を「棚機(たなばた)」や「棚幡」と表記したそうです。これは、そもそも七夕というのがお盆行事の一環でもあり、精霊棚とその幡を安置するのが7日の夕方であることから7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と発音するようになったとも言われています。
七夕
 七夕と言えば、あの有名な七夕伝説がありますね。七夕は、1年に1度、おり姫星とひこ星が天の川を渡って会うことをゆるされた特別な日。お互いが「会いたい」と願い、その願いが叶えられる・・・そういうところから、七夕の時期になると短冊に願いを書いて笹に飾るという風習が生まれたのでしょう。
 そこで先日、伊東本部校でも、校舎の玄関に笹を置きました。子どもたちがこぞって楽しそうに短冊に願い事を書いて飾っている様子を見て、何だか微笑ましい気持ちになりました。「成績を上げたい」「バレーボールの選手になりたい」「金持ちになりたい」、中には、「世界征服」と書いた生徒もいました(笑)
 私の願い事は?それはもちろん・・・
 「自分達の生徒全員が、行きたい高校に合格すること」 です。でもこれは1日で叶えられるものではありません。そして受験は、毎年繰り返されます。ということは・・・私の心は、いつだって七夕なのです(笑)
 あなたの願い事は何ですか?
                 伊東本部校 岩崎 裕彦

2013年6月28日

イカの数え方

 小学生の授業中に数え方の話になりました。そのとき、なぜイカは1杯、2杯と数えるのだろうかという話になり、調べてみると、イカの数え方の由来には、いくつかの説があるようです。その中の一つを紹介します。
いか
 飲み物を数えるときに、1杯、2杯と数えます。「杯」は飲み物を入れる容器を表しています。イカの胴体も同じような形になっています。そこから「杯」で数えるようになったと言われています。調べていて驚いたのですが、生きているときには1匹、2匹と数えるようです。商品になると、1杯、2杯と数えるとのことでした。カニ・タコ・アワビなども同じように数えるようです。
 その他にも、ウサギ・タンスなど、不思議な数え方をするものはたくさんありますね。いろいろ調べて見ると面白いですよ。

                  裾野校 原 哲也

2013年6月28日

夏期特訓

 後一ヶ月もすると、本格的な夏になります。
 連日に渡る雨は、その夏への備えとも言えますね。中学3年生も、受験への備えをする季節が近づいてきました。三島進学ゼミナール伝統の『夏期特訓』。私も三進の卒業生ですので、この『夏期特訓』がとても重要で、どれほど有意義なものなのかを知っています。
夏空
 当時は、午前中から塾に行き、弁当を食べて午後も勉強。この繰り返しを半月以上。今まで夏休みが1ヶ月間の連休だった生徒たちにとって、初めて体験する夏休みになります。しかし、当時の私はあまり大変だとは感じませんでした。というのは、それをしているのが自分だけではないからです。周りにいる友人たちが、机に向かって勉強している。その姿を見ていると、私も無性に『やらなければ!』という気持ちが湧き上がってきたのです。家で一人勉強するだけでは、このようなことは思えなかったと思います。友人たちと毎日目標に向け努力しました。一生懸命過ごした夏のおかげで、私は志望した高校に受かることが出来ました。
 さらに、高校に合格するだけではなく、この体験が私を大きく変えてくれたと思っています。勉強を好きな人はなかなかいません。正直、私もあまり好きではありませんでした(笑)。ですが、【何かに本気で打ち込む】ことを体験できるということ。【あの時にやりきった】という自信。この二つは、私の辛い時の支えとなってくれました。まさに『ド根性精神』なのです。今年の生徒たちにも、この『ド根性』を早く知ってもらいたい。太陽なんかに負けず、輝け!三進の生徒たち!
                 伊東本部校 中村 翔

2013年6月25日

恵みの雨?

 沖縄では早々に梅雨明けが発表されましたが、こちらはまだまだ雨続き。そろそろ太陽が恋しいところではありますが…。雨と言えば、中西保志さんの「最後の雨」を思いだします。私の大好きな曲の一つです。そんなことは聞いていないと言う声が聞こえてきそうですね(笑)

 さて突然ですが雨にまつわる問題です。
 あなたは次の漢字が読めますか?
「俄雨」
雨合羽
 読めましたか?答えは「にわかあめ」です。いきなり降りだしたと思ったらすぐやんだりする一過性の雨のことです。調べてみると、他にも通り雨であったり、夕立、狐の嫁入り、天照雨(さばえ)、驟雨(しゅうう)、わたくし雨、いきなり降って肘(ひじ)でかさの役目をしなければならないから肘かさ雨など、地域性や季節により、多少のニュアンスの違いはあれども、いろいろな呼び名があるんですね。それだけ人の生活の一部として親しまれてきたということでもあるのでしょう。

 子供たちの気分も俄雨…でしょうか(笑)いろんなことに一喜一憂し、浮き沈みも激しい時期かもしれません。でもそんな生徒たちの様々に変わる表情を見るのは楽しいものです。感情を素直に出せることもまた彼らの特権なのかもしれないですね。

 西洋では、雨は「悲しい」ものとして、反対にアフリカや中東のような雨の少ない地域では、雨は「楽しい」「喜ばしい」こととして捉えられることが多く、歓迎されるのだそうです。
あじさい  雨に限らず、ありとあらゆることは、ある人にとっては「良いこと」またある人にとっては「悪いこと」として捉えられます。結局は人の心がそれを決めるということなのでしょうね。せっかく生きているならばいろんなことを「良いこと」と捉えて生きていける人でありたいと思います。今日も「恵みの雨」に感謝をしながら一日を過ごそうと思います。
      御殿場校 江端 紘誠

2013年6月21日

Ready Go! 離れていても…

白砂バンド写真
 今回は、高校からの友人のお話を少しさせて頂きます。彼は、今、プロのミュージシャンとして活躍しています。
「Sissy(シシー)」
 ドラムとして活躍する彼は、高校の頃にドラムを始め、今やプロです。一緒にバンドを組んでいた頃が嘘のようです。
 ドラムの彼は、人間的にすごくいい奴です。
 こんな事がありました。ある事をきっかけに、私は周囲から誤解されてしまいました。しかし、陰口を言われる中で、彼だけはいつも私の味方をしてくれただけではなく、周囲に私をかばう発言をたくさんしてくれていたそうです。辛い日々を送っていた私にとって、涙を流して感謝する出来事でした。彼がいたからこそ、高校生活が充実したものになったと思います。
 だから、今でも心から信頼でき、自慢できる最高の仲間、同志です。同志とは、志を同じくすることだと辞書に書いてあります。とはいっても私は、ミュージシャンを夢見ているわけではありません。しかし、志は同じです。
 それは、「夢」の実現です。
 私は、教育という観点から「夢」を追いかけ、彼は、ミュージシャンという観点から「夢」を追いかけ、たくさんの人々に「夢」を語っています。これからも、お互いが自分の「夢」の実現のため、切磋琢磨していくことでしょう。
 一度Sissyの歌を聴いてみてください。つらいとき、うれしいときあなたの心の支えになってくれるはずです。
 Ready Go!(第13回しずおか市町対抗駅伝の公式テーマソング)という彼らのデビュー曲の歌詞を一部掲載させていただきます。

♪転んで傷つきまた起き上がれば 新しい景色が広がるから
♪夢のカケラ 掴み損ねたって何度もかき集めて
  雨の朝も風の夜も越えて行くのさ
♪隣歩く人 前を走る人 進む速さはそれぞれだから
  誰かと比べて何落ち込んでたの? 弱気な自分はもう卒業さ
♪不安蹴飛ばせ 迷い振り切れ 高い壁の向こうに光差した
  昨日の痛みから見えてくるミチシルベ
  過去と現在(いま)と未来(あす)が真っ直ぐ繋がってく
♪何もない場所に 足跡つけて 一歩一歩! 前に前に!
♪孤独 矛盾 涙の日々 全て全てプラスにして
  雨の朝も風の夜も越えて行くのさ もっともっと遠くへ
 高校とは、新たな仲間と出会い、切磋琢磨し、お互いに成長できる場です。
 私は、生徒のみんなに自分が輝ける場を受験という関門を突破し、掴み取ってほしいと「夢」見ています。
 そして、みんなが「夢」を叶えてくれたら最高です。

 これからも、1人1人の生徒の「夢」の実現ため、全力で応援させて頂きます。
                  沼津本部校 白砂 晋平

2013年6月21日

面積太郎からの挑戦状(其の四)

面積太郎からの挑戦状
 みなさん、こんにちは! 最近、雨の日が続いていますが、元気に過ごしていますかい?
(ちなみに私「面積太郎」は元気だけが取り柄なので、『元気モリモリ』!)
さて、前回の【問題5】&【問題6】の解答を発表します。
面積太郎4
問題5
問5問題

答え
答え
問題6
問6問題
答え
答え
さてさて、今回は次の2問が挑戦状!(答えは2週間後にお伝えします!!)
1つ1つをていねいに計算し、頑張ってチャレンジして下さいね。
問題7
問7問題
問題8
問8問題

2013年6月17日

生徒達よ、ありがとう

 先日、中2国語の授業で「クリスマスの仕事」という単元にふれました。それは、こんな話でした。

 クリスマスイブ・・・フォルクローレという南米の民族音楽を奏でる二人の音楽家が、浜松の、とある病院に招かれます。聴衆は、そこに入院されている患者さんたち。皆さん寝たきりの方々です。目も見えない、耳も聞こえない、体を動かすこともできない・・・そう言われている方々です。その中に、元フルート奏者のマリコさんがいます。彼女は笛の音にだけは反応するのです。二人の音楽が奏でられます。そして全ての曲の演奏が終わったその時です。マリコさんの目から、一粒にも満たない小さな涙がこぼれ落ちます。
フルート
 この物語文の中にあった一節です。
 『きっと、このセント‐マリア病院に働くみんなにとって、マリコさんの一粒にも満たない涙が、最高のクリスマスプレゼントなんだな、って思えた。おもしろいよな、人生って。与えてる人たちが、実は与えられてるんだな。』

 ここでは、治療や看病をしている側の人々が、患者さんから希望を与えられている喜びが描かれています。この物語を読んで私は、「自分も同じだなぁ」と思い、その瞬間、心の奥底からこみ上げてくるものを感じずにはいられませんでした。私は、普段の授業の中で生徒達に、「頑張れ!」「負けるな!」「あきらめるな!」「転んでも必ず立ち上がれ!」「自分を信じろ!」・・・と一生懸命に息吹をかけます。しかし、その私の言葉を信じ、ひたむきに頑張る生徒達の姿を見ながら自分も「新たな勇気」をもらっているのですね。
 生徒達よ、ありがとう。

                 伊東本部校 岩崎 裕彦

2013年6月13日

川よ とわに美しく

 雨のにおいがするこの季節。思い出すのは、高校時代の合唱祭です。高校生活最後の学年で挑んだ曲が、「川よ とわに美しく」でした。歌の題材は広島の太田川で、原爆投下後、潤いを取り戻していく川の様子が描かれています。曲の中では、印象的なソロパートがあり、他にも、男性パートの連続する高音、不規則なリズムが曲の構成を支えています。この歌の歌詞は難解で、詩を最大限に理解しなければ表現できません。歌唱の際には、表現力が強く求められます。詩の内容理解については、かつて広島を訪れたこともあって、歌の情景をスムーズに想像することができました。時が止まった原爆ドーム、連綿と流れを刻む川、静寂が漂う平和記念公園。戦争が終わって52年(1997年当時)が経過しても、終わっていない、決して終わらせてはいけない時間がそこには流れていました。
 当時の広島の様子を合唱で表現することは、とても難しいものでした。そのため、練習も困難を極め、回を重ねました。市内の公民館で夜9時まで、その後、市内の公園で夜遅く・・・、翌日朝の7時50分にはクラス全員が学校に終結するほどの熱の入れようでした。
 そして、当日を迎えました。
 「ふたたびすばやくよみがえったもの それはデルタをつらぬく川だった」(歌いだし)  
初めが勝負。イケた!と思った瞬間です。自己満足ではありますが、練習の成果は出せたと思います。大学の受験勉強も並行していたので、忙しくも充実した毎日でした。
 皆さんも、今、この時を大切にしてほしいと思います。

「何かひとつ夢中になれるものを、いま、あなたは持っていますか。」
原爆ドーム

下土狩校 小林 一弥

2013年6月13日

大学ってこんなところ

 みなさんは大学への進学を考えていますか。生徒たちの多くが、今は目の前にある高校入試で志望校に合格することだけで、頭の中が一杯だと思います。しかし、高校卒業後は、就職、専門学校や短大、大学への進学など多くの選択肢の中から、自分の進路を選ばないといけません。そこで、今回は私自身が選んだ"大学への進学"の経験をもとに、みなさんに少しご紹介します。

 私が考える、大学において小中高の時と大きく違う点は時間割です。早速ですが、まずは私が大学1年生だった時の時間割を見てください。
  大学時間割
 どうでしょうか? 色々な点に気付いたことと思います。
 多くの人がまず目をつけたのが、時間割が空白だらけ???ということではないでしょうか。大学では基本的に自分の時間割は自分で考えて組むことができます。小中高のように朝のホームルームから始まり、決められた授業を受けて、夕方のホームルームで終わるという事はありません。時間割で空白になっている部分は、授業が無いのです。空いている時間は、家に帰っても良いし、友達と喋ったり、食堂でご飯を食べたり、図書館で本を読んだりと何をしても自由です。

 私は文系の学部で、英語と国際関係を専門に学んでいます。1年生の時は英語が週に4回もありました。大学では1回の授業が90分間と長いので、私は週に360分(6時間)も英語の授業を受けていたことになりますね。しかし、英語は好きな科目なので毎回の授業が楽しみでした。
 学年が進むと、ゼミ(理系であれば研究室)と呼ばれるものに入って、同じ分野に興味がある仲間と一緒に専門の教授の下で一緒に勉強ができる機会もあります。このように好きな分野を深く学び、知識をつけられるというのが、大学の特徴だと思います。

 大学での4年間は人生に大きな影響を及ぼすと言われています。自由な時間が多い分、ぼーっと過ごしていては何にも得られません。みなさんも大学へ進学することがあれば、4年間を有意義に活用して、いろいろな事にチャレンジしてみて下さい。
             函南校チューター 米崎 航輝

2013年6月12日

一期一会

 私ごとですが、つい先日、近所に住むあるご家族が、ご主人の仕事の都合により京都に転居されました。家族ぐるみのお付き合いをさせていただいていただけに、非常な寂しさを感じてしまったのが正直なところです。
 人生は、出会いと別れの繰り返しです。そして、その日・その時・その場所で・その人と時間を共有できるのも、その一瞬だけなのです。「一期一会」という言葉には、そういう意味も込められているのでは・・・そんなことを思いました。
魂
 そう考えると、自分達の仕事も同じです。その日・そのクラス・その単元の授業は、その時たった1回だけです。生徒達の顔ぶれや心持ちなども、毎回同じということはありません。だからこそ、私達は毎回の授業に自分の魂を込めて全力で臨まなければいけないのです。
 さあ、今日も明日も明後日も、魂込めて教壇に立ちます。子どもたちの輝かしい未来のために。
                 伊東本部校 岩崎 裕彦

2013年6月11日

芽が出ました!

 中1クラスでは先日、理科の授業のなかで、「植物の葉のつくりとはたらき」を学習しました。そこで被子植物は2種類に分類されることを確認しました。双子葉類と単子葉類です。双子葉類の葉は網状脈で、その名の通り、種をまくと二葉の子葉が出てきます。単子葉類は平行脈で、1枚の子葉が出てきます。生徒たちにはこれらの用語をしっかりと覚えてほしいです。しかし、たくさんの用語をただ覚えるのはたいへんですね。記憶するときに、頭の中に映像が浮かぶと覚えやすいです。
 そこで、自分で植物を育ててみるのはどうでしょうか。
 わたしはここ何年か毎年自宅で枝豆を育てていますが、先週まいた種からやっと芽が出てきました。小さな二葉がピョコっと土の中から顔を出していてとてもかわいいです。そして葉脈は確かに網目状になっています。
 みなさんも、自分で種をまいてみませんか?自分の目で確認すると教科書の理解がより深まり、また新たな発見があるはずです。

 ちなみに枝豆は今から種をまいても間に合いますよ。自分で育てた枝豆を食べるのは格別です。わが家の枝豆もこのままぐんぐん成長し、たくさん房がなってくれると嬉しいです。
                  修善寺校 鏡 真仁
枝豆写真
これは枝豆。二葉が見えますか?
トウモロコシ
こちらは塩川先生がまいた、修善寺校のトウモロコシ。子葉が1枚です。

2013年6月10日

「毒」って見ると…

 先日、車を運転していると「毒」の字を背に走るトラックが目の前に現れました。ふと脳裏をよぎったのは「このタンクが爆発したら自分もただではすまないだろうなぁ」ということ。それと同時に、「このトラックの運転手さんは、常にその危険と隣り合わせで働いているのかぁ」と思いました。危険を承知の上で、それを必要としている人のところへ運んでいるのです。何だか「ありがたいなぁ」という感謝の気持ちでいっぱいになりました。 毒トラック
 社会の中には様々な仕事があり、それぞれが大切な役割を担っています。どんな仕事にも責任があり、欠かすことのできないものです。そして、それぞれがそれぞれの仕事をしっかりと行うことで社会全体がうまく回っていきます。それはまるで、たくさんの歯車がかみ合って、正確な時を刻む機械仕掛けの時計のようです。
時計
 中3生は進路を決めていく中で、様々な道を模索しているところかもしれません。どんな職業でも苦労とやりがいがあります。自分に合った道を探してみてください。我々も全力でサポートするので、いつでも相談してくださいね!

               御殿場校 栗原 大輔

2013年6月8日

面積太郎からの挑戦状(其の三)

面積太郎からの挑戦状
 みなさん、こんにちは!

先週出した問題は解けましたか?
それでは先週の【問題3】&【問題4】の解答を発表します。
【問題3】のAの長さは4pなんだけど、図的に右の4pより長く見えますね。(ごめんなさい・・・)

前回の答え
面積太郎
問3
問3
問3
問4
問4


問4
 納得できたかな?
さて、今回は面積を利用して辺の長さを求める問題2問が挑戦状!
(答えは2週間後にお伝えします!!)

問5問5
問6問6

2013年6月7日

プラスα

 最近、授業が終わった後に生徒から質問を受けました。
 「先生!速く走るコツを教えてください!」
 授業の質問ではありませんでした(笑)その生徒は陸上部に入っており、週末に初めての大会があるそうです。「少しでも自分の記録を伸ばしたい」という想いが伝わってきました。私も中学生の時には陸上部で、毎日毎日飽きることなく走り続けていました。私は長距離に力を注いでおりましたが、その時に顧問の先生からいただいた言葉があります。
 「練習が終わった後に走るんだ、他の子よりも1メートルでも多く。そしてそれを一日で終わらせないこと、出来れば毎日続けなさい」
私は出来る限り毎日、近くの公園を走り続けました。その甲斐あって、中3の最後の大会では県大会まで出場することが出来ました。
 同じことをやっていては、差が生まれることはありません。ほんの少しでもいいのです。その『プラスα』が、良い結果に繋がるのです。運動も勉強も、何事においても。学校だけでなく、塾でも勉強をする。『プラスα』に全力で取り組む我が校舎の生徒達が、私にはとても眩しく見えます。さぁ、今日も『プラスα』、頑張ろう!努力をした分だけ、未来は輝くのだから!
     伊東本部校 中村 翔
ランニング

2013年6月7日

可能性は無限大

 先日、サッカー日本代表が、来年に行われるブラジルワールドカップ出場を決めましたね。最後の最後の同点ゴールに歓喜してしまいました。そして、勝負に限らず何事も最後まであきらめてはいけないということを感じました。そんなこともあり、今日は地元静岡出身の代表選手、長谷部誠選手について話をしようと思います。
 日本代表のキャプテンを務め誰もが知る長谷部選手ですが、高校時代は普通の選手で特に目立った選手ではなかったそうです。プロになるきっかけも、プロのスカウトの方が1学年下の後輩の視察に来ていたところに偶然、長谷部選手の動きが目に留まったからだそうです。プロになることを決めたときも周囲から反対されたそうです。しかし、今現在、長谷部選手は日本代表に欠かせない選手になりました。なぜここまでの選手になれたのでしょうか。
日本代表
 それは、きっと自分の可能性を信じて、いつチャンスが訪れてもいいように日頃からしっかりと準備していたからではないでしょうか。人間、自分で「これは無理」だとか「絶対に出来ない」と限界を決めるのは簡単です。しかし、そういうところにはきっとチャンスも訪れないのではないでしょうか。私たちも自分で限界を決めるのではなく、いつチャンスが来てもいいように日頃から準備しておくことが大切です。生徒たちの可能性はまさに無限大です。生徒たち一人一人がいつの日か大きな成功を手にできるように全力で生徒たちをサポートしていきます!
                  函南校 長津 達也

2013年6月6日

本格的な夏はまだまだ先ですが…

 先日、「サッカーの試合中に熱中症で倒れてしまったので塾を欠席する」とある保護者の方から連絡をいただきました。大事には至らず安心しましたが、本格的に暑くなる前のこの時期でも熱中症になることがあるそうですね。 熱い日
 調べてみると、屋外・屋内問わず、高温多湿の環境で起こることが多く、スポーツや激しい活動中では、体内の筋肉から大量の熱が発生するため、脱水などの影響で、寒い環境の中でも発生するケースもあるようです。 湿度が高くなってくると、気づかないうちにもたくさん汗をかきます。運動時以外にもこまめに水分補給をしていきましょう。また、運動時には塩分も補給するといいそうです。
 中学生のみなさんにとっては、これから部活もハードになります。また期末テストもひかえています。ますます暑くなり、体力的にも厳しい時期が続きますが体調管理をしっかりして乗り越えていきましょう。
                  沼津本部校 風間 貴文

2013年6月5日

ココロと向き合う@

 中学生の皆さん、6月は定期テストのある中学校がほとんどですね。そこで、一つ質問です。
 「テスト勉強を始めると、自分の部屋の掃除や、本棚の整理をしたくなったことがある人?」ハイ、頭の中で手を挙げてみましょう。ほぼ100%の人が手を挙げたのではないでしょうか?かくいう私も、手を挙げた内の一人です(笑)でも、これってなぜなんでしょうか?
勉強
 これは「逃避」とか「現実逃避」という行動です(笑)聞いたことはありますよね?「勉強したくないな〜。でも、さすがにゲームするのはマズいよな〜。そうだ、部屋の掃除は自分のためになることだから、した方がいいのでは?部屋がスッキリすれば勉強にも集中できるし、いいことづくめじゃん?」と自分の行為を正当化し、勉強から巧妙に逃げるわけです。人のココロはよくできていますね〜。

 しかし!それを良しとしてしまっては、皆さんの力はつきません。ココロのメカニズムを理解した上で、一つ上の自分を目指していきましょう!例えば今回の「逃避」なら、次のような対応が可能です。

@自己正当化しつつ逃げようとしていることを自覚し、
 逃げずに立ち向かう

A「逃避」を防ぐため、
 部屋の中や机周りは普段から整頓された状態にしておく

B気になるものは、布や新聞紙などで一旦隠し、
 目に入らないようにしておくなど。


 人のココロは、バランスをとるために様々なことを行おうとします。それをあらかじめ理解した上で、バランスを崩して転んでしまうのを避けたり、より上手なバランスの取り方を身につけたりできるようになると良いですね。

                裾野校 太田 泰弘

2013年6月5日

「ありがとう」

 6月4日、2014FIFAワールドカップ ブラジル アジア地区最終予選「日本VSオーストラリア」が開催されました。結果は、誰もが知っている通り、1−1の引き分けで、日本がワールドカップ5大会連続出場を決めました。
 それは、日本人として非常に喜ばしく、誇らしい出来事ですが、私にはそのこと以上に印象に残ったことがあります。それは・・・
 試合終了後、本田選手を皮切りに、何人もの選手がインタビューを受けていました。その中で、長友佑都選手は言った言葉です。
日本代表ユニフォームイラスト
 「僕らのユニフォームを毎日洗ってくれた人達や、
   いつもマッサージをしてくれた人たちにも感謝したい」


 きっと、これを聞いたご本人達は涙を流して喜びをかみしめたことでしょう。決して表舞台には出てこない人々・・・世間は彼らのことを「陰の功労者」と呼ぶのかもしれません。しかし、長友選手の中では違っていたのですね。今回の快挙に関わる全ての人が皆、それぞれの形で表舞台に立ち、第一線で戦っていたのですね。その全ての方々に敬意を表し、感謝の気持ちを忘れずに戦い続けてきた姿に、私は胸が熱くなりました。
 「自分もそうありたい」そして、「自分が関わる子どもたちにもそんな大人になって欲しい」と願わずにはいられませんでした。
                 伊東本部校 岩崎 裕彦

2013年6月5日

狩野川のアユ釣り解禁

 修善寺校のそばには狩野川が流れています。6月に入り、アユを追う釣り人の姿が目立ち始めています。全国的に人気が高い「アユの友釣り」発祥の地はこの狩野川だとされています。
 「アユの友釣り」とは、縄張りを作るアユの習性を利用し、おとりのアユを使って、ねらいのアユを専用の針で引っ掛けるという釣法です。
鮎
 サケは、川の上流で生まれた稚魚が川を下って海で成長し、成魚になってから生まれた川に戻り産卵します。が、逆にアユは河口で生まれた稚魚が冬の間は沿岸で過ごし、春に川をさかのぼり、石に着いた藻を食べながら大きくなります。川と海とを往復する習性をもつ魚も、種類によって成長の場が違うというのはたいへん興味深いですね。
 まだ小ぶりなアユですが、これから秋までどんどん成長するようです。若鮎のようにはつらつとした生徒のみなさんにとって、三進が成長の良き場になればと願う今日この頃です。
                    修善寺校 日下 英治

2013年6月5日

感動こそ成長の糧 〜三進の教室の中から〜

 今日の小6国語で「感動する脳」の勉強をしました。みなさんは、どんなときに感動していますか?
ハート
 「わかる感動」「できる感動」を伝えたい。これが教師の本分だと私は考えています。日々の勉強は新しい発見の毎日であるはずですが、どうしても「勉強」と聞くと「面倒くさい」とマイナスのイメージをもってしまいがちです。そのマイナスのイメージが成長を阻んでいるのです。授業でも家庭学習でも、積極的に参加・行動してみてください。そして新しい発見をするのです。そこに感動が生まれたとき、人は大きく成長するのです。1日が終わったら、次のように反省してみてください。「今日は何を知ったのか、覚えたのか、何をできるようにしたのか」と。そこで1つでも頭に残っていたら、それは大きな価値だと思います。
 また、小説・映画・絵画鑑賞・スポーツ観賞・・・などなど。時には、一流と呼ばれる芸術や文化などにふれてみることもいいと思います。そこでの感動は、皆さんの感性を磨き、人生の指針となってくれることもあるかもしれません。
 さて、明日も何か感動を求めて三進の教室に来てください。という私も何か感動を求めて今日も教壇に立っています。
                三島本部校 後藤 信行

2013年6月4日

6月の代名詞といえば…

 梅雨に入り、カエルの鳴き声もだんだんと大きくなってきましたね。
 6月を代表とする生き物と言えば、やはり「カエル」の印象が強くありますが、実は他にも6月を代表とする生き物がいます。
 夜の闇を照らす神秘的な昆虫・・・そう、「ホタル」です。
 夏のイメージが強い生き物ですが、静岡県内では6月の初旬から見ることができます。
ホタル
 では、ホタルは何の為に光っているのか、みなさん知っていますか?  実は、光っているのを見ることができるのはほとんどオスのホタルだけなのです。 メスは草のかげからオスが光るのを見て、自分の位置を知らせるかのようにかすかに光るのです。
 ホタルの光は、オスとメスが出会うためのコミュニケーションの道具だったのです。

 ここで、ホタルのとてもユニークな習性を紹介します。
様々な生き物は、自分の遺伝子を残すために様々な手段を使い、オスがメスにアピールをします。カニのようにハサミがとても大きかったり、クジャクのように羽がとても鮮やかだったり、時にはオス同士で激しく争ったりしながら、選ばれた者がメスと結ばれます。
 しかし、ホタルのオスたちはまずはメスを探さなければなりません。そのためには、争うことをせず、オス同士は光るタイミングを合わせることで、強い光りを放ち、集団でメスにアピールするのです。その中で運よくメスを見つけられたオスが繁殖行動に入ります。
 ホタルは個々の遺伝子を残すことではなく、絶滅しないよう数多くの子孫を残すために集団での手段を選んだのでした。

 今までホタルを見たことのある方もいらっしゃると思いますが、ホタルの気持ちになって観察してみるとまた一味違った感じを受けるのではないでしょうか。

    三島本部校 手塚亨

2013年6月4日

村上春樹−文学と音楽の交流−

 村上春樹さんの作品には、「ノルウェイの森」に代表されるように、しばしば音楽が登場します。「ノルウェイの森」では、ビートルズのポップなサウンドの様子が文中で紹介され、それが、青春時代のほろ苦さを演出する役割を担っています。 グランドピアノ
 4月12日に発売された新刊では、「巡礼の年」という曲が登場します。「巡礼の年」は、フランツ・リストのピアノ曲で、1集「スイス」、2集「イタリア」など4集から成っており、なかでも、物語の核となるのが、1集「スイス」より「ル・マル・デュ・ペイ(郷愁)」です。物語後半部、主人公がフィンランドに旧友を訪ねる場面で、この曲が登場します。ページをめくりながら、その哀愁ただよう旋律が流れ始めると、ストーリーの厚みが増し、物語の核となる場面を盛りたてています。実際には、その音は流れていませんが、文中に効果的に挿入されることで、読んでいる側の想像力をかきたて、映像的な効果をうみだしています。文学と音楽の交流、想像力で両方を楽しめてしまう作品、それが村上春樹さんの作品です。大人の心の揺らぎをテーマとしているので、少し難しいところもあるかもしれませんが、一度チャレンジしてみるのも面白いと思います。難しい本に挑戦することによって、自分の世界が広がっていくかもしれません。

                 下土狩校 小林 一弥

2013年6月3日

様々な進化

梅雨に入り、日々の暑さが増していく中、街行く人々の服装が涼しげになっていると思う今日この頃です。そんな中、本日の静岡新聞でこのような記事を見ました。『動物たちも衣替え富士サファリパーク』。私たち人間だけでなく、動物たちも夏に向けて準備している…なんてことをふと考えました。様々な環境に適応することで、我々人間や他の生物は進化し、生きていることを実感しました。そして…『あの生物はどんな進化をしたんだ?』とふと気になることがありました。 なまけもの
 生存競争に勝ち、生き残っているのが今地球上にいる生物です。私が気になった生物とは、『なまけもの』です。調べてみると…その名前の由来通り、なまけものはろくに動きません。生涯の殆どを木の上で過ごし、食事をする場面すら発見できないことから、ヨーロッパでは、『風から栄養を取っている』と考えられていたそうです。いかにエネルギーを使わずに生きていくかを追求し、基礎代謝量を極限まで減らした生物なのです。(一日に10グラム以下の食事で生存できる)また、木の上で生活するため、陸上生物からは殆ど狙われず、天敵はオウギワシぐらいだそうです。では、天敵から狙われたらどうするか?…自分でも調べていて驚きましたが、全身を脱力させ、あまり痛みを感じないようにするだけだそうです。まるで、悟りを開いた仙人のような生き物ですね。
 日常生活の中で、ふと疑問に思ったことを調べるだけでこのような発見がありました。色々なことに興味を持ち、子供たちには多種多様な知識を身に付けて欲しいと、改めて実感しました。知らないことを知るのは面白いですよね。我々教師も、知的欲求を常に意識して日々邁進していきます。
                 伊東本部校 中村 翔

2013年6月3日

「血液はなぜ赤い?」〜三進の教室の中から〜

 国語の授業で扱った説明文の中で、「血液はなぜ赤いか?」という話題がありました。理由は、血液中の赤血球の中に含まれている「ヘモグロビン」という成分が赤いからです。
 では、その「ヘモグロビン」は、どのような働きをしているのでしょうか。
 人間が生きていくためには、空気の中の酸素が必要です。酸素は呼吸によって肺に採り入れ、体内に入っていきます。 そして、この酸素を末梢の組織に運び放出するのが血液の仕事です。ここで、ヘモグロビンが重要な働きをしています。ヘモグロビンには、酸素が豊富なところでは酸素と結合し、酸素が乏しいところでは酸素を放出する性質があります。ですから、ヘモグロビンは、肺で採り入れられた豊富な酸素と結び付き、血流に乗って体の隅々にある細胞に酸素を届けてあげることができるのです。一見、江戸時代の大泥棒「ねずみ小僧」に似ていませんか。金に困った貧しい者(細胞)に、汚職大名や悪徳商家から盗んだ金銭(酸素)を分け与えてやる。どうでしょう?
 ヘモグロビンのようないいやつによって、人間の体は成り立っているのですね。我々も縁の下の力持ちとして、生徒達を支え続けていきます。

    三島本部校 杉山 寿樹
赤血球

2013年5月31日

思い出せば・・・夏

 いよいよ梅雨に入りました。梅雨が明けると夏本番です。夏が近づくといつも思い出すのは、「空から照りつける太陽」、「遠くに聞こえるセミの声」、「どこからともなく聞こえる風鈴」、「大学時代の青春」、「とことん勉強した高3の夏」そして・・・ 風鈴
 中3の夏休み、私は数学の勉強に明け暮れていました。中1の時に得意教科だったはずの数学は、油断と気の緩みから、中2の時に苦手教科になってしまいました。しかし、その現実を直視しないまま中3になり、気付いたら、どこが分からないかも分からない状態になっていました。
 そんな中で迎えた中3の夏。一念発起し、3冊ほどの問題集を用意し、徹底的にやりこみました。間違えた問題に印をつけ、何度も何度も復習しました。その解法が瞬時に頭に浮かびあがってくるまで。その甲斐あって、数学に対する苦手意識は消えてゆきました。ただ、その分、理科や社会の勉強で9月以降は大変でしたが・・・今振り返ってみれば、その全てがいい思い出です。全力で駆け抜けた夏。何か大きなものをつかんだのは確かです。
 さあ、いよいよ受験の天王山です。今年の中3生にも、全力で駆け抜けて欲しいと思います。そして、新しい生徒にも出会えるはず。中3夏期特訓。何だかワクワクします。
                 伊東本部校 岩崎 裕彦

2013年5月31日

面積太郎からの挑戦状(其の二)

面積太郎からの挑戦状
  みなさん、こんにちは!
先週出した問題は解けましたか?
それでは先週の【問題1】&【問題2】の解答を発表します。
大好物なんで教えちゃうけど、@→A→Bのように1つずつていねいに求めながら、分かった部分は図に書き込んでいくといいよ!


前回の答え
面積太郎


答え

 納得できたかな?
 さて、今日は新たにまた2問!(答えはまた来週お伝えします!!)


問題1
問題2

   沼津本部校 面積太郎

2013年5月30日

若かりし頃の夢@

 生徒の皆さん、将来就きたい職業はありますか?

 私が中学生の頃なりたかったのは「考古学者」でした。理由は、当時流行っていた「インディージョーンズ」を見て世界各地の遺跡を調査しながら謎を解明していく姿にカッコよさを感じたからです。ジョーンズ博士のようにエジプト、ネパール、パキスタン・・・世界各地を色々行ってみたいな〜と思いました。
ピラミッドとスフィンクス
 考古学者になるためには大学で歴史を学ばなければならないということを中3の受験直後に知りました。

 そして、高校入学後は、歴史学科にいくための勉強をしました。しかし、ジョーンズ博士のようになるための体力強化も必要と考え、部活動もしていました。無事、大学の史学科に入学。世界各地を回るためのサバイバル技術を習得するために山岳部に同時に入部・・・・

 今現在、目指していた考古学者にはなっていません。しかし、考古学者を目指していたからこそ、今の仕事についていると思います。生徒の皆さん、目標を具体的に持ってください。その瞬間から君たちの人生は現実味を持ちますよ!
                    香貫校 杉山 敦雄

2013年5月30日

競争

先日、授業が始まる前に、生徒たちがこんな会話をしていました。
「○○君が今回のテストで1番だった!」
新年度最初の定期テストが終わり、返ってきたテストの結果を見て、生徒たちが一喜一憂しながらする会話ですね。自分の結果に満足できる生徒もいれば、失敗を噛みしめ、新たな目標を作る生徒もいます。こんな、学生たちによくある日常風景…『昔も今も変わらないなぁ』と最近よく思います。
 私たちの生活の中には、様々な競争があります。そして、その競争があるからこそ日本の技術や文化は成長してきた、といっても過言ではないでしょう。これから社会に出て行く生徒たちに、『競争』を『楽しめる』大人になってほしいと強く思います。
 エベレストに80歳で3度目の登頂に成功し、世界最高齢登頂記録を更新したプロスキーヤーの三浦雄一郎さん。すぐに、ネパールの男性(81歳)がまた記録を更新するのではないか?といったニュースも報道されました。偉大な方々が競争を楽しみ、挑み続けています。
 私も負けていられません。今日も、昨日よりもさらにパワフルな授業を展開していきたいと思います。
       伊東本部校 中村 翔
エベレストイラスト

2013年5月29日

梅雨入りしました!体調管理を!

 今年も梅雨入りをしました。あまり嬉しくない季節です。梅雨の語源ですが、いろいろな説があります。「梅が熟す頃」「カビが生える季節から黴雨(ばいう)が語源となった」などです。確かに、じめじめしていてカビが生えたりしてうっとうしい時期ですね。体調を崩しやすいので、十分気をつけてください。梅雨の合間に急に温度が上がるときは、熱中症にも注意が必要です。
 梅雨の原因はというと、小笠原気団とオホーツク海気団がぶつかりあって停滞前線(梅雨前線)できるからです。この前線をつくる2つの気団は、水蒸気を多く含んでいるため、雨を降らせやすいのです。(中2の理科で勉強しましょう)
 しかし、この梅雨という自然現象は必要なことでもあるのです。空梅雨(梅雨の時期に雨があまり降らない)になれば、渇水を起こすこともあり、夏に必要な水を確保できなくなります。とは言え、あまり長く続くのも困りものですね。

    三島本部校 後藤 信行
カタツムリ

2013年5月29日

生徒自慢!

 先日、他校舎の女性職員から、こんな話をされました。
 「スポーツ新聞に、静岡自慢 という記事があって、先日、天城小の子どもたちの記事が載っていた。天城地区では横断歩道を渡った後に、赤信号で停まっている先頭の車にお辞儀をする習慣があるそうです。誰が教えるでもなく、ずっと子どもたちが特に意識もせずに受け継いでいる習慣だそうです。純粋な子どもたちに思わず、胸が熱くなりました。」
 というのも、その女性職員は、車を運転しているとき、信号のない横断歩道でよく学生に道を譲ることがあるそうです。きまってその学生たちは、携帯電話を見ながら、しゃべりながら、急ぎ足で渡るでもなく、待っているこちらの様子を気にすることもなく・・・。そんな学生たちを見て、いつも、もの悲しくなるそうです。
 「この子たちも小学生の頃は、ありがとうございます!って言いながら渡っていただろうに」と。
 私は、とても誇らしい気分で、話してくれたその女性職員にこう言いました。
 「修善寺校の生徒たちは、天城小に限らず、中3になってもみんな礼儀正しい子ばかりです。 挨拶をする時、きちんと立ち止まって、礼をして挨拶をしてくれます。保護者や地域の方々のご指導の賜物だと思います。」 と。
新聞イラスト
 「"大人"になるということは、心も体も、そしてできることも大きくなるということなんだよ。それが大人なんだよ」と、昔、学校の先生に教わったことがあります。修善寺校の生徒たちには、高校生、大学生になって、地域から離れていっても、本当の意味での"大人"になっていってほしいと思っています。
                    修善寺校 塩川 雅人

2013年5月25日

沼津本部校に「○○○○」が初登場!!

 みなさん、こんにちは。

 わたしは、生まれも育ちも生粋の沼津っ子!
 名前を『面積太郎』と申します。
 これから、三島進学ゼミナールの沼津本部校のブログにたびたび現れ、大好物の面積の問題を出題します。
 さぁ、今日が記念すべき第1回!
 みなさんぜひ、チャレンジしてみて下さい。
 〔解答は来週発表いたします〕

面積太郎
問題1
問題1
問題2
問題2

   沼津本部校 面積太郎

2013年5月25日

シリーズ「城と野球」第一回 〜野球用語について〜

城と野球タイトル
以前にテレビ番組で
「ホームベースはなぜホームベースというのか」
なんていうことをやっていました。逆さにすると家の形になるからだそうです。知りませんでした。野球用語っておもしろいなって思いました。
 アメリカから伝わってきたbaseballが野球です。本来はbase=塁、ball=球なので「塁球」ではないでしょうか。「野球」と名付けたのは正岡子規だそうです。
 野球用語には「死球」「二死満塁」「捕殺」「刺殺」「併殺」「三重殺」などかなり物騒なものもありますが、たとえば「死球」は当たると痛いデッドボールのことです。ところで、デッドボール(dead ball)って英語ですよね…

 実は英語のように思えるのですが、日本で作られた言葉すなわち和製英語です。残念ながらアメリカでは通じません。正しくはhit by pitchと言います。ナイターはnight game、タッチアップはretouch、ライナーはline driveなど、まさに野球用語は和製英語の宝庫なのです。
ここでクイズです。

問1 フォアボールはアメリカでは何と言いますか。
問2 in the park homerunは日本では何のことですか。


                  答えは次回公開!
 ちなみに内野ゴロの「ゴロ」は和製英語ではありませんが、英語のgroundやgrounderに由来するそうです。

 この三進ブログの中で何人かの教師も言っていますが、ふと疑問に思ったことをいろいろ調べてみたり、好きなことに関連してさらに興味を広げていったりすることは大変良いことだと思います。私も大好きな「城と野球」のことに関連するいろいろなことを皆さんに伝えていきたいと思います。
                  函南校 杉本 公彦

2013年5月25日

限界を超えようとした時に・・・

 先日、読売巨人軍の終身名誉監督である長嶋茂雄氏が、国民栄誉賞を受賞されました。その数日後の新聞のコラムで、長嶋氏と我が伊東本部校の所在地である伊東市との間に、実はつながりがあるということを私は初めて知りました。
グランド
 1979年に、現在の伊東市民病院が建てられている場所で、巨人軍の秋季キャンプが開かれたそうです。その年、巨人はリーグ最下位の屈辱を味わい、そのチーム立て直しのために当時の長嶋茂雄監督が若手18人を招集して行ったもので、その練習の凄まじいほどの厳しさから「地獄の伊東キャンプ」という名で代々語り継がれている、今や伝説のキャンプだそうです。

・打者は1日1,000スイング。
・午前中は主にバッティングでティー打撃とフリー打撃。
・午後はノックの嵐。
・投手も1日300〜400球の投げ込みとフィールディング練習。
 そして、これらが終わった後に急斜面の丘を何本もダッシュ
 させられ、それが終われば自己ベスト記録を出すまで何本も
 短距離ダッシュ・・・


 そのキャンプの2年後、鍛え上げられた18人のほとんどが巨人の星となって大躍進し、チームに栄光と輝きをもたらしたそうです。
 もちろん現代は、科学・技術の発達により、もっと効率的な練習が行われているのでしょう。しかし、その厳しい練習を通して、選手たちは技術面だけでなく精神面でも大きな成長を遂げたのだと思います。
 やはり、厳しさのないところに成長はないのです。自分の限界を自ら超えようとすることで人は成長するのですね。
 さあ、誰にも負けないくらいの情熱をもって、今日も私は教壇に立ちます。生徒達の輝かしい未来のために。
                  伊東本部校 岩崎 裕彦

2013年5月25日

世界に出てみよう

 こんにちは。下土狩校チューターの清水です。今回は自分が今まで体験してきたことを少し紹介しようと思います。
 私は、高校2年生の春、初めてベトナムを訪れたのをきっかけに今まで15カ国を旅行やボランティアをしながら訪れました。私が訪れた国は東南アジアが多く、それも発展途上国と呼ばれているような国ばかりでした。その国々では、1日1日を生きる為に、みんな一所懸命働いています。それでも、生活は楽にならない場合がほとんどです。 バナナを売りに来た子ども写真
↑バナナを売りに来た子どもたち
 カンボジアに行った時、平日の昼間に市場を歩いていると、子どもたちが「おにいさん、かって」と片言の日本語で話しかけてきます。彼らは、自分の家の生活が苦しく、仕事を手伝わなくては、その日のご飯も食べられないこともあります。だから学校に通えません。ですが、このまま学校に通えないと、大人になっても仕事に就くことはできません。それではずっと貧しいままです。これはカンボジアだけの話ではありません。世界の色々な地域でいえることです。(2005年の時点で、1日を1.25ドル以下で暮らしている人が世界に約14億人いるそうです。)
 私たちが今、日本で楽しく友達と話し、勉強しているときも、世界のどこかでは飢餓に苦しんでいる人がたくさんいます。どうぞ、この現実を頭の片隅に置いておいてください。これからの人生の中でぜひ、世界を自分の目で見て、自分の肌で感じてください。何かが変わるかもしれませんよ。

          下土狩校 学トレチューター 清水 洋和

2013年5月22日

カエルの歌

 最近、夜眠ろうとしている時に気付きました。カエルの鳴き声が響いているのです。静岡県函南町で育った私にとって、これは『故郷の懐かしさ』の1つです。五月に入ればカエルが鳴き、七月・八月にはセミの大合唱が響き渡ります。関東に4年以上住んでいましたが、眠るときに『季節を感じさせる生き物の声』を聞くことは殆どありませんでした。 かえる
 先日、小学生国語の授業で『季語』を生徒に教えることがありましたが、ただの知識だけで終わって欲しくない、と強く感じています。季節の感じ方は十人十色。大自然溢れる静岡県で育つ生徒達に、日本ならではの四季を感じて育っていって欲しいと思います。そうはいっても、私も子供の頃は意識することはありませんでしたが…
                  伊東本部校 中村 翔

2013年5月21日

今井有希子の季節を詠むA

季節を詠むロゴ

紫陽花や きのふの誠 けふの嘘   正岡 子規
 もうすぐ雨の季節到来です。雨が降ると、外出が面倒になったり、予定変更で残念な思いをしたりすることもありますが、雨はとても大切な恵みです。お気に入りの傘をさして雨音に耳を澄ませ、雨の一日を楽しみましょう!
傘と紫陽花
 さて、雨が似合う花といえば紫陽花ですが、咲いている間に色が変わることから、文学作品では「心変わり」の象徴としてよく使われています。この俳句でも移り気な花の色と人の気持ちを重ねています。美しい紫陽花に罪はありませんが、親しい人の気持ちや言動が、日によって気まぐれに変わってしまうのは寂しいものです。子規も何か辛い思いをしたのかもしれませんね。
 ところで皆さんは紫陽花というと何色を思い浮かべますか?実は、アジサイはアヅサアイ(集真藍)。色づく部分は花のように見えますが、本当は花を支える役割のガクで、花の種類にもよりますが、酸性の土壌でアルミニウムや鉄分が植物に多く吸収されると青色が強く出る傾向にあるようです。雨の多い日本では酸性の土地が多く、結果として紫陽花も青〜紫色のものが多いのです!
                  三島本部校 今井 有希子

2013年5月21日

明るく、楽しく、元気よく学ぼう!

授業写真
 自分が少年の頃、「なんで勉強しなきゃいけないんだろう?」と疑問を感じたことが何度となくありました。 「勉強」・「学問」とは、どのようなものなのでしょうか。そして、人はなぜ勉強をしなければならないのでしょうか。
 私達が子ども時代に学校などで学んできたこと、今子どもたちが学んでいること・・・それらはみな、遥か昔から(最近のものもありますが)伝えられてきたことです。過去から伝承されてきたことを、学問を通して私たちは知り、それらを未来に伝承させてゆく・・・そのような過程の中で、私達は、新しい見地・未知なる世界・胸躍る夢を発見し、自分の人生を切り開いてゆくのだと思います。実際、自分自身も学問を通して、今の職業(教師)に就く「きっかけ」を見つけました。
 そう考えると、「勉強」「学問」というのは、「楽しいもの」であり、「楽しみながら身につけてゆくべきもの」だと私は思うのです。(大人になって始めてわかったことですが・・・)
 三島進学ゼミナールの授業を通して、子どもたちには「学ぶことの楽しさ」を感じ取り、未来の自分を切り開くきっかけをつかんで欲しいと思います。
 「学ぶなら、明るく・楽しく・元気よく」
私のモットーです。
                  伊東本部校 岩崎裕彦

2013年5月18日

かっこよかった!

 コービー・ブライアントを知っていますか。神様マイケル・ジョーダンと比較されるほどのバスケ界のスーパースターです。
所属チームはNBAのロサンゼルス・レイカーズ。ハワード(かなりすごい選手)の加入もあり、さらに戦力が充実したレイカーズは今季優勝候補にも挙げられていましたが、プレーオフであっさりと敗退してしまいました。

だって、コービーがいないんだもん。

 大型補強にも関わらずレイカーズは今シーズン苦戦続き。戦力の割にチームが機能せず、プレーオフ進出も難しい状況。そんなシーズン終盤、エースのコービーが奮闘。好プレーを連発しチームを救います。

 どうにかプレーオフ進出を決めますが、そこには大きな代償がありました。満身創痍のままプレーを続けたコービーの肉体がついに悲鳴を上げたのです。試合中に左足のアキレス腱を断裂。そんな大ケガ(全治6カ月以上)を負いながら、フリースローを打つためコートに戻るコービー。2本とも沈めた後、静かにコートを後にします。
なんてかっこいい。

「無理をして長時間出場したことが原因か?」
「それは誰にも分からない。ただ全て必要なことだったんだ。」
 
全身全霊。

なんてかっこいい。
      三島本部校 飯田 正毅
バスケットボール

2013年5月17日

筋肉痛から学ぶ

 先日、会社の仲間と一緒にソフトボールの練習を行ったところ、普段の運動不足がたたって、数日間筋肉痛に悩まされました。情けない話です。
 ところで、筋肉痛は年齢とともに発生が遅くなると言われますがなぜでしょうか。
意外なことに、現代医学でも筋肉痛のメカニズムについてはまだ完全に解明されていないそうです。分かっている大筋なことは、激しい運動を行うと、まず筋線維とその周りの結合組織に微細な損傷が起こります。ただし、筋肉が過負荷を受けた瞬間は痛みを感じることはないそうです。その後、筋組織の回復過程において炎症反応が起こり、これが筋肉痛の原因となります。年齢が進むと細胞分裂のスピードが遅くなり、筋組織の回復に時間がかかるため、数日後に筋肉痛がやってくるというわけです。
私は、翌日に筋肉痛が始まりましたので、まだまだ若いということでしょうか(笑)。
早い話が普段から運動をしていれば筋肉痛にならないのです。
今後、週に数回は体を動かしていきたいと思います。
何事においても継続することが大切ですね。
       三島本部校 杉山 寿樹
野球セット

2013年5月17日

アウトプット

  新緑萌える季節になってきました。陽射しが気持ちよく、過ごしやすい日々が続いています。さて、新学年の中間テストを終えた学校も出てきました。中間テストに向けての勉強方法について、生徒からこんな質問がありました。
「暗記をする時は、
   どのように勉強をすればいいですか?」

 記憶(暗記)するために重要な要素が2つあります。『好奇心』を持つこと。ですが、これをすぐに実践するのは難しい。もう1つは『アウトプット』すること。覚えようとしていることを声に出す。または、紙に書き込む。こういった【一度入れた知識を出す作業】のことを、アウトプットというのです。
 私は、とにかく声に出すことをお勧めします。国語の物語、社会の各単元、まずは一度必ず声に出して読むことです。黙読するのと声に出して読むのとでは、声に出すほうが脳を使うため、覚えやすくなるのです。また、声に出しながら書くということも大変有効です。数学の公式でしたり英語の単語、メモを取る時なども。
 俳優の三國連太郎さんはご存知でしょうか?『釣りバカ日誌』シリーズで、【スーさん役】を演じられた方です。現在は亡くなられてしまいましたが、台詞の暗記をする際には必ず最低200回は台本を声に出して読まれていたそうです。多いときには600回も…大物俳優たる、仕事に対しての真摯さがわかります。何百回も繰り返して初めて、自分の台詞として暗記できるということですよね。つまり、一回二回では、完全に定着しないわけですね。
 何も勉強だけではなく、日常生活をする上でも『記憶』することは大切です。是非、一度アウトプット(声に出す・書く)を活用してみてください。
暗記

伊東本部校 中村 翔

2013年5月17日

富士山を世界遺産にA

 富士山の環境問題は、この十年で少しずつ改善されていきました。しかし、世界(自然)遺産登録に向けては、難題(富士山のような火山は、世界の色々な地域にみられ、独自性という観点でいえば、アピールが弱い)を抱えていました。そこで目指したのが、「世界(文化)遺産」としての登録です。2005年「富士山を世界遺産にする国民会議」がスタートし、国、県、市町村、民間団体が動き、文化遺産登録の申請を進めてきました。
ゴミ箱くん
 やがて、8年越しの活動の結果、4月30日に国際記念物遺跡会議(イコモス)の登録承認の勧告を受け、「世界遺産登録確実」のニュースが流れたというわけです。今後、6月にカンボジアで開かれる会議の決定をもって、正式に登録となります。しかし、スタートはこれからです。7月以降、富士山は本格的な登山シーズンを迎えます。登録決定を受け、登山者、5合目までの観光客の増加が予想されます。富士山の環境問題(主にゴミ問題)が、世界遺産登録の足かせにならないように、ゴミ捨てに関するマナー意識の向上、啓発が進められていくことでしょう。世界に誇る富士山ですから、富士山を守るルール作りも明確にしなければなりません。「富士は日本一の山」、私たちが誇れる富士山を目指して。
                   下土狩校 小林 一弥

2013年5月16日

あなたの好きな曲はなんですか?

 あなたは音楽をよく聴きますか?

 私は音楽をよく聴きます。クラシックを聞けば心は安らかになりますし、激しいロックを聴けば気分は高揚しますし、優しいバラードを聞けば心は穏やかな気分になります。ラブソング、感謝の歌、別れの歌や応援歌。たくさんのジャンルがあり、いろんなアーティストたちの感情をそれぞれの曲に垣間見ることができますが、今日はその中でも私の好きな曲を一つ紹介したいと思います。
音楽を聴く少女
 馬場俊英さんの「スタートライン」という曲です。馬場俊英さんの曲は応援歌が多いのですが、その中でもこの曲が特に好きでした。
 若い時(まだ若いつもりでいますが)によく聴いていた曲で、困難にぶつかったとき、自分を奮い立たせてくれた曲です。よかったらぜひ一度聴いてみてください。

 今の生徒たちに贈りたい曲と言ってもいいかもしれません。部活に、人間関係に、なかなか前へ進めないこともあるかもしれませんが、ぐっとこらえて顔を上げて前に進んでいって欲しいなと思うんです。「あきらめずに頑張る姿勢」って素敵ですよね。そんな勇気と力をくれる曲だと思います。

 「今の子供たちは打たれ弱い」なんて言葉を聞きますが、少なくとも三進生を見る限りそんなことはありません。
 生徒たちは、紆余曲折しながらも自分がしなければいけないことを模索し、前に進もうと努力をしていると感じます。我々はそんな彼らの成長を間近で見ることができ、とても幸せです。
日々の授業の中で
「たくさん苦労をしなさい」
「たくさん失敗をしなさい」
「たくさん恥をかきなさい」
「そしてたくさん成功をして、自信を身につけていこう」
元気な子どもたち と、語りかけます。彼らが困難を乗り越え、さらに成長していくことを全力でサポートしていきたいと思います。


御殿場校 江端 紘誠

2013年5月16日

その『誰か』に

 去る4月29日、陸上男子100mで、ある日本人選手が10秒01という素晴らしい記録を出しました。そうです。京都、洛南高校に通う17歳のアスリート桐生祥秀選手です。日本人アスリートとして初の夢の9秒台を出すのではないかと期待されている、ある意味では、今最も有名な日本人と言ってもいいでしょう。
 ところで、陸上の世界に「10秒の壁」という言葉があります。今でこそ、100mを9秒台で走る陸上選手は少なからずいますが、一昔前までは「人類は10秒を切れないのではないか」とさえ言われていた時代があったのです。その人類の常識を破ったのが、あの有名な「カール・ルイス」です。1983年、平地での記録としては人類初の9秒97という大記録を打ち立てたのです。そのカール・ルイスが残した言葉にこんなものがあります。

「誰かがやるはずだった。
      私はその『誰か』になりたかった」


 私の大好きな言葉です。いつの日かきっと、「10秒の壁」を破る日本人アスリートは登場することでしょう。その「誰か」は桐生選手かもしれませんし、他の誰かかもしれません。
 前例がないと、「やっても無理だろう」とか「どうせできるわけない」と途中であきらめてしまう人や、最初から挑戦しない人は多いと思います。しかし、どんなことでも最初にそれを成し遂げた「誰か」が必ず存在するというゆるぎない事実を私たちは決して忘れてはいけないのです。そうして人は成長し、人類は進化・発展してきたのでしょう。そんなことも、夢を追いかける子どもたちに一生懸命語ってゆきたいと思います。
   伊東本部校 岩崎裕彦
走るイメージ

2013年5月14日

最初は目に見えなくても・・・いつかそれは!

 小学校の授業で「森の力」を勉強しました。『広い湖に誰かが自宅の水草を捨てました。何週間後ほんのわずかだけれど水草が目立つようになりました。さらに月日が経ち、水草が湖面の8分の1を覆うようになると人々は問題を感じ始め、次の週には湖面の4分の1さらに次の週には湖面の半分を覆ってしまい、たった3週間で湖面を占領してしまったのです。地球環境問題も同様に・・・』
 さて、環境問題に気づいていても「後で何とかすればいいだろ」、「誰かがやるだろう」とみんなが思っていると、とても大変なこと、あるいは取り返しがつかない状態になってしまうことがあります。私たち一人一人が責任を持って自然を大切にしていかないといけないですよね。(以上授業から)
禁止


分裂
それではクイズです。
 微生物が細胞分裂(体を2つに分けてなかまを増やす)をするのに1分かかります。つまり、1匹が2匹になるのに1分です。2分後には4匹、3分後には8匹と倍々になるわけです。微生物がコップ1杯になるのに1時間(60分)かかりました。それでは問題です。コップの半分になるのは初めから何分後ですか?

ビーカー
 答えは30分後ではありません。正解は59分後です。倍々と増えているわけですから、60分後の1分前、すなわち59分後になります。初めのうちはほとんど目にできません。しかし、ひとたび目にすることができるようになると、その後はドンドンと増える量に驚かされることになります。勉強も部活も最初の努力の成果は目に見えないかもしれませんが、気づくと大きな成果につながることもあります。日々の努力を大切に・・・
      三島本部校 後藤 信行

2013年5月10日

パンダといえば

 先日、リニューアルされた日本平動物園に行ってきました。入口をはいると、まず、初めがレッサーパンダ館でした。そこで、ふと疑問が・・・、あまり似ていない白黒のジャイアントパンダとレッサーパンダがなぜ同じパンダなのだろうか?
 家に帰って調べてみると、ヒマラヤで発見されたレッサーパンダが最初はパンダと呼ばれていました。その後、同じように笹を食べる白黒の熊が発見されました。このとき、これまでのパンダを「レッサーパンダ」、白黒の熊を「ジャイアントパンダ」と名づけた、とのことでした。現在では、レッサーパンダは、発達した分子遺伝学によりアライグマに近縁の動物に分類されているそうです。
 普段の生活の中で、ふと疑問に思うことって多いですよね。そんな時には、すぐ調べてみましょう。すごい発見があるかもしれませんよ。
                裾野校教師 原 哲也
パンダ

2013年5月9日

Mr.岩崎の英語道場C

「Mr.岩崎の英語道場」
 いや〜みなさん、GWは楽しみましたか?  何だか久しぶりのような気がしますが、前回の第3講では、「過去形」の持つ意味について探求しましたね。

 では、第4講です。参りましょう。今日のテーマは、「前置詞」です。前置詞ってのもかなり奥が深いもので、前置詞に関する辞書が存在するくらいですから。
では、考えてみてください。
<問題>
次の3組の英文では、@とAどちらの方が英文として適切なのでしょう?

1−@ We arrived at Tokyo.
1−A We arrived in Tokyo.

2−@ We arrived at Japan.
2−A We arrived in Japan.

3−@ We arrived at the hospital.
3−A We arrived in the hospital.
  • 東京




      <<答え>>
    1⇒どちらも可
    2⇒Aの方が適切
    3⇒@の方が適切
<解説>〜ココがポイント〜
 前置詞は、受験生だけでなく英語学習者の多くが悩むところですよね。ここではこう考えてはどうでしょう。
 「atは『点』を表し、inは『広がり』を表す」ということです。
東京というのは、当然ですが、広がりをもった巨大都市です。よって"in"を使って問題はありません。しかし、いくら東京が巨大な都市とはいっても世界地図の上で見れば、ただの点でしか表されませんよね。つまり、"at"を使うことも可能なのです。
 ところが、日本という国は、世界全体で見れば小さな国かもしれませんが、どんな世界地図でも一つの国を「点」で表しているものはないでしょう。したがって、国名の場合には"in"を使う方が適切なんです。そうすると、病院というのも「一つの地点」ですから、単に到着したことを表現したいのなら、やはり"at"を使う方が適切ということになりますよね。どうでしょう。
 では、第4講はここまで。いや〜英語ってホントに深いものですね。それではまた、次回の英語道場で会いましょう。さよなら、さよなら、さよなら。
                  伊東本部校 岩崎 裕彦

2013年5月7日

立夏

 皆さん二十四節気はご存知でしょうか?
 GWが終わり、五月五日に立夏(りっか)になったとニュースで報道されていました。立春・立夏・立秋・立冬…一度は皆さんも聞いたことがあると思います。日本は四季が豊かな国です。その四季を春夏秋冬と分けますが、それぞれをさらに6つに分けた24の期間を表すものとして二十四節気というものがあるのです。この二十四節気の中には他に、春分・夏至・秋分・冬至などもあります。暦的には既に夏に入りました。これからさらに暑くなっていきますが、暑さに負けず、けれども熱さは無くさない。そんな日々を過ごしていきましょう。
                   伊東本部校 中村 翔
二十四節気

2013年5月7日

母の日に・・・感謝をこめて

  母の日は、お母さんへの感謝を表す日です。日本では5月の第2日曜日に祝います。それではなぜ、5月の第2日曜日であり、またカーネーションを贈るのでしょうか?

 『それは、1905年5月9日のことです。アメリカのアンナ・ジャービスという名の女性の母親が亡くなりました。それ以後、アンナは、白いカーネーションを教会に持って行き、故人を偲びました。それがきっかけとなって、母親が健在ならば赤いカーネーションを、故人であれば白いカーネーションを贈ることが習慣となったそうです。今では差別の対象になるからという理由で、赤白の区別をしなくなったそうです。
カーネーション
1914年にアメリカの大統領ウィルソンが5月第2日曜日を「母の日」と制定したことが、日本に伝わり、現在に至ります。ちなみに、母の日は、世界各国それぞれです。一番早いのは、2月第2日曜日のノルウエー 。逆に一番遅いのは12月22日 のインドネシアです。また、5月が最も多く、第1日曜日 に、ハンガリー、リトアニア ポルトガル、スペイン、ルーマニアです。第2日曜日は日本、アメリカ、カナダ、香港、台湾、オーストラリア、ドイツ、イタリア、南アフリカ共和国、シンガポール、ニュージーランド、ペルー、フィリピン、ベルギー、ブラジル、チリ、コロンビア、キューバ、デンマーク、エクアドル、プエルトリコ、スイス、チェコ、リヒテンシュタイン、ウルグアイ、中国、ウクライナ、最終日曜日 はアルジェリア、フランス、ハイチ、スウェーデン、チュニジア、ドミニカ共和国です。勿論これ以外の日にちの国も沢山あります。』

 さて、あるアンケートで知ったのですが、
母の日のプレゼントで人気のベスト5は
1位:花、2位:スイーツ、3位:衣類、4位:服飾雑貨、5位:雑貨
でした。でも、
学生である皆さんから贈られて最も嬉しいものは
「いつもありがとう」の一言

ではないでしょうか?
普段は照れ臭さくて、なかなか言えない一言、その気持ちを言葉にするいい機会だと思います。みなさんを応援してくれている最も身近な存在はお母さん、お父さんに違いありません。5月12日(日)はもうすぐですね。私の母は岐阜県にいますが、いつも「元気か」「元気やわ」で済ます簡単な電話に、一言「ありがとう」を加えてみようかなと思います。今は元気でいてくれる母に感謝する日々です。
                   三島本部校 後藤 信行

2013年5月6日

富士山を世界遺産に@

世界遺産 富士山
 富士山の世界遺産登録がほぼ確実なものとなってきました。古くから、「万葉集、竹取物語、伊勢物語」と多くの文学作品に登場し、近世には、葛飾北斎、歌川広重など多くの絵師によって、描かれました。また、山岳信仰から富士に登って修行を行う「富士講」が江戸時代に始まりました。今回、文化遺産(数々の文学・芸術作品、信仰の対象としての富士山)としての価値が広く世界に認められました。
 世界遺産登録にいたるまで、様々な取り組みがありました。1995年に世界(自然)遺産登録の市民運動が起こり、国内外から約246万人の署名が集まりました。しかし、環境問題の解決を理由として、世界遺産登録への動きは前進しませんでした。世界遺産登録に向けて、環境問題とどう向き合い、国内外にアピールしていくのか、大きな課題が浮かびました。
 問題となった環境問題の一つに「し尿処理の問題」がありました。当時、山のトイレの問題は切実なものでした。この状況に危機感を抱いた人々の手によって、杉チップを使い、バクテリアが分解を行う「バイオトイレ」の設置が進められました。設置から十年弱たった今では、ほとんどの山小屋で用いられ、環境改善における大きな役割を担っています。
 今回の登録にいたるまでに、「富士山を守りたい」という多くの人々の活動がありました。その活動の蓄積があり、世界(文化)遺産登録が現実のものになったのではないかと思います。
                     下土狩校 小林 一弥

2013年5月6日

季節の俳句

季節を詠むロゴ

目には青葉 山ほとゝぎす 初かつを
                    山口 素堂
 新緑の美しい季節になりました。植物は一斉に芽吹き、皆さんは新学年を迎え、自然にも人にも活力みなぎる季節ですね!この俳句はそんな季節に輝く旬のものを挙げています。

 旬のものを三つ並べただけの単純な俳句のように思えますが、目には新緑、耳には鳥の鳴き声、舌にはカツオの味と、体全部で季節を感じた喜びいっぱいの句です。カツオは「勝つ」と同じ音で縁起がよく、「食べると七十五日長生きする」といわれた初物の中でも、なんと十倍の七百五十日寿命が延びるといわれていました。ですから、とても高価でしたが、高いからこそお金をかける、「粋」が信条でちょっと見栄っ張りの江戸っ子の間でとても人気がありました。
 また、ホトトギスの鳴き声はキョキョキョ…と聞こえるので、「特許許可局」や「テッペンカケタカ」とあらわします。本当にそう聞こえるかは…耳を澄ませてみてくださいね。

      三島本部校 今井 有希子
新緑
ホトトギス
はつかつお

2013年4月26日

時間をつくり出し、その時間をどう使うか? 〜三進の教室から〜

 先日の国語の授業で、遺跡から当時の生活だけでなく様々なことを学ぶことが出来ることを学習しました。日本で、縄文時代と弥生時代とでは、狩猟具はあまり変わらないそうですが、農具、また金属の精錬・鍛冶技術は発達したそうです。そうした技術進歩は様々な国々でも行われました。
 授業中、生徒に考えてもらったことは、『そのような進歩の中で、日本人は「浮いた時間(余った時間)」をどのように過ごしたか』です。生徒からは、「遊んだ」「ぼーっとした」「勉強した」などいろいろな意見が出てきました。中には「テレビを見た」という意見も。すぐに「そんな時代にテレビがあるかいな」と突っ込んでおきましたが…。
 さて答えはというと、昼寝をするようになった民族や宴会(祭り)を増やした民族がいる中、日本では「浮いた時間」を「さらなる労働」に用いたといいます。日本にあるこのような特有な気質は科学技術を進歩させ、私たちはその恩恵を受けることが出来ます。そして、今もなお、様々な分野で日夜努力が続けられています。
 「我々は、そんな「勤勉さ」をDNAに持つ日本人です。時には休息も必要ですが、時間を有効に使い、自分の将来のため、未来の日本のため、世界の人類のため、美しい地球のため、1つ次元の高い努力をしてみようではありませんか」

      三島本部校 後藤 信行
日本地図

2013年4月25日

物が落下し続けたら…ドンドン速くなる!
〜三進の教室の中から〜

 「重力」とは、物体が地球の中心に引かれる力のことを言いますが、正確に言うと地球の「引力」と地球の自転による「遠心力」との合力になります。従って、遠心力のはたらかない北極点や南極点と遠心力の最も大きい赤道付近では、重力が異なってきます。また、そのことにより、体重測定をすると、赤道付近の方が若干数値が低くなり(お得になる?)ます。さて、この重力の影響で、物を落下させるとだんだん速くなります。およそ1秒間に9.8m/sずつ速くなっていきます。これを重力加速度と言い、9.8m/s2と表します。
 もし、東京タワーのてっぺんから物を落とすと実にその速さはどれくらいになるでしょうか?空気抵抗は無視して考えますが、東京タワーの高さ333mから物を落とすと約8.3秒で着地します。1秒間に9.8m/s加速すると、9.8×8.3=81.34m/s=292824m/h=292.824km/h…つまり時速300km近くになります。
東京タワー
 さて、物を落下させて、光の速さに達するまでどのくらいの時間がかかるでしょうか?光の速さは秒速30万kmです。従って、300,000,000m/s÷9.8m/s(重力加速度)÷3600秒(1時間当たり)÷24時間(1日あたり)=354.3日です。約1年落下し続けると、光の速さに達するわけです(^^)…「そんなに落下する場所どこになるんだ」っていう話になりますが。とは言え、物体は落下すればするほど、一定の力(重力)がかかり続けるため、一定の割合で速くなり続けます。
                  三島本部校 後藤 信行

2013年4月25日

渋柿

 季節はずれの果物ではありますが、皆さん「柿」はお好きでしょうか?

 柿には『甘柿』と『渋柿』の2種類がありますが、私達がよく食べている柿は甘柿のほうですね。
柿イメージ
 柿には【タンニン】という成分が含まれており、果実が成熟したときに甘く、栄養たっぷりにタンニンが変化するのを甘柿。タンニンが変化せず、甘くならないのが渋柿です。ですが、『渋柿』も食べることが出来ます。

 一度枝から切り離し、太陽の光をたくさん浴びることにより、『干し柿』となり、食べることが出来るようになります。渋くて食べられなかった【タンニン】が変化し、より一層栄養価が高く、味は甘くなるのです。

 生徒と勉強に似ていますね。すぐには解けない問題に根気よく取り組み、理解することによって成長していきます。私達は、生徒達を成長させる太陽の光のような存在になるべく、日々邁進しています。

 すぐに投げ出さず、どのようなことにも真剣に取り組む生徒達、それがゼミナール生。私達は、そんな彼らを誇りに思います。

                   伊東本部校 中村 翔

2013年4月24日

入塾希望の電話から

 5月25日に入塾テストを実施する予定でおりますが、4月に入ってから頻繁に入塾希望のお電話をいただいております。学校生活にも慣れ、塾をお考えの方も多いかとお見受けします。
入塾希望やお問い合わせのきっかけをお伺いすると、
「友達が三進に入って、"楽しいから一緒に行こう"と誘ってくれたんです」

「娘が"塾に行きたいけどどこがいいか"とクラスメートに聞いたら、"ゼミナールがいいよ"と勧められたそうです」

という内容が本当に多く、嬉しい限りです。

 今まで、三島進学ゼミナールは、地域の方々に支えられ、成長させて頂きました。そして今もなお、多くの生徒や保護者の皆さまが、塾選びに三進を勧めてくださることが、大変ありがたく、感謝の念に堪えません。

 私たち三島進学ゼミナールの教師ひとりひとりも、そのご期待に添えるよう精進して参らなければならない、

"子どもたちの未来のため、全力で教壇に立っていこう"


と、決意を新たにさせて頂く毎日です。
                   総務室 村松 雅子

2013年4月23日

うどんにみる東西食文化

どんべえ写真
左が関西風、右が関東風
 写真は、CMでお馴染みの「きつねうどん、どん兵衛」です。2つ並んでいますが、大きさの違いのほかに、実は味に違いがあるのです。左は、関西風の薄い味、右は関東風の濃い味です。器の横の表示を見ると、ちがいをチェックできます。Eとなっていれば、関東風、Wとあれば、関西風ということです。製造元の日清食品のホームページによれば、次のように書いてあります。
 「東日本のつゆはカツオの風味が特徴で色も濃い目、西日本のつゆは昆布のうま味が特徴的で色も薄めとなっており、どん兵衛のつゆは東西で、見た目の色も違っています。具在のおあげも東西で味を変えています。」(日清食品HPより引用)
 おもしろいことに、全国的にうどんを販売するにあたって、日清食品で味の好みを調べたところ、関ヶ原を境として明らかな違いがみられたそうです。
 「そこで、関ヶ原を境にして、そこから東の愛知県、岐阜県、三重県を含むエリアを東日本、西の福井県、富山県、石川県を含むエリアを西日本として、販売を展開することになりました。」(日清食品HPより引用)
 10年ほど前、日本テレビぼう番組ででも同様の特集をとりあげていました。東海道新幹線停車駅のうどん屋さんをたずね、つゆが関東風か関西風かを調査したところ、岐阜の米原が境界であることが判明しました。いずれにしても、うどんの東西を分けているのは、岐阜県が一つの目安になるということですね。今回はうどんの話しでしたが、お雑煮をはじめ色々な食文化の違いに注目してみるのも面白いかもしれません。
                     下土狩校 小林 一弥
関西どんべえ表記
こちらが関西風
関東どんべえ表記
こちらが関東風

2013年4月23日

ちょっといい話

 最近、「人のありがたさ」を実感できる出来事がありました。
 三島進学ゼミナールには、講義形式の集団授業とは別に、「学力トレーニング」(以下「学トレ」)という個別学習システムがあります。学トレには、専属のチューターという監督者がいるのですが、先日、伊東本部校でチューターを務めるHさんが乗った電車が、トラブルにより、途中駅で止まってしまったのです。
 Hさんからそのことを告げる電話が校舎に入りました。ちょっと慌てた口調で、
「先生、どうしたらいいですか!?」
「なるほど、じゃ、電車を降りてバスで来た方がいいね」
「はい、分かりました。ではそうします。ひょっとしたらギリギリになるかもしれませんが」
「大丈夫だよ。気をつけて来てくださいね」
そんな会話をした後、30分も経たないうちに、Hさんは校舎に到着しました。

 聞いたら、電車を降りたものの、そのエリアにはバスの路線自体がなかったそうです。ではタクシーを使ったのかと思いきや、あいにくその日は所持金が少なかったため(そこから伊東の校舎までタクシーを使うと数千円はかかる距離)タクシーは利用できない…当然、レンタカーだって借りられません。

 そこでHさんがとった行動は…その時近くに車を駐車していた方々に懸命に事情を説明し、「南伊東まで自分を乗せて行ってくれないか」と懇願したそうです。すると、親切そうな、年配のご夫婦が快く乗せてくださったそうです。
 Hさんは、お礼がしたくて、そのご夫婦にお名前と連絡先を聞いたそうですが、「いいよ、いいよ」と言って、Hさんを車から降ろした後、そのまま笑顔で去って行ったそうです。
 Hさんの「自分が行かなければ『学トレ』ができない。待っている生徒がいる」という強い責任感と、南伊東までHさんを車で連れて来てくださったご夫婦の優しさに、心から感謝せずにはいられませんでした。
 「ありがとうございました」

   伊東本部校 岩崎 裕彦

2013年4月19日

Mr.岩崎の英語道場B

「Mr.岩崎の英語道場」
 いや〜みなさんまた会いましたね。
 第2講はいかがでしたか?日本語と違って英語には語順があるんですね。
 では、第3講です。参りましょう。今日のテーマは、「丁寧な表現」です。考えてみてください。



<問題>
次の2つの英文を見て、どちらの方が丁寧な表現なのか、またそれは何故なのか答えてください。
Can you open the window?
Could you open the window?
  •   窓のイラスト


      <<答え>>
    Could you open the window?
    選んだ理由:Canを過去形のCouldにしてあるから。
<解説>〜ココがポイント〜
「なんだよ〜そんなの当たり前じゃん」と思っているそこのあなた!では、何故なのでしょう?「助動詞を過去形にすると丁寧な表現になる」というのは。
 では説明しましょう。
 過去形とは…「3つのへだたり」を意味しています。それは…
@時間的なへだたり
A心理的なへだたり
B現実とのへだたり
の3つです。@が、いわゆる過去形で、「今よりも以前に起きたこと」を表します。では、今回のテーマである「丁寧な表現」はどれと関係があるかと言うと、ズバリAです。
 例えば、何かを頼む時に、その相手が家族や親友だったら、「〜してくれない?」と何の遠慮もしないでしょう。しかし、普段あまり交流がない人や目上の他人だったら…「う〜ん、頼んでもいいのかな?」って遠慮してしまい、表現も「〜していただけないでしょうか?」と丁寧な表現になりますよね。これが「心理的なへだたり」です。
 だから、CanをCouldと過去形にすることで、丁寧な表現になるということなんです。
 ちなみに、Bの「現実とのへだたり」は高校で学習するものなのでここでは省きます。
 では、第3講はここまで。
いや〜英語ってホントに深いものですね。
それではまた、次回の英語道場で会いましょう。
さよなら、さよなら、さよなら。
                 伊東本部校 岩崎 裕彦

2013年4月19日

何にでも好奇心

 まわりの風景をゆっくり眺めながら散歩していると、自動車の生活では見過ごしているものに気づくことがあります。
 今回は『安いもの』をテーマに街歩きをしてみました。下の写真はその一部です。
釣り
これぞ究極の安さ!
今時10円で買い物ができるとは…。
Yシャツ
ワイシャツが90円? いえ、クリーニング代でした。でも安い!
自販機
500mLのペット茶。自販機で100円というのがポイント。
 教科書だけが学習ではありません。何にでも好奇心を持ち、知り、考える。社会に出てたくましく生きていく知恵は、好奇心から生まれるのではないでしょうか?
 歴史を感じさせる『古いもの』、何だかわからない『奇妙なもの』など、テーマを決めて家族でゲームをするのも楽しいかも。きっと新たな発見、出会いがあるでしょう。みなさんも近所でおもしろいものを探してみませんか?
                    修善寺校 日下 英治

2013年4月18日

文房具の不思議

 生徒が使っている筆記用具、シャーペン・ボールペン・鉛筆…
 さまざまなものを利用しています。この間、生徒たちとの間で筆記用具ことが話題になりました。
 学校では普段鉛筆を使い、塾ではシャーペンを使っている生徒がほとんど。
 ではシャーペンと鉛筆ではどちらが長い距離を書くことができると思いますか?


マーカーペン     1本で書ける距離が約0.3q(300m)

ボールペン      1本で書ける距離が約1.5q(1,500m)

シャーペン(芯1本)  書ける距離は約225m
           40本入り1ケースでは
           40本×225m=9,000m(約9q)
そしてなんと鉛筆が…
1本で約50qの距離を書くことができるようです。

 もちろんこれはおおよそですから多少の差はあると思います。しかしこの距離の違いと きたらすごいですよね。ちなみに、あの徳川家康も鉛筆を使っていたそうです。
 鉛筆もシャーペンもそれぞれに良い点がありますね。どちらも大切な勉強道具です。

 さてさて今日もこれらを使って勉強だ!

   函南校 宮崎 克彦
文房具

2013年4月17日

卒塾生として今思うこと

ゼミナール(錦田中)→韮山高校進学→武蔵工業大学卒→ゼミナール

 小学生でゼミナールに入塾(20数年前ですが)したとき、授業の緊張感の高さに圧倒されました。また、算数では小学校で解かないような難しい問題まで解くことに驚きと面白さを感じました。そしてその難しい問題をすらすら解く仲間の姿に驚いた記憶が残っています。小学生の間にそんな環境で算数の基礎や応用問題を解く楽しさを学べたことが、中学・高校での数学につながっていったと思います。
 授業中に気を抜いていたり、分かっているふりをしていると、なぜだか指名され、どぎまぎしたこともありました。そして時には、出来たら帰っていい問題が最後に出題され、授業に集中していないと帰れないことも…。
 ゼミナールの授業で、授業を受ける姿勢、最後までとことん考える力を身につけることが出来たのではと思っています。
 みなさんも、ゼミナールの授業で、勉強の楽しさを発見しよう。
原室長
若かりし頃の…
裾野校 原 哲也
(小5〜中3、そして高校部まで、通いました。)

2013年4月17日

充実した時間を過ごしましょう!

 もうすぐゴールデンウィークですね。みなさん休みを前にウキウキしているのではないでしょうか。
 ところで、NHKのニュースでは、ゴールデンウィークとは言わずに、大型連休と言っているのをご存知でしたか?その理由はゴールデンウィークの名前の由来にあります。

 1950年代初頭、この期間に映画の興行成績がよかったことから、"この期間は映画を見よう"という映画業界の宣伝の目的で生まれた和製英語です。NHKでは、映画業界の宣伝になってしまうからということでゴールデンウィークという言葉は使わないというわけです。

 楽しみなゴールデンウィークですが、休み中に生活リズムを崩してしまうと、休みが終わっても、だるい、やる気がおきないという症状から抜け出せない、いわゆる五月病になることもあります。ゴールデンウィークが終わると、中間テストが控えている中学もあります。休み明けが大事なポイントになってきます。
 休みの疲れを残さないためには、休みの過ごし方が大切です。なんとなくダラダラと過ごしてしまうと、頭の中がぼーっとしたまま休みが終わってしまいます。スケジュールをしっかりと立て、充実した時間を過ごし、しっかりと気持ちを切り替えて休み明けの授業に臨みましょう。

 在塾生のみなさん、6日(月)は通常授業がありますので、ご注意を!
こいのぼり

沼津本部校 鈴木 宏一

2013年4月15日

Mr.岩崎の英語道場A

「Mr.岩崎の英語道場」
 いや〜みなさんまた会いましたね。
 第1講はいかがでしたか?冠詞ってのはなかなか難しいですよね。

では、第2講です。参りましょう。今日のテーマは、「語順」です。考えてみてください。

<問題>
次の日本語を英文に直してください。
「私は昨日、黒くて長い鉛筆を(1本)買いました」
黒い鉛筆
  •   
      <<答え>>
    I bought a long and black pencil yesterday.
<解説>〜ココがポイント〜
 「えっなんで?なんで?『黒くて』の方が先にきているから"black and long"じゃないんですか?」という叫びが聞こえてきますね〜。
 私たちが使っている日本語では、語順(単語を並べる順番)を意識することはほとんどありません。極論を言えば、どんな語順でも意味はほぼ伝わります。
 しかし、英語には明確な語順というものがあるんですね。例えば、今回の問題では「形容詞(名詞を修飾するもの)の語順」が問われています。ここにも、ある一定の基準があります。
それは・・・
「客観的な特徴を表す語ほど、その名詞の近くに置く」
というものです。
客観的とは、「誰が見てもそう言える」といったところでしょうか。上記の問題文の、「黒い」と「長い」を比べてみてください。黒い鉛筆を見て、「この鉛筆は赤いね」とか「この白い鉛筆いいね」なんて言う人はいませんよね。しかし、その鉛筆が長いかどうかは、人によってとらえ方が異なっていてもおかしくありません。1000mという距離を長いとみる人もいれば、短いとみる人もいる・・・それと同じですよね。
 そうです。「長い」よりも「黒い」の方が、客観性が強いので、"long and black"という語順になるのです。
 では、第2講はここまで。いや〜英語ってホントに深いものですね。それではまた、次回の英語道場で会いましょう。さよなら、さよなら、さよなら。
                  伊東本部校 岩崎 裕彦

2013年4月11日

微生物って何? 〜三進の教室の中から〜

 肉眼では見えない、顕微鏡を使うと見えるような小さな生物を「微生物」と言います。微生物は緑色をした植物と自由に動き回る動物に分れます。植物が緑色している理由は、光合成をするために葉緑体をもっているからです。
 また、すべて微生物が動物と植物にはっきりと分れるかいうと、そうではありません。例えば、体長0.1mm以下の「ミドリムシ」です。葉緑体をもち、緑色をしているにもかかわらず、鞭毛(べんもう)をもっていて、ある程度動くことが出来ます。
 さらに、微生物を細胞の数で分類することもできます。例えば、細胞を1つしかもたない「単細胞生物」、それらがいくつかくっついて「群体」をなすもの、そして細胞を複数もち、各器官を構成している「多細胞生物」です。微生物の中で、知っておきたい単細胞生物は、ハネケイソウやミカヅキモ、ゾウリムシです。群体になっているものでは、イカダモ、クンショウモ、アオミドロ、ボルボックスが重要。多細胞生物の代表はミジンコですね。ミジンコは、体長が1.5〜3.5mmぐらいと言われ、甲殻類であり、プランクトンです。ちなみにプランクトンの定義ですが、遊泳力が無いか、あるいはあっても自分で定位置を確保できない浮遊生物のことをいいます。従って、クラゲもプランクトンということになります。
                  三島本部校 手塚 亨
微生物seebee

2013年4月11日

Mr.岩崎の英語道場

「Mr.岩崎の英語道場」開講!
 皆さんこんにちは!伊東本部校室長の岩崎です。突然ですが、今日からこの場を利用して、このHPのビジターの皆さんとともに、英語について学んでゆきたいと思います。名付けて、「Mr.岩崎の英語道場!」
 では第1講です。早速参りましょう。
 はい!今このページを見ているそこのあなた!次の問題について考えてみてください。 テーマは「冠詞」です。どういう場合に"a"をつけるのかがポイントです。

<問題>
次のそれぞれの英文は文法的に正しいのか、間違っているのか考えてみてください。
岩崎室長イラスト
  •   
      <<答え>>
    @(×)
    A(○)
    B(×)
    C(○)
@ A wine is made from grapes.
A This is a red wine made in Italy.
B I had a lunch with Tom.
C I had a big lunch yesterday.
<解説>〜ココがポイント!〜
「えっ!?」って思った人もいるでしょう。
「wineもlunchも数えられない名詞なのに、なんでAとCでは" a "がついちゃうの?」
"a"というのは「ひとつの」という意味で習っていることが多いと思います。だから、「数えられる物につく」ということも間違ってはいません。しかし、数えられない物にもつきます。
「形容詞など、その名詞を説明する語句がついているとき」には、数えられない物にも"a"がつくことがあるのです。
"a"や"the"をつけたりつけなかったり…受験生が最も間違えやすいポイントですよね。

第1講はここまで!いや〜英語ってホントに深いものですね。
それでは皆さん、次回の英語道場で会いましょう。
さよなら、さよなら、さよなら。
                    伊東本部校 岩崎 裕彦

2013年4月10日

4月20日(土)※ 新中1生保護者会

 三島進学ゼミナールでは、4月20日(土)に新中1生の塾生対象、保護者会を実施いたします。ここでは、本年度の入試分析による、1部データをご覧いただき、中1生として準備しなければいけないことをお話しさせて頂きます。また、中学にご入学され、「学習方法」「部活と勉強の両立」などご不安なことも多いかと存じます。
お忙しいとは存じますが、万障お繰り合わせのうえ、ご参加ください。
時間は、各校舎からお手紙でお知らせした通りです。 コンテンツは以下の通りです。
              三島進学ゼミナール 中1担当より

●平成25年度静岡県公立高校入試について……中1ですべきこと
●全国実力考査について…………………有効的活用法
●勉強と部活の両立について……………こんな時、どうしますか?
●定期テスト対策…………………………テスト対策勉強のポイント

※御殿場校は、19日(金)となります。
保護者会
昨年度保護者会より

2013年4月10日

小4算数

 小4の算数の授業では「大きな数」の学習が終了しました。普段あまり使わない億や兆は桁(けた)数が多いですが、どの生徒もスラスラと読めるようになりました。
では、ここで問題です。

Q.次にあげるのは兆より大きい単位です。
  小さい順に並べて下さい。

  @垓(がい)  A杼(じょ)(禾予)
  B穣(じょう)  C京(けい)
  •                       <<答え>>
    C→@→A→B


 さて、金額を表すときに100,000,000のように3桁ごとにコンマ(,)を入れているのを見たことがありますか。授業でやったように4桁ごと区切ると万、億、兆と読みやすいですよね。でも、3桁ごと区切るのはなぜでしょうか。
 これは日本に簿記(ぼき)が紹介されたときに、英数字の単位表記をそのまま受け継いだからです。英語ではthousand(1,000)、million(1,000,000)、billion(1,000,000,000)、trillion(1,000,000,000,000)と位取りをしていきます。
                     修善寺校 鏡 真仁

2013年4月10日

歴史散策 〜鎌倉の地形〜

 源頼朝は、なぜ鎌倉の地を幕府に選んだのか。それは、南を海、他の三方を山に囲まれ、攻め込みにくい、天然の要塞だったからと言われています。鎌倉駅から鶴岡八幡宮へ向けて歩くこと15分。八幡宮の後ろには次第に小高い山が見えてきます。歩いてみると、山が意外と近いことが、実感できます。鎌倉時代には、こうした山々を切り抜けるために、切通しと呼ばれる7つの口が設けられました。この切通しをぬけて、鎌倉幕府の御家人は、「いざ鎌倉」と鎌倉にはせ参じたのでしょう。
 現在、鎌倉は「武士の古都・鎌倉」として、世界遺産登録を目指しています。登録へ向けて、「自然地形を生かし、機能的に整備された政権所在地であったこと」、「武家政権、武家文化発祥の地であること」の2点をアピールしています。京都や奈良はすでに世界遺産となっていますので、その違いを出すために、武士の存在に注目したのでしょう。
 鎌倉幕府を開いた源頼朝の功績が、世界にどのように評価されるのか、世界遺産登録のニュースを期待して待ちたいと思います。
                   下土狩校 小林 一弥
鎌倉の地形図


2013年4月10日

漢字の部首を学ぼう! 〜三進の教室の中から〜

 漢字は、皆さんご存知の通り中国から伝わってきましたね。漢字にはどのくらいの数があるのでしょうか?中国の漢字辞典(様々な辞典があるでしょうが)の1つには、85,568字の漢字が収められているそうです。では日本の漢和辞典はというと、ある漢和辞典には50,305字です。それでもとても多くの漢字がありますね。さて、皆さんが覚えなければいけない最低の漢字の数はいくつでしょうか?文部科学省が、2010年に常用漢字(一般社会のなかで必要とされる漢字)として告示したのが2136字です。しかし、闇雲に覚えるより、成り立ちから覚えた方が覚えやすく、忘れにくいですね。

 それでは問題です。



漢字の部首についての出題です。常用漢字で、
多く使われている部首は何でしょうか?ベスト3を答えなさい。
  •                       <<答え>>
    1位:さんずい:103字
    2位:にんべん:85字
    3位:きへん:52字

 さんずいは、三水とも書き、「水」が流れる様子から来ていて、「水」に関係のある漢字に付きます。ちなみに「にすい」は、二水とも書き、「氷」が割れる様子からきているそうです。

参考までに、大漢和辞典に載っている漢字のベスト3は、
1位:くさかんむり:2193字
2位:さんずい:1864字
3位:きへん1656字
だそうです。

部首を考え、理解するだけでも、漢字を覚えやすくなりますね。
さあ、今日もいくつか漢字を覚えましょう!

                  三島本部校 後藤 信行
漢字成り立ち

2013年4月8日

よっ!するどい質問!

 先日、ある中学生がこんな質問をしてきました。

「先生、a lot ofって『たくさん』っていう意味ですよね!?それなのになんで『a』がついているんですか?」と。

 なるほど!もっともな質問ですね。 『lot』という単語には、『ひと山』という意味があるんですね。山と言っても、マウンテンの山ではありません。八百屋さんなどで、リンゴが一つの入れ物にいくつも入っているのを見たことがありますよね。あれを「ひと山」と言いますよね。 もう分かりましたね。そうです。「ひと山」だから「a」がついていますが、そのひと山にはいくつもの「物」が入っています。よって、「a lot of〜」で「たくさんの〜」という使い方をするわけです。
 ただ単に「これはこういう意味だから覚えよう」というよりも、「この単語は●●というところからこういう意味になったんだよ」とその単語の出来上がり方まで一緒に覚えれば、英単語も、もっと簡単にそして面白く覚えられますよね。
 さあ、今日はどんな質問が出てくるかな。楽しみです。

リンゴ
伊東本部校 岩崎 裕彦

2013年4月8日

桜餅の葉は食べますか?


 春・桜・お花見。
 今年の桜は例年よりも早い開花となりましたが、みなさんはお花見できましたか?
 淡いピンクの桜をじっとみていると、何となくやさしい気持ちになりますね。

 先日ニュース番組で「桜餅の葉は食べるか?」という調査をしていました。調査結果は「食べる」が7割ほどで主流のようでした。
あなたはどちらでしょうか?

 ちなみに、この桜餅の桜の葉は、静岡県のある町が"出荷数全国1位"なのですが、どの町かご存じでしょうか?
 それは、伊豆半島の西側にある「松崎町」だそうです。

 静岡県の中にはまだまだ知られざる全国1位があります。いろいろ調べてみると面白そうですね。
関東風
「関東風(長命寺餅)」
小麦粉などの生地を焼いた皮で餡を巻いた、クレープ状のお餅。
関西風
「関西風(道明寺餅)」
道明寺粉(もち米を蒸して乾燥させ粗挽きしたもの)で皮を作り餡を包んだ、まんじゅう状のお餅。

    御殿場校 栗原 大輔


2013年4月4日

「ド根性」の精神で・・・

 「根性」とは、物事を最後までやり通すたくましい精神や心のことを言います。
 三島進学ゼミナールでは、それを強調すべく「ド」を語頭につけて「ド根性」とし、創設以来のスローガンとしてきました。もともと「根性」の由来は仏教用語で少し意味が違うそうですが、三進でいう「ド根性」は、類義語に「闘志」「気力」「努力」などがあるように、ある目的、目標に対して、簡単に諦めず努力する姿勢を言います。
勉強にしろ、部活動にしろ、まずは目標を持たなければ成就しません。しかし、目標が大きければ大きいほど、ゴールに到達するために、障害や壁が大きく立ちはだかります。時には気力を失ったり、諦めたりしそうになります。そこで真価が問われます。
 先日、WBCで野球が盛り上がりを見せました。また、ワールドカップ予選でサッカーが盛り上がりを見せています。そこで活躍する選手たちを見ていると、点を奪ったとき、あるいは試合に勝利したときに、大げさに跳んだり跳ねたり、ハイタッチをしたり、抱き合ったりして喜びを表現しています。きっとその喜びはひとしおなのでしょう。また、観客、サポーターである私たちに「感動を与えてくれるものは何か?」と考えたとき、勝利を諦めず最後まで戦う選手たちの姿ではないでしょうか。
 「大変だから」、「自分には無理だから」と言って諦めることは簡単です。しかし、そんなことではゴールや感動はやってきません。困難に打ち克ち、夢を追い続けた時にこそ、やり遂げた人にだけ勝利の女神は微笑むのです。
 さあ、まずは目標を作ってください。それもできるだけ大きく、達成した時に本当に満足できる目標を。そして計画を立てたら、次に実行です。
ガッツポーズ  くじけそうになったら「ド根性」の精神で乗り越えていきましょう。頑張っていれば、必ず何か突破口が見えてきます。しかし、困ったり、悩んだら相談に来てくださいね。私たち三進の教師は皆さんの応援団ですから。
三島本部校 後藤 信行(4月ド根性だより)


2013年3月28日

歴史散策

円覚寺
 横須賀線北鎌倉の駅を降りて間もなく、その門を目にすることができます。鎌倉五山第二位の円覚寺の三門。荘厳なたたずまいと圧倒的な存在感。思わず息を呑んでしまうほどです。
 実は夏目漱石の三部作(三四郎・それから・門)の一つである「門」の小説内に登場するのが、この円覚寺の三門です。漱石もこの場に立ち、見ぬ世を思い浮かべながら、自身の作品のイマジネーションを膨らませていたかと思うと、感慨もひとしおです。北鎌倉を探訪すると、先人たちの息遣いを感じ取ることができます。
 春を迎え、散策の季節です。
 身近なところに、歴史や文学の窓口を発見してみませんか。
                   下土狩校 小林 一弥


2013年3月18日

バーンってなに?

合格速報
 3月17日に、25年度公立高校入試選抜の、合格速報を新聞に折込みました。
ごらんいただけましたか?
 発表当日の生徒達の写真の中央に、手の平と「バーン」の文字が陣取っています。
 この「バーン」…何のことだか、気づいていただけたでしょうか? 
 WBCをご覧になった方ならわかっていただけたと思います。
 「バーン」はWBC2013で選手たちが行っていた、ガッツポーズ、及び、ハイタッチの代わりのポーズです。
 ベンチとベース上で、離れていても、このバーンをお互いにかざすことで、ともに喜びを分かち合っていました。
 毎年恒例の合格速報は、入塾から何年も、高校入試に向けて頑張ってきた生徒達へ、進学、そして、卒業おめでとう!のお祝いの気持ちを込めています。
 今年はバーンで全員を送り出します。
 気付いてくれた卒業生はどれくらいいたかな?....
                    広報担当 河田 峰子


2013年3月18日

公立高校合格発表!!

高校合格そして卒業おめでとう
三島
沼津
函南
下土狩
修善寺
裾野
香貫
伊東
喜びの声!つづけ後輩たち!
韮山高校合格 【三島北中】神田 茉奈 さん
 三進ではクラスに同じ志望校の子や気の合う子がたくさんいて、友達がたくさんできました。塾が楽しくて、毎日来たくて、勉強もはかどりました。一緒の目標がある子が近くにいるから、一緒の高校に入りたい!負けられない!という気持ちが生まれ、ますます机に向かうようになりました。周りに友達がいることがすごい自分の力になりました。『塾に入っていて良かった』と、心からそう思っています!!
沼津東高校合格 【沼津第五中】安藤 令雄 さん
 最後まで自分を信じて戦うこと!!やっぱりそれが一番大事!!そして一つでも上の高校を目指してあきらめないこと、それが本当に大事なことだと改めて分かりました。三進の先生たちは本当に本当に良い先生だから、先生たちのことを信じること!今だから言えるのは…三進じゃなければ駄目だった!!自分が分からなかった問題も、本当にていねいにぼくが理解するまで教えてくれました。感謝してもしきれません。だからもし、進路のことで迷いがあったら全部先生に相談すること!!こんなにすばらしい先生はいない!!これから受験するみんなにも絶対に後悔してほしくないです。妥協なんてやめてください!一つ上の高校を目指すことができたから、合格した喜びも何倍も大きい!!!
韮山高校合格 【伊東北中】大川 萌 さん
塾に中学1年生のころから通い、そのつみかさねで合格したのだと思います。入試の5日前くらいが一番緊張しました。当日は、全然緊張せずにテストを受けることができました。数学が本当にできませんでしたが、気持ちを切りかえて残りの教科をがんばりました。休憩時間は勉強せず、友達と話して気分をリフレッシュさせることに集中しました。塾の模試の結果と先生の言葉を信じたので、当日緊張しなかったのだと思います。
沼津東高校合格【富岡中】金森 芳希 さん
 私は小学校五年生の時からこの塾に通いました。初めは、LL生として、英語を勉強しました。私にとって、初めての塾で、毎日英単語をノートに書いたり、宿題に追われる大変さを知りました。中学生になって、さらに大変になりました。夏期、冬期特訓と、毎日さらにたくさんの宿題に追われました。しかしそのおかげで、試験中も、試験が終わった後も、自信を持つことができました。「あれだけやったんだから」と思うことができました。結果、受かりまして、本当によかったです!よっしゃあああああああああああ!
沼津高専合格 【函南東中】田畑 直輝 さん
 僕は高専を受験するにあたり、内申が低く、落ちてもおかしくありませんでした。しかし、杉本先生が「内申と過去は変わらないが、未来と自分は変えられる。」と熱く教えてくれました。そこで冬休みに本気になり、一生懸命勉強した結果、見事合格することができました!!
 塾の先生たちには本当に感謝しています。ありがとうございました。
三島北高校合格 【中伊豆中】小林 莉沙 さん
 何年にもわたる過去問の分析、徹底的な指導など強力なサポートが三進にはありました。先生の「大丈夫だ!」という言葉がわたしの不安をかき消し、わたしに力を与えてくれました。三進は本当に最高の塾です。高校でも、三進出身だということを胸を張って言うことができます。三進で過ごした時間は、わたしの人生の中でかけがえのない宝物です。本当にありがとうございました。
沼津西高校合格 【沼津第四中】内野 真歩 さん
 私は三進に入った頃は、沼津西高校なんて到底無理だと思っていました。しかし、100時間特訓をはじめ、冬期特訓などで自分の中に眠っていた力が目覚めました。正直、その力に自分自身が驚きました。私はできる人間なんだと思えました(笑)。私が合格したのは、必勝ノートというもののおかげだと思います。自分を信じれば、絶対合格できます。ド根性で頑張ってください。
三島北高校合格 【大岡中】中島 萌々華さん
 わたしは中学3年間、三島進学ゼミナールに通いました。夏特訓、冬特訓と、とてもお世話になりました。特に森田先生には感謝しています。特訓や通常授業でも、とても厳しくて大変でしたが、その厳しさが私を変えてくれました!
 ゼミナールは熱い先生がとても多いです。そんな先生方のおかげで、本気になって勉強できたと思います!楽しい授業で勉強の楽しさを教えてくれました。とにかく感謝です!ゼミナールなしでは受験に向けて本気になれませんでした。最後まで、自分の力を信じて頑張れたと思います。家族・友達、たくさんの人に感謝したいと思います!絶対あきらめないで下さい☆三進ありがとう!
伊豆中央高校合格 【三島北中】望月 千聡 さん
 私は小5から三進に入りました。LL教室で英語を学び、国算クラスで苦手な国語を強化しました。中学に入ればクラス替えが何回かあり、そこでいろんな先生に出会い、勉強の楽しさを知りました!!3年生になってからの一年間は大変だったけど、ワークを解いていくうちに出来なかった問題も解けるようになり、それも担当の先生のおかげです☆合格して本当に良かったです!!同じクラスのみんな、三進の先生方ありがとう!!大好き。
沼津東高校合格 【沼津第三中】渡 由 さん
 夏期特訓は本当に毎日大変でしたが、たくさんの仲間がいるから、がんばって乗り越えられました。実力がついたことも実感できてうれしかったです。先生たちの授業もわかりやすく、面白すぎてオススメです?
 合格して、あのときがんばってよかったなぁーと思いました。本当に本当に、香貫校の先生方、そして一緒にがんばったみんなに感謝です。三進に来てよかった。
三島北高校合格【長泉北中】山口 友梨花 さん
 わたしは、中2からゼミナールに入塾しました。最初は、受験を意識した勉強というものはしていなかったのでなかなか学校のテストの点がのびず、やめてしまおうかなと思ったこともあったけれど、それを乗り越え、中3になったときには、勉強の仕方の基礎が身についていて、勉強をするのが楽しくなりました。
 中3からは受験に向けての本格的なプログラムも増えて、長時間の特訓も多くなっていったけれど、その経験が自分なりの勉強方法を見つけ出すことのきっかけとなり、こうして受験で合格できたと思います。これから受験生として進級する人たちにはゼミナールでの経験を生かして、自分に合った勉強を見つけ、志望校に合格してほしいなと思いました。
※2013年の合格速報にて使用した写真・合格体験記より抜粋。順不同


2013年3月13日

忘れ物はありませんか?

ゼミナールでは3月から新年度を開始します。
 今年も多くの新入生を向かえ、各校舎、気持ちを新たにスタートしています。

 さて、塾に来る時に、持ってくるのを忘れると授業を受けられないものがあります。 それは、筆記用具? テキスト? わかった、教科書?
 いえいえ、「学習する気持ち」です。

 小学校・中学校は義務教育ですから、行きたくなくても行かなくてはいけないところです。
 でも、塾は、お金を払ってまで、自らの意志で来るところです。
 塾に通うのはどうしてでしょう?
「今よりも勉強が出来るようになりたいから」ですよね。
 今よりも勉強が出来るようになるには、「学習する気持ち」が絶対に必要なのです。
「お母さんが行けっていったから」、「友達が行くから」…
 塾に通うようになった理由は、みんなそれぞれ違うと思います。
 でも、通うと決まったからには、絶対に、無駄な時間にしてはいけません。
 お父さん、お母さんが一生懸命働いたお金で、塾の費用を出してくれる分、皆さんは、一生懸命に勉強しなくてはいけません。
 さぁ、塾に行く時間だぞ! 靴を履く前に、確認してください。
「学習する気持ち 忘れてないかな?」

 今日も多くの仲間と先生が待っています。
 元気に塾へきてくださいね。
靴
御殿場校 栗原 大輔

2013年3月5日

公立高校入試応援!

 静岡県公立高校入試選抜試験当日、私たち職員一同は、みんなと同じ時間に起きました。
 そして、心の底から、みんなが全力を発揮できるように、祈りました。
 前日の雨も上がり、少し風はあるものの、青空の中、「体調は大丈夫かな?」 「忘れ物しなかったかな?」「ケアレスミスするなよ!」 「落ち着けば大丈夫!」 ひとりひとりの生徒の顔を思い浮かべて、想いを馳せました。

 君たちは、学校、部活、クラブチームに、習い事、本当に忙しい毎日を送っていました。
そんな中で、塾へ通い勉強した時間は、大人の私たちが想像する以上に、気力と体力との戦いだったと思います。
 思いおこせば、どれだけの問題を解いたでしょう。 小テスト、単元テスト、定期テスト対策、100時間特訓に冬特訓、記述の問題が終わらなくて、終わるまで残った日もありましたね。ある先生が、中3生がこの1年間に解いた問題集やプリントを重ねてみました。 どれくらいあったと思いますか?1mです。
 3年生1年間だけで1m、ということは、塾に通ったすべてをあわせたら、あなたの身長を超えるかもしれません。すごいことです。
 本当によく頑張りました。

 物事を成し遂げるのは大変だけど、成就した後、自分の中に残る自信は、何にも勝ることを、君たちはこのゼミナールで学んだと思います。
 これから、また新しい人生の階段を上がっていく中で、ゼミナールで学んだことを誇りに、自分を信じて歩んでいってください。
 我々は、君たちという素敵な生徒達とともに過ごせたことを誇りに、また、来年の受験に向けてスタートします。

 卒業生のみなさん! 3月14日(木) 合格発表 元気に校舎へ来てください。
 頑張った月日を思い返し、そう!そして、新たな門出にエールを送ります!
                 三島進学ゼミナール 職員一同

木