2017年4月15日

「言葉の力」

sakura 毎年、桜が咲くと、「言葉の力」という作品を思い出します。 今月初めに亡くなられた、三島市出身の詩人、大岡信さんが、染色家の方が染めた桜の染物を見て、「言葉」というものに思いをなす随筆作品です。
 中2の教科書の最後の方にも載っているのですが、これから中3という大切な一年を迎えるこの時期に学習するというのは、とても秀逸だなと毎年思います。
 桜染めの美しいさくら色は、実は 花が咲く直前の幹の皮からとれる、樹液の色なのだそうです。それを見ると、桜が全身全霊で春の美しいさくら色を生み出そうとしていることに気付かされます。 桜の花というのは樹全体の休むことない一年の、ほんの一端が姿を現したものです。でもその花びらは、背後に大きな幹が美しい花を咲かせるために暑い夏や寒い冬を越えてきた、その過程を背負っているのです。言葉も花と同じで、その人間のほんの一部が言葉としてこぼれてくるにすぎません。でもその言葉は、その人間の全体を背負っているのです。こういうことを念頭に置きながら言葉を発するとき、美しい言葉、正しい言葉というものが自分のものになっていくのです。
 大岡さんの言葉に対する思いの深さを知ると同時に、言葉だけではなく何でもそうだなと思うのです。
 桜で言うと、花は結果に過ぎません。けれど、精一杯一年を生きた結果です。中3の生徒たちに置きかえると、大切なのはどの高校に行くかではなく、どうやってこの一年を過ごし、その高校に行くかです。 生徒たちにも、桜のようにこの1年を精一杯生きてほしいと思います。生徒たちが、暑い夏や寒い冬を越えて、最高に美しい花を咲かせるように、わたしたちも一年間全力で指導してまいります。
 春本番の今日という一日、桜前線の到来とともに、笑顔でこの春を迎えてみませんか?

下土狩校 川人奈津美


2017年4月5日

「春がきた」

 春の訪れとともに思い出すのは、「さくら さくら」「早春賦(そうしゅんふ)」などのメロディーです。中でも「春のうららの隅田川(すみだがわ)…」で始まる「花」は日本人にはなじみ深いものでしょう。武島羽衣(たけしまはごろも)が作詞し、瀧廉太郎(たきれんたろう)が曲をつけました。歌曲「四季」の最初の曲であり、当時の楽曲の在り方を変えるものでした。二番の歌詞は、隅田川のみずみずしいまでの春の情景を描きます。「あけぼの、みず、あおやぎ」。その言葉の重なりが古きよき時代の日本を感じさせます。 古き良き日本の言葉で思い出すのは、「浜辺の歌」です。林古渓(はやしこけい)作詞、成田為三(なりたためぞう)作曲です。歌の中に「しのばるる」など、昔ながらの言葉が使われています。
 林古渓は、湘南、辻堂(つじどう)の海を思いはせながら、この詞を書いたと言われます。「…寄する波も貝の色も」一番の歌詞にありますが、岸にうち寄せる波は優しく、湘南の海、早春の海の風景は、誰をも優しく包み込みます。春のある日、さくら貝を広い集めた光景は、私の幼き日の思い出となっています。 三味線
 春本番の今日という一日、桜前線の到来とともに、笑顔でこの春を迎えてみませんか?

下土狩校 小林一弥

←さくら貝

2017年3月21日

【中1・2】学年末テスト結果

三味線
三味線

2017年3月14日

「出会うということ」

  出会いは、人を大きく成長させます。今まで知らなかったことを発見したり、思ってもみない考えにふれたり、これから自分が前に進むためのエンジンになることは間違いありません。自分の将来を面白いものにしていくためにも、みなさんには、たくさんの出会いを経験してほしいと思います。これからお話しすることは、私が経験した出会いの一コマです。
 2001年、「O'HANAスピリットラン」というイベントの中で、「花」という歌を歌っていた喜納昌吉(きなしょうきち)&チャンプルーズのメンバーの方と出会いました。O'HANAとは、ハワイの言葉で「きずな」の意味。 神戸から東京までの約700キロをみんなでリレーして、きずなをつなごうというイベントでした。目的は、阪神・淡路大震災から6年が経ち、21世紀の節目の年に平和のメッセージを伝えようというものでした。そのスピリットランのルートに偶然にも三島が入っていたのです。リレーの一行が三島に到着した日、私もその場に駆(か)けつけました。 チャンプルーズのこと、沖縄の文化、戦争、平和のこと、そして、今、なぜ走るのかということ・・・ 私はいろいろと質問しました。チャンプルーズのメンバーの方は丁寧に答えてくださいました。 「走ることで平和のメッセージを伝えたいんだ。花という歌には、そのメッセージがこめられている。沖縄の美しさばかりだけでなく、現在起きていることにも目を向けてほしいし、そこから問題を考えるきっかけにもなってほしい。美しく聞こえるあのメロディには、喜び、悲しみ、さまざまな思いがあるということ。そのメッセージを伝えるために走るんだ。届けていくんだ。」
 彼らのバイタリティーには、ただただ驚くばかりでした。初対面であったにもかかわらず、話が深まるのに、時間はかかりませんでした。あの日、あの時、大切な時間に今振り返っても感謝したいと思っています。
三味線
 出会いとは、不思議なものです。自然とひきつけられて出会うこともあるでしょうし、自分から求めてその機会を得ることもあるでしょう。いずれにしても、思いというもの強く持てば、いつかは「自分が求めるもの にきっと出会うことができます。まだ見たことのない世界に足を踏み入れていくのはなかなか勇気のいることですが、それをふりしぼって「新しい一歩」、踏み出す気持ちを大切にしてほしいと思います。一歩踏み出したそのあとには・・・。出会い、それをきっかけにそれまでの自分になかった新しい一面が生み出されていくのかもしれません。

下土狩校 小林一弥