2018年5月12日

何気ない一言が…

 GWが明け、御殿場校では定期テスト対策の真っ最中です。
中3の数学の対策授業の中で、演習プリントの最後に素因数分解や応用問題を入れました。 応用レベルになって、生徒たちはその問題に対して苦戦しているようでした。その時、ある女子生徒が、 「この問題、授業中一生懸命考えてできたのに、やり方忘れちゃった、、」とつぶやきました。 私は、彼女が何気なく言ったこの一言が「勉強とは何か」を考えるうえで、とても大切なことだなあと 感じました。振り返ってみれば、私も学生時代に何度も同じような経験をしました。見たことがあるし、 やったことがある問題。確かに、その時はできた問題でも、しばらくすると、どうやったかを思いだせ ない。それが、一番悔しかったです。みなさんも、こんな経験、一度はありませんか?
 勉強は、説明を聞いて答えがわかったと思っても、自分で解けるとは限りません。また、一度できたからといって、時間が経てば忘れてしまうこともあります。だからこそ、自ら手を動かし、何度も繰り返し解くことが、重要なのです。

 あと数日で、多くの中学がテストを迎えます。私たちも、生徒達が1問でも多く“自分で解ける”よう指導していきたいと思います。

御殿場校 風間貴文

2018年4月25日

花に願いをこめて

 4月も下旬(げじゅん)を迎え、一日を通してかなり暖かくなってきましたね。御殿場校では新しい仲間を迎えることにしました。それは、「芝桜(しばざくら)」です。多年草と呼ばれる植物の一種で、冬に地上に出ている部分は枯れてしまいますが、春には芽(め)を出し、ピンク色の鮮やかな花を毎年咲かせます。花言葉は「忍耐(にんたい)」や「希望」といったものがあり、小さい花ながらもたくさん花を咲かせる、強い生命力に由来するものがあります。我々教師は、生徒たちと常に向き合い、基礎(きそ)力を伸ばし、それぞれが「希望」する目標へ到達できるように指導しています。そういった思いや願いを込めて、「芝桜」を選びました。来年の春には、花壇(かだん)一面が、「芝桜」のピンク色に染まっているはずです。校舎に立ち寄った際には、ぜひ一度ご覧になってください。

御殿場校 教師一同

2018年3月21日

新しい巣立ち

 今年も多くの受験生が、この御殿場校を巣立っていきました。彼らの表情は受験勉強をやり切ったという自信に満ちていて、とても輝いて見えました。これからの高校生活は決して楽しいものばかりではないでしょう。ただこの受験を通して培った「ド根性」 で充実した日々を送ってください。陰ながら応援しています。

御殿場校 教師一同

2018年3月16日

御殿場三進生 努力の成果!!

裾野定期テスト結果

2018年3月14日

新年度開始

 三進では、学校より1ヵ月はやく新年度の授業を開始していますが、初回の授業は、どの生徒も緊張した顔で授業を受けていました。進級した生徒達は、新しい学年で気持ちを新(あらた)にしたのでしょう。また、3月から入塾した生徒達は、初めての通塾でどきどきしているのでしょう。その生徒達の表情を見ながら、私たちも新たな気持ちで気を引き締めていかなければと、新年の決意をいたしました。

 年度初めにあたり、小学生から中学2年生までは、宿題の意味を中心に話しました。

・宿題は自分のわからない部分を見つけるためにやる。
・しっかりやることで、今自分のやるべき問題がわかる。
・わからない問題は次の授業前に解決すること。

など、なぜやる必要があるかがわかると気持ちも入り、身になります。また中3生は、志望校・内申点・1学期が勝負などを話しましたが、彼らから、今年は頑張らなければいけないっといった意気込みを感じ嬉しかったです。

 御殿場校は、今年度から新たなメンバーになりました。理系教科 風間、文系教科 佐々木、サナスタ 長田、Be Studio 田代、チューター 中村の5名が担当します。 去年までの良かった部分はそのままに、さらに生徒達により良い学習環境を提供できるよう、日々努めて参ります。よろしくお願い致します。

御殿場校 風間 貴文