2017年3月30日

祝、卒業!

高校部写真 2017年3月、今年度もたくさんの生徒が、ハイスクール@willの校舎を巣立っていきました。第一志望の合格を見事つかんだ生徒、惜しくも悔し涙をのんだ生徒、進路は様々です。
ただ、この3年間の受験勉強で彼らが学び取ったものは、単なる学問的な知識や技術だけではないと思います。
 ひとつの志を「叶える」ということがどんなに難しいことか、どんなに苦しいことか・・・身にしみて感じたのではないでしょうか。でも、それが、大学受験を通して学べる多くのことのひとつだと私達は思います。苦しみの無いところに成長はありません。ましてや成功や栄光などありません。楽をしたいと思うのが人間の常でしょう。しかし、人は、苦労をした分だけ大きくなり、強くなり、優しくなり、幸せになるものだと思います。だから、これからの人生でも、たくさん悩んで、苦労をして欲しいと思います。自分が思い描いている夢を実現させることは簡単ではありません。それでも、何があっても、絶対にあきらめないで欲しいのです。妥協をしないで欲しいのです。その過程の中で、失敗や後悔はつきものですが、何度でも立ち上がって欲しいものです。それが「生きる」ということだと私達は考えます。
 「困難な道と楽な道があったら、あえて困難な道を選べ」

ハイスクール@will教師一同


2017年3月9日

その「誰か」に・・・

高校部写真 その「誰か」に・・・ さあ、もうすぐ新学年の幕開けです。新たな目標を掲げて突き進んでいきましょう。 さて、皆さんには尊敬する人やあこがれの人はいますか?もちろんいますよね。僕にもいます。そのうちの一人が、プロサッカー選手、キング・カズこと三浦知良氏(横浜FC所属)です。誰もが認めるサッカー界のレジェンドですよね。だからと言って僕は、サッカー少年だったわけではありません。サッカーに詳しいわけでもありません。三浦氏の生き様が好きなんです。どんな状況でも決して折れない強さを持ち、常に限界を突破しようとするその生き様が。
 2月26日に、カズは50歳の誕生日を迎えました。現役最年長プロサッカー選手であり、Jリーグ発足当初からプレーを続ける唯一の現役選手ということで、世界中でニュースになったほどでした。50歳を迎え今なお現役にこだわるカズがカメラの前で語ったのが、
「60歳までやりたい」
という言葉でした。60歳の現役プロサッカー選手。もちろん誰も成しえていない領域です。絶対に成し遂げて欲しいです。  多くのプロスポーツの世界では、30歳過ぎたら「もう限界」とよく言われます。しかし、カズの中ではそのような通念はなかったのですね。限界とは、世間一般で「限界ではないか」と言われているものに過ぎず、それが「本当の限界」かどうかは自分が決めることなんだと私は改めて学びました。
どんな世界にも「限界と言われているもの」はあると思います。しかし、それぞれの世界でまだ誰も成し遂げていないから、そこが限界と言われているだけで、誰かがそのラインを超えれば、また新しい世界が開けるのです。それならば・・・なりたいと思いますよね。その「誰か」に。私もそんな生き方をしていきたいと思います。
高校生諸君!「自分には〜〜なんて無理だ」と思ったことはありませんか?その限界を決めているのは誰ですか?あなた自身です。そんなものはぶっ壊してやりましょう。すべては自分の心が決めることですから。

ハイスクール@will韮山校 岩崎裕彦