2017年10月7日

直感力を磨こう?

高校部写真

 直感というと、
「なんとなくとか・・・」
と、ぼんやりした印象を受けますが、直感が意思決定に大変重要であることはいうまでもありませんね。
「直感力」「説得力」「責任力」意思決定にかかせない3つの力だそうです。
「直感力」を磨くにはどうしたらいいのでしょうか。

 それには、「経験」が何よりも重要なのです。閃きベテランのタクシーの運転手は、道路を走っていて、道端で手を挙げた客の容姿を見ただけでどの程度遠くへ行くかわかるそうです。

 これこそ、経験に基づいた直感ですよね。この「直感力」を磨くことは、早い意思決定を促すことになるのです。

 10月に入り、受験勉強も佳境に入ってきました。たくさんの努力をしてきましたが、さらに学び続けるという「経験」の積み重ねから、「直感力」を磨き、早い意思決定ができるよう努力していきましょう!!

ハイスクール@will御殿場本部校 後藤珠美


2017年9月15日

目標と意欲について

 「意欲」を引き出すためには、「目標」の設定が不可欠です。ただ、夏休みを意欲的に過ごしてきた高3生にとって、教科によっては達成率は9割以上など模試の到達点を上げがちになります。

 その結果が出れば、たいしたものです。ですが、気持ちが急いでミスをしたりします。脳科学的に、最も意欲が高まるのは、達成率が7割程度の目標を立てたときだそうです。この時期、高すぎる目標を立て、達成できず意欲喪失になることは避けたいですよね。

 まずは、模試などを通して自分の現状を知ることが大切です。次に合格に必要なものは何かの取捨選択をして、1週間の自分の勉強スケジュールなどを書き出し、目標の達成度絵馬を「見える化」して、より明確に意識できるようにすることもとても効果的だといえます。

高校部写真 さらに、英単語や参考書の必要なところをコピーして壁に貼ったり、終わった項目を赤ペンで消していく、などの方法で「見える化」すると達成感がより強化され次の意欲にもつながります。
 戦いは、ここからです。体調に気をつけて頑張っていきましょう!!

ハイスクール@will御殿場本部校 後藤珠美


2017年8月31日

『継続する』ということ

 あっという間に夏休みが終わりますね。皆さん、どのように今年の夏休みを過ごしましたか?御殿場本部校の高校3年生たちは、毎日12時間校舎にこもって燃えるように熱い夏を過ごしています。
そんな生徒たちを見ていてつくづく思うこと。

『継続は力なり』

夏休み中の全統マーク模試の英語で自己最高の8割をこえた生徒がいます。その生徒は英語がとても苦手で高校3年生の初めの模試では、5割もとれなかった生徒です。
その生徒は今年の夏休みに入ってから、毎日早起きをして決まった時間に英語の長文問題を解くことを欠かさなかったそうです。大学のオープンキャンパスに行った日も、夜更かししてしまった日も・・・です。
高校部写真

「何かを継続すること」
簡単なようで難しいことに思います。皆さんには今、継続して打ち込むことができる何かがありますか?
部活動、趣味、勉強、、なんでも良いんです。胸を張って誇れる何かがあることは自分の自信にもつながります。ぜひ今一度考えてみてください。

ハイスクール@will御殿場本部校 磯野和美


2017年8月14日

高校生のお子様を持つ保護者様へ

 こんにちは。毎日暑いですね。8月もあっという間に10日が過ぎました。夏休み中のお子様のご様子はどうでしょうか。

 部活で忙しいですか。それとも勉強に一生懸命になっていますか。高校3年生ならともかく、お子様の多くは勉強より部活・・・遊び・・・といったところでしょうか。

 私も二人の娘を持つ親ですのでとてもよくわかるのですが、ごろごろしていて何もしないそんな日が多々ありませんか。

高校部写真 でも、行き場所、居場所がないのかもしれません。もし、居場所が勉強スペースだったらどうでしょうか。安心しませんか。御殿場8月看板塾と聞くとがむしゃらに勉強だけというイメージをお持ちかもしれませんが、アットウィル御殿場本部校はとてもアットホームな雰囲気です。きっと、良き友に出会え、良きライバル同士、がんばれることでしょう。

アットウィルでは、8月末まで「夏期講習」を開講しています。ぜひ、この機会にお試しいただき、お子様の居場所を作ってください。お待ちしております。

ハイスクール@will御殿場本部校 後藤珠美


2017年3月30日

祝、卒業!

高校部写真 2017年3月、今年度もたくさんの生徒が、ハイスクール@willの校舎を巣立っていきました。第一志望の合格を見事つかんだ生徒、惜しくも悔し涙をのんだ生徒、進路は様々です。
ただ、この3年間の受験勉強で彼らが学び取ったものは、単なる学問的な知識や技術だけではないと思います。
 ひとつの志を「叶える」ということがどんなに難しいことか、どんなに苦しいことか・・・身にしみて感じたのではないでしょうか。でも、それが、大学受験を通して学べる多くのことのひとつだと私達は思います。苦しみの無いところに成長はありません。ましてや成功や栄光などありません。楽をしたいと思うのが人間の常でしょう。しかし、人は、苦労をした分だけ大きくなり、強くなり、優しくなり、幸せになるものだと思います。だから、これからの人生でも、たくさん悩んで、苦労をして欲しいと思います。自分が思い描いている夢を実現させることは簡単ではありません。それでも、何があっても、絶対にあきらめないで欲しいのです。妥協をしないで欲しいのです。その過程の中で、失敗や後悔はつきものですが、何度でも立ち上がって欲しいものです。それが「生きる」ということだと私達は考えます。
 「困難な道と楽な道があったら、あえて困難な道を選べ」

ハイスクール@will教師一同


木